スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元税務調査官が書いた本をよんで

今回は読んだ本のメモです。
年末になるとだんだん税金が気になるモノです。
そこで、元国税調査官の本を読みました。

読んだ本は
「脱税調査ウラ話ここまで暴露せばクビがとぶ」
です。




税務署員のノルマ
調査件数:年間何件行かないといけない
・1週間で1件程度の調査=実際に企業に臨場できるのは3日

増差所得
税務調査でどれだけ申告額を増やせるか
赤字事業の赤字を減らすのでも成績になる





調査員にとって申告是正は恐怖
※申告是正=税務調査に行って指摘事項が全くないこと




重箱の隅のつつき方
期間損益の指摘=来期の損益を今期にしている




調査対象
・毎年黒字を出している事業者・法人
・3~5年に一回




税務調査になりやすい企業
・勘定科目の中で例年と著しく違うモノがある
・前年よりも急激に売上げが上がっている
・その業界の景気がいい
・まだ一度も調査を受けていない




税務調査は現金出納帳と現金残高の確認から
次に期間損益をしらべる
納税者が作った帳簿や書類は重視せず。
原始帳簿の「生」の記録を重視する。






税務署としては「修正申告」が理想。「更正」はいやがる
修正申告
(税務調査の後)納税者自らが「これはあやまりなので納税しますという手続き」

更正
税務署が納税者に「税務調査でこれだけの課税漏れがあったので税金を追徴します」

違いは、更正だと 納税者があとから不服申し立てすることができる

この納税者からの不服申し立てが調査員の減点要素となる



なぜならば、税務調査で指摘される事の多くは「誰がみても明らかに税法に違反しているというのは少ない」=税務署員のフッカケ説得によって追徴課税をさせようとしているため




税務署員は糖尿病・肝機能障害だらけ
ストレスと、外部の人間とつきあうことを制限されているために、酒に頼る









まあ。
税務署員も大変なようですね。
















ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

FXの損益を会計帳簿に記入する~FX法人体験記

あるベテラントレーダーのメルマガに 「FXの損益を会計帳簿に記入するのは…」なんて話があった。

個人の時と違い法人名義でFXの損益を会計帳簿に残すのは手間がかかるのです。

この記事は 過去記録として書き残そうとした記事ではあったのですが、
気がつくと 未完成のまま数ヶ月経っていました(汗

ということで、
FX法人の FXの損益を会計帳簿に記入する
ということを 書いてみます。







FX法人は期末において含み損益を含めるのですが、
毎日損益を帳簿に記入しなければいけません。
この毎日の作業が手間な訳です


そこで、文明の利器 EXCELと弥生会計を使います。


方法
1 FX会社の口座残高をEXCELにコピペする
2、EXCEL関数で毎日の損益にする
3,弥生会計にEXCEL仕訳をインポートする

という3段階です。




1,
FX会社の口座残高をEXCELにコピペする
これはFX会社を選ぶときにEXECLのcvs形式で損益をダウンロード出来る会社を選ぶのが理想です。
そうでなくても、GFTなどでも損益のPDFを マウスの右クリック>すべて選択>コピー でEXCELへコピペできます。

2,
次はEXCEL関数で毎日の損益に加工します。

たとえば、
B列 年月日
C列 時刻
D列 残高
のときに
2010073103




EXCEL関数は下記のような感じ。
A1                  =ROW()
E1 =IF(EXACT(LEFTB(B1,5),LEFTB(B2,5)),"",A1)
F1 =VLOOKUP(SMALL($E$1:$E$11,A1),A1:C11,2,FALSE)
G1 =VLOOKUP(SMALL($E$1:$E$11,A1),A1:D11,4,FALSE)
とすると、
F列に 年月日
G列に 日ごとの残高がでます。


3,
最後にこれをEXCEL仕訳に加工して 弥生会計にインポートします。
そのやり方は 過去記事のこちらをご覧ください。

EXCELの仕訳を 会計ソフト弥生会計へ 入れる方法
http://euro200enn.blog80.fc2.com/blog-entry-425.html










正直、FXトレーダーにとっては年間損益が変わらなければいいじゃないかというのが本音ですが、
税務署は立派な会計帳簿を求めてくるので、
妥協としてこのような文明の利器で完成した帳簿だけ立派にしておくしかないのでしょうね。











ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村





(追記)
そういえば、
「メタトレーダーで EA を使おうよ」
というブログで
2010年用の損益自動計算EAと損益表(Excel)
というのを読んだことがあります。
MetaTraderの損益をEXCELで計算するというものなのでしょうかね。
私はまだ使っていないのですが、情報として記録させていただきます。

興味のある方は下記をご覧ください。

http://2chmt4.seesaa.net/article/151180299.html
http://2chmt4.seesaa.net/article/151528862.html

レバレッジ規制と法人化~FX法人体験記

(FX法人)
私はFX法人を作って法人名義でトレードしている。
気がつくとすでに数年がたった。

先日、ある方から
「個人名義でのFXはレバレッジ規制がかかるので、法人化に興味がある」ということで、
そこで、いつかの質問をもらった。

同様の質問を持つ人がいるかもしれないので、記録として残しておくことにした。

最初に もし私が個人名義でFXをしていたとしたら、レバレッジ規制に対してはの対応は法人化ではなく 
規制によってポジションがもてなくなるならば、ポジションを半分にする。
対応をします。
 
法人化を勧める記事ではないので念のために冒頭に書いておきます。





質問は 法人の会社登記簿についてでした。
FX業者の口座開設に「登記簿謄本」とあったのですが、この登記簿と不動産登記簿の違いは?
業者のHPには下記のように書いてありました。会社登記簿の代用に不動産登記簿ではだめですか?
http://jp.forex.com/jp/support/faq1.shtml#q11
a)「法人の場合は、登記簿謄本(発行日より3ヶ月以内、原本)、
b)印鑑証明書(発行日より3ヶ月以内、原本)」
c)取引担当者のご本人さま確認書(個人名義の場合と同じ)が必要となります」
というものでした。


回答
一言で言うと、会社登記簿と不動産登記簿は全く別物です。
よって、FX業者の口座開設に 不動産登記簿ではだめで、会社登記簿がひつようになります。

そもそも、法人を作る(法人設立)というのは 「法」律上一つの「人」格を作り当該「法人」格を使って法律行為を出来るようにしたものです。第3者からみると本当にその「法人」はこの世に存在しているのかは全くわからないので、それを登記という方法によって確認できるようにしたわけです。法律上の根拠は商法や商業登記法です。

それとは、全く無関係の民法177条と不動産登記法によって、”不動産”登記簿はあります。
ですから、会社登記簿と不動産登記簿は全く別物です。


余談ですが、b)印鑑証明書も同様です。FX業者が求めているのは会社の印鑑証明です。これは登記所で発行されます。
これは個人の印鑑証明とは別ですね。個人は市役所で発行されますよね。

そして、c)ご本人様確認ですが、たぶん マネーロンダリングの黒いお金でないというものにサインさせられます。
金融機関はいま黒いお金に対して厳しいので数年前からこのような紙を求められるようになりました。







もう一つの質問は
親と同居している会社員で、レバレッジ対策でFXの法人口座を作る術はありますか

回答
法人を作ることは誰でも可能です

質問者が1人株主&1人取締役でも成立します。
まあ、現実的には質問者は会社員で収入がある程度あるようなので、質問者が株主になって、所得の少ない親を代表取締役にするのでしょうね。
なぜならば、親を法人の給与所得者にすることで給与所得控除が使えて節税になるからです。
しかし、レバレッジ規制のための法人化は全く進めません。
法人にすることで、税制面と会計帳簿作成のための時間コストのデメリットが大きいからです。

昔から私は法人を設立したい人にはリスクはあるけれどもやりたいならばチャレンジしてみては?といってきました。
その私があえて おすすめしないと いっているわけです。



ちなみに、FX法人化しているある人は法人化への条件について以下のようにいっています。
1,FXの利益が安定していること。
2、FXの利益が1000万円以上あること。
その人によると FX利益が数百万レベルでは個人でやった方がいい。
といっていました。

法人化をしている私からみても妥当な答えだと考えます。
それほど、法人化は金銭的&時間コストがかかります。
時間を税理士等で買うとなるとさらに金銭コストがかかるわけで、そのためにはあるレベル以上のFX利益が必要なのです。

話をもどすと、レバレッジ規制には 法人化よりも 規制によってポジションをもてないならば ポジション数を半分にすればいい。
という結論になります。








それでも、レバレッジ規制から個人名義以外という人はLLP(有限責任事業組合)というのがあります。
このばあいレバレッジ規制から外れるというブログがありました。
詳しくはこちら
http://blog.livedoor.jp/llp_japan/

そして、法人化すると税務申告がたいへんなので、個人申告がいいというけんですが、
このLLPは組合のため、パス・スルー課税方式といって、組合員個人に対して直接課税
なので、個人の雑所得で税務申告が可能なようです。
http://selfemployed.jp/index.php?LLP%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E7%9F%A5%E8%AD%98





最後に、レバレッジ規制 節税 会計帳簿の負担の軽減 など、すべての条件を満たすものはありません。
よって、もっとも大事なものを生かすために、どれかに目をつぶるという選択になるわけです。
あなたにとって、もっとも大事な条件は何ですか???あえて、新たなる組織を作らなくても 数ヶ月熟考してから 必要になったときに作るのもで遅くはないのではないでしょうか?
急ぐが故に、あえて遠回りの道を選ぶのも 今後続く長いFXトレードとのつきあいでは むしろ近道なのかもしれません。






(追記と訂正)
「c)取引担当者のご本人さま確認書(個人名義の場合と同じ」
ですが、単に取引担当者 個人の運転免許証のコピーかも。
でも、私が法人名義で開いたFX会社は 
犯罪組織のマネーロンダリングでない旨のサインはさせられました。




ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村

海外株式や海外ETFは個人名義?それとも法人名義で持つべきか。(6)





前回法人名義で持つメリットについて書いた。
では、デメリットは、、、
会計帳簿が面倒だとか、、、というのもそうなのですが、、、
最大のリスクは税制改正です。


今回のような数年単位で海外株式を持つ場合、
株は数年間動かさないのですが、
日本の税制は毎年変わるわけです

たとえば内部留保金課税。
いまは 資本金の例外規定があるので
http://www.ioi-club.jp/bgw/item556.html
現時点では 問題はないのですが、



毎年どんな税制改正をするかは 未知数です。
この部分が最大のデメリットですね。



個人と法人のどちらが得!
と明言できないところが、歯がゆいのですが、
ケースバイケースとしか言いようがないのが現状です。






このブログの記事は 税金の記事が長く続きましたが、
次回からは 通常のFXのこと、トレードについてのことを書いていきます。
よろしくお願いします。

海外株式や海外ETFは個人名義?それとも法人名義で持つべきか。(4)

3、その他の有価証券の 外貨建て株式・ETFの場合

このばあいの会計処理は 12/31において時価評価するものの
貸借対照表へ入り、
損益計算書には入らない。
すなわち、当期の課税申告額に影響がないというわけです。

まず、外貨と その他の有価証券の処理が異なるこのときには
その他の有価証券の処理を優先させること。
←ここがポイント!

そして、簡単に言うと
法人の会計処理は面倒だが、期末において課税されないので、
実質的には個人で持っているときと大差ない


ということ。



ここまで読んで、
法人が面倒くさいだけで 同じならば
簡単な個人のほうがいい! 
と思うのが、普通の人であろう。

しかし、
今日書いたところにこそ、法人で外貨建て株式を持つメリットにつながる点があるのである(
(続く)
最近のコメント
FC2カウンター
先輩FXトレーダー
最近の記事
プロフィール

saru999

Author:saru999
(投資との出会い)
若い頃から投資に興味は持っていました。当時は個別株の本を読んでいました。
そんなときに、外貨預金の発展形としてFXに出会いました。
当時はまだ為替投資が一般に始まったばかりでした。
いろんな人が、他市場の商品相場の手法、株式相場の手法、オプションの手法をFXに持ち込みそれを学びながらトレードしました。

(投資経歴 )
私自身はもいろんなトレードをしました。
シストレ逆張りトレード、裁量トレードやトレンドフォローから始めました。
うねりとり、つなぎうりもしました。
高金利通貨売り等大衆と逆のポジションを取るトレードもしました。
保有期間も日足・中期足・短期足等色々やりました。
さらに、数年前からは自動売買プログラムで資金を運用するようになりました。
MT4/EAを使うようになってトレードの精神的負荷は少なくなりました^^


(現在)
3つの時間軸と手法で運用をしています。
短期はFX。MT4・自作系EA(自動売買プログラム)で為替・金・銀を運用しています。
中期は225オプションです。サヤトリ系トレードを研究しています。
長期は人民元積立投資+つなぎトレードです。
投資を始めて約10年になりますが、投資は奥深く興味が尽きません。
使用プログラム言語はMQL,EXCELVBA,pythonなど。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

有益なリンク集
FXトレード関係
IMMポジション 外為.com
経済指標カレンダーURL
統計資料店頭FX月次速報URL
チャート データ マーケット関係URL
中央銀行 URL国家機関 URL
重要指標の過去チャートURL
債券長中短期URL月10更新
為替レートと2国間金利差の相関チャートURL
トレード用の情報源URL
期間違い相関係数URL 通貨別相関係数URL
過去のスワップ金利URL
トレード英語URL
ポジション売買データURL
OANDAURL
JimRogersBlogURL
建玉数量クリック365 URL


債券・株式・商品
世界の株価URL
債券の利回り比較URL
225出来高日経225
株/外国人投資家の動向URL
日本株外人売買データURL
オプションCDSURL
グロソブウィークリーレポート木曜公表
株・株式優待URL
金建玉URLURL
商品・金銀WTIURL



MT4/MT5/FT2/シストレ系
MT4日本語リファレンスURL
MT4情報BBS等URL
VPSmemoURL
FT2 URL
MT5URL

Windows7 URL
Perl C++ java APIURL
統計解析等URL
4本値データURL
プログラム用英単語URL
WEBラーニングPROGURL
オブジェクト指向/デザインパターンURL


ニュース
動画日経 URL
bloombergURL
nikkeiURL
reutersURL
ラジオTV動画 URL




その他 トレード以外
Google翻訳URL
ThesaurusURL
Skype CommunityURL
かわいい動画URL
みずほ仲値データURL
日米経済調和対話2011.3(年次改革要望書)URL
無料ワクチンMS URL

ブログ関連 挿絵画像URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。