スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日銀展望レポート:利上げは8月!?

日銀展望リポート

(はじめまして、ファンダ!)
私自身、FXの勉強としてはほとんどテクニカルばっかりだった。
ファンダメンタルズは信頼した人のレポートを読んで頼り切っていた。
しかし、2次情報ではなく、元の1次情報も知るべきと考え読んで見た。

今回は「経済・物価情勢の展望」、いわゆる日銀展望レポートである。

これは、4月と10月に日銀が公表するレポートで、GDP,国内企業物価、消費者物価の予想が公表される。

(日銀利上げ予想:私の身勝手な推測です)
今回の相場は同レポートに反応うすだったようだ。
ところで、このレポートから利上げ回数はわかるのだろうか?
正直私にはよくわからなかったのだが。

といいつつ、書いてみる(笑)。
2007年10月の消費者物価指数(CPI)が0.4~0.6というところから、年内利上げは0.25を2回実施。
1回目は選挙後の8月で、2回目は秋。
現在、0.5%なので、年末には1%になる。
同様に、2008年CPI予想値が0.3~0.6なので、来年も2回の利上げと推測
2008年末には日本の金利は1.5%になるかも。。。

でも、米経済が落ち込んだら、利上げペースはゆっくりになるのだろうなぁ。
もしかしたら、2008年末でもまだ1%だったりして。。。
正直よくわからないが。。。。

問題は、いつ円高トレンドになるかということ。
これまでは、金利差から円全面安だった。
FXでも円を売っておけば儲かったのだ。
でも、毎年そんな年ばかりではないはずだ。
円金利が上昇し、米景気が落ちたとき、確実にUSDJPYは円高になるだろう。
では、EURJPYは?
難しい。EURはすでに単なる通貨ではなく、「第2の基軸通貨」となっている。
そうUSDがこれまで恩恵を受けた「基軸の特典」がEURの底値を支えるだろう。
それゆえ、バーゲンセール時には押し目買いで、長期的にはおいしいかも。。。
もう少し、EURについては考えて見たい。


((日銀展望リポートのまとめ))
さて、私の勝手な主張ばかり書いてしまった。
以下、客観的な「展望レポート」をまとめておきたい。

(経済・物価情勢の見通し)
・企業は好調
・家計部門の改善テンポがやや緩慢
→息の長い景気拡大中
∵輸出
∵企業業績の好調
∵好調な企業部門から家計部門への波及
∵金利の低さ

(上振れ・下振れ要因:リスクシナリオ)

1、
米国の
・住宅市場
・設備投資
に注意
・商品価格の上昇は世界経済にマイナス。

2、IT関連財
世界的な供給拡大のペースが速い

3、
・企業体力が回復し、金利が安いので、金融・経済に投資がさかん。
・大都市で地価の上昇傾向が明確化
行き過ぎると調整が起こる。

(金融政策運営)
物価上昇圧力が弱いもとで、調整のペースはゆっくりとしたものであり、極めて低い金利水準による緩和的な金融環境が維持された

資料
経済・物価情勢の展望=展望レポート

日銀短観0704

スポンサーサイト

ZARJPYが17円台にのったので、ショートを狙って。

ZARJPYが17.10に上昇中!
ZAR売の私としては、売りエントリーできるか検討中。
もう1歩急上昇すれば、狙いたいのだが。。。

ちなみに、USDZARも結構いい感じ。
この2通貨が同時にエントリーできそうな動き。
結構珍しいことである。

円安&ドル安という、最近の相場をあらわしているのかもしれない。

同時に2ポジションを持つと、証拠金の関係で危険がある。
とりあえず、今回はZARJPYのポジをメインにして、USDZARのポジを半分にして、さしておく。

レバを落とすために。

検証の大切さ

FXでは、トレードするのが最も楽しい。

たくさん、トレードして…。。。
よろこんで。。。

しかし、トレード回数と利益は全く無関係”

むしろ、本当に大事なのは、トレード前の準備とトレード後の検証。
なぜならば、1回ごとのトレードをしっかり改善しないとまた同じ失敗をしたしまうから。

準備と検証は、ついついおろそかになってしまうのだが、実際のトレード以上に大事なのだ。
トレード自体を削ってでも準備と検証が大事である。

先日、トレンドフォロー+ストップ付のトレードにチャレンジ。
この手法は、トレードの王道。
一番リスクが少ないとプロたちが言う方法である。

以前から、挑戦して見たかった。
やり方は大きなトレンドができたときにその方向に乗るだけ。
ポイントはストップをしっかりおくこと。
非常にシンプルなトレード手法である。

先日NZDJPYが急落した。
この手法に向いている相場だ。

NZDJPY急落時にショートしたので、自信満々でエントリー。
しかし、STOPに刈られまくる。
持ったポジションが片っ端からなくなっていった。

あまりに、逆指値にかかるので、二度とやりたくないトレード手法だった。

数日後、落ち着いてトレードを検証すると、1万通貨あたりの損失額は、わずか2695円。
想像以上に少なかった。
つまり、約30pipsの損失というわけだ。

トレード手法が間違っていたわけではなかったのだ。
ただ、私の心理的な感情が「ダメトレード」と勝手に決めていただけだった。
ダメだったのは手法ではなく、私の思い込みだった。

トレード後の検証の大切さを実感したのであった。


テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル : 株式・投資・マネー

1H足の見れるチャート

1H足の見れるチャート

最近、自分のトレードの確認のため、1H足の数年分チャートの見れるFX会社を探していた。

JNSで見れるようだ。
と、いうか、最近使っていなかったので、全くきずかなかった。
しかも、新しいソフトすら入れていなかった(汗。。。


他にも、みれるFX会社あるのかなぁ。

探して見る予定である。

テーマ : FXポートフォリオ・スワップ運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

(GBPのCPI)

(GBPのCPI)
英国の消費者物価指数3月分は+3.1%だった。
英中銀(BOE)は、1~3%に抑える金融政策をしている。
先週末、キングBOE総裁は、同指数を2%に下げる強い決意を表明した。
つまり、GBPは利上げにより、ポンド上昇相場の可能性も出てきた。

(私の方針)
外貨預金FX口座では、数ヶ月の良い時期に決済予定。
買戻しはどうするか。。。迷っている。

トレード口座ではもともとGBPJPYはショートの通貨として使っているので、上昇後の暴落を狙って、ひたすら待つ。

テーマ : 今日のFX損益 - ジャンル : 株式・投資・マネー

デイトレはなぜGBP系を好むのか?

デイトレはなぜGBP系を好むのか?

私自身はほとんどデイトレードをしない。
そこで、デイトレーダーについてわからないことがあった。
それは、変動率の大きなNZDではなくなぜGBP系が好まれるのか?」

そこで、この点について考えて見た。
安値 高値 変動率=(高値-安値)安値 スプレッド スプレッド/安値 (ストップ30PIPS+スプレッド)安値
GBPJPY 221.08 239.45 0.083092093 0.1 0.000452325 0.0018093

NZDJPY 77.34 89 0.150762865 0.1 0.001292992 0.005171968

ZARJPY 15.23 16.89 0.108995404 0.08 0.005252791 0.007222587

・安値は2007/3/6ごろ。高値は2007/4/18ごろ。
・ZARは1/10の3PIPSでストップとした。

結論としては、GBP系のほうが有利ということだ。

それは、デイトレは勝率は5割。

だから、負けたときの(ストップ+スプレッド)/建玉が少ないほうが有利なわけだ。
GBPJPYが0.001809に対し、NZDJPYが0.05172である。
つまり、GBPよりもNZD方が3倍も不利なのである。

では、数日間続くようなGBPとNZD暴落のときは、GBPとNZDどちらを売るべきなのだろうか?
いいかえれば、ストップ+スプレッドの点から有利なGBPJPYなのか?それとも変動率の大きいNZDJPYなのだろうか?
この点はまだわからない。ごいけんがあるかたがいらっしゃったらコメントお願いします。

ちなみに、USDJPYは118.68で、スプレッド5なので、ストップを30pipsとすると、0.002949
やはり、NZDJPYはデイトレには向いていない。

では、NZDJPY通貨の効果的な使い方は。。。
また、あらためて考えてみたい。
デイトレでGBPがこのまれ理由

テーマ : ☆☆☆FX日記☆☆☆ - ジャンル : 株式・投資・マネー

外貨預金FX口座。たまには見て指値でも入れようかな。

長期的な円安相場の終わり
この数日の円安とは違い、長期的な円安についてのレポートを読んだ。


>2007年は、景気サイクルにそったドル相場の「タイヤキのシッポ」がどこまで続くかを見極める年
>米景気悪化でドル安という展開も、起こってしまえば、それはそれで納得がいく環境条件が整いつつある
>今後早い段階で起こりうる、深刻なドル安・円高のケース
>数年内に為替取引を始めた個人投資家にとって、ファンダメンタルズの変調による為替のトレンド転換は初の経験
>。「金利差で円安」という展開ばかりではないことを再認識し、円相場の基調転換への対処法を考えておいて損はない頃合

田中泰輔さん FX Clairvoyance(為替透視鏡)より

(自分の外貨預金口座FXの数ヶ月先の方針)

特に、「数年内に為替取引を始めた個人投資家にとって、ファンダメンタルズの変調による為替のトレンド転換は初の経験」というのが気になる。
確率は50%以下で、かなり先の話のようだが、とりあえず、外貨預金FX口座のポジション整理を数ヶ月かけてする予定。


すでにAUDJPYは100円直前で決済済み。
あとはGBPJPYを決済予定。
GBP系は変動率が大きいので。。。
いくらで決済しようかな。ちなみにGBPJPYの買値は228.78である。

さて、その後はどうしようか。。。。
まだ未定だが。
数ヶ月先の、本格的な円高相場が始まったら、何をポジろうかな。

まだまだ、先だが放置形FX口座だから通貨を決めて指値を入れておかないと。。。
ちなみに、この口座1ヶ月に数回しか見ないので。。。
気がついたときに行動しないと忘れそう。

ところで、時間があったので電卓をはじいて見る。
昨年末からはじめたこの外貨預金FX口座結構成績がいい。
約5ヶ月で利益は1260594円(確定益468982円+含み益791612円)
入金額が140万円(入金120万円+30万円+80万円&-出金90万円)なので
えーと。年利換算では216%(利益126万/5ヶ月*12ヶ月)/元本140万)。

偶然の円安トレンドに乗れただけなんでしょうが。
予想外の好成績です。
日々のFXトレードよりもよっぽどうまくいっています(爆)。

テーマ : FXポートフォリオ・スワップ運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX Clairvoyance(為替透視鏡)  田中 泰輔さん

田中 泰輔さんのレポートを読む。

毎週火曜日に書いているようだ。
おもしろい。どこにでもある後付の理由ではなく、自説があるようところが面白い。

みんなが、「G7…」と書いていることで、
>そもそも今回のG7会議が無風であろうことは事前から想定されていたことだ。
>大した意味の無いイベントを題材に相場を語るのはピントがずれている
と明言されるところは、おもしろい。

さらに、前回のレポートでは
>米国とユーロ圏の経済成長がともに2.75%で推移するとき、ユーロ/ドルは上がるか、下がるか、横ばいか。
>答は「上がる」可能性が高い。

考えもしなかった思考に刺激を受ける。

勉強のため、しばらく読み続けて見ることにする。

「FX Clairvoyance」(為替透視鏡)」

テーマ : ☆☆☆FX日記☆☆☆ - ジャンル : 株式・投資・マネー

(外為.com が、4通貨追加。)

(外為.com が、4通貨追加。)

追加されるのは、ZARJPY HKDJPY GBPUSD USDCHF

開始時期は、6月18日

http://www.gaitame.com/company/pdf/press_070411-01.pdf




(自分と外為.com)
個人的にうれしいのは ZARJPY やHKDJPYではなく、USDCHFであります。

スイングトレード用にUSDCHFは欠かすことのできない重要ペアだからです!

本当は、外為.comは手数料がかかるので口座はやめようと思ったときもあったのです。
しかし、オンラインセミナーで外為.comにはお世話になっているので、口座は残してあります。
外貨預金用の低レバの放置形FXですが。

(クリック)
クリックでもUSDCHF増やしてほしいなあ。。。。
http://www.tfx.co.jp/newsfile/pdf/click_upgrade_j070125.pdf
クリックは、こちらは来年の夏です。
どの通貨が増えるのかなぁ。
待ちどおしいです。

NZDJPY売りたい!!!

4/16(月)本日現在のNZDJPYは88.2である。

正直、売りたい!!!

しかし、すでにNZDJPYショート 37枚 持っている。

そこで、売り増しは、天井をみきわけてから出ないとエントリーできない。。。

ファンダ的にオセアニアが強いのも、利上げ観測から買われているのもわかるが、かなり行き過ぎ。

エントリーターゲットは、反転または89円台か。
さすがに、ストップを入れてのトレードだが。

(参考)
05/11/8 79.44 底
05/12/5 87.06 天井
値幅 7.62円
MA25乖離 5.7%

今回予想天井
07/3/28 82.53 
82.53+7.62=90.15
MA25*1.057=89.29
よって、予想天井 89円台

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル : 株式・投資・マネー

976万円の利益を逃して。。。ZARショートをふりかえって

ZARJPYショートをふりかえって。

(指した注文)
当初、4/3に指した注文は
ZARJPY S 50枚 16.78 → 16.41 0.37*50=18.5 (☆)
ZARJPY S 150枚 16.70 →16.41 0.29*150=43.5
ZARJPY S 150枚  16.62 →16.41 0.21*150=31.5
さらに別口座で
ZARJPY S 80枚 16.73 → 16.41 0.3*80=24 (単位10万円)

(稼いだ金額)
しかし、途中で取り消しをして稼いだのは下記の13.5万だけ。(涙。。。
実際のトレード:07/04/13 17:39:36 2931463 ZARJPY S 15 16.62 07/04/06 0:58:17 16.53 \ 135,000 LimitProfit

0.09 *15 =1.35 (単位 10万円)

(理由)
G7での円安やAUDの資源通貨の暴騰など、あり途中でるーる変更をしてしまった。


(逸脱利益:976.5万円)
(☆)がヒットしなかったが、残りはとれたわけで、逃した利益を計算すると。
990万-13.5万=976.5万円
つまり976万儲けそこなったわけだ。

(再認識)
「マイルールでトレード中は変更しない」
これを再認識した。
私のトレード手法はシステムトレード。
検証し高確率で利益が出るならば、残りの確率で損が出るとしても指値をする。
たとえ、ロスカットになっても感受する。

976万の高い授業料だった。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル : 株式・投資・マネー

スワップ目的のZARロングはするな!

スワップ目的のZARロングは買うな!

私の持論である。
もちろん、少数派である。

数ヶ月前に、同じ意見の方にネットで出会った。
それほど、マイナーな意見である。

投資は孤独だが、ここまで少数派だとむなしい。


ところが、先日 マット今井さんも同じことを言っていた。
スワップ派は変動率が少ない通貨のほうがいい。
だから、ZARJPYロングは向いていない。

ひじょーにうれしかった。

やっと、2人目である。

ちなみに、ともに相場で勝ち続けている人でした。

「スワップ目的のZARロング買うな!」に同意見の方、コメントいただけるとうれしいです。

ZARを利食い、NZDに集中へ

ショート中のZARとNZD。

とりあえず、ZARを利食い、NZDショートに集中予定。

AUDなどのオセアニアは利上げが予想されており、右肩上がりなのは理解できるものの、かなり急激、よって、引き続きNZDショートで勝負。

あと、AUD/USDショートもしたい気分だが、証拠金がないのでこちらは見物です。

テーマ : 為替取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

NZDJPY:ZARJPYショート

オセアニアが強い!

AUD/USDを損切りし、再ショートをもくろむもうまくいかず。

そんなときに、ZARJPYショートがよさそう。
そうなんです。ZARショートは私の大好物。

NZDJPYショートも別口座で狙い中。

気がつくと、マイナススワップばかりでした。(笑)。

テーマ : 為替取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

最近のコメント
FC2カウンター
先輩FXトレーダー
最近の記事
プロフィール

saru999

Author:saru999
(投資との出会い)
若い頃から投資に興味は持っていました。当時は個別株の本を読んでいました。
そんなときに、外貨預金の発展形としてFXに出会いました。
当時はまだ為替投資が一般に始まったばかりでした。
いろんな人が、他市場の商品相場の手法、株式相場の手法、オプションの手法をFXに持ち込みそれを学びながらトレードしました。

(投資経歴 )
私自身はもいろんなトレードをしました。
シストレ逆張りトレード、裁量トレードやトレンドフォローから始めました。
うねりとり、つなぎうりもしました。
高金利通貨売り等大衆と逆のポジションを取るトレードもしました。
保有期間も日足・中期足・短期足等色々やりました。
さらに、数年前からは自動売買プログラムで資金を運用するようになりました。
MT4/EAを使うようになってトレードの精神的負荷は少なくなりました^^


(現在)
3つの時間軸と手法で運用をしています。
短期はFX。MT4・自作系EA(自動売買プログラム)で為替・金・銀を運用しています。
中期は225オプションです。サヤトリ系トレードを研究しています。
長期は人民元積立投資+つなぎトレードです。
投資を始めて約10年になりますが、投資は奥深く興味が尽きません。
使用プログラム言語はMQL,EXCELVBA,pythonなど。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

有益なリンク集
FXトレード関係
IMMポジション 外為.com
経済指標カレンダーURL
統計資料店頭FX月次速報URL
チャート データ マーケット関係URL
中央銀行 URL国家機関 URL
重要指標の過去チャートURL
債券長中短期URL月10更新
為替レートと2国間金利差の相関チャートURL
トレード用の情報源URL
期間違い相関係数URL 通貨別相関係数URL
過去のスワップ金利URL
トレード英語URL
ポジション売買データURL
OANDAURL
JimRogersBlogURL
建玉数量クリック365 URL


債券・株式・商品
世界の株価URL
債券の利回り比較URL
225出来高日経225
株/外国人投資家の動向URL
日本株外人売買データURL
オプションCDSURL
グロソブウィークリーレポート木曜公表
株・株式優待URL
金建玉URLURL
商品・金銀WTIURL



MT4/MT5/FT2/シストレ系
MT4日本語リファレンスURL
MT4情報BBS等URL
VPSmemoURL
FT2 URL
MT5URL

Windows7 URL
Perl C++ java APIURL
統計解析等URL
4本値データURL
プログラム用英単語URL
WEBラーニングPROGURL
オブジェクト指向/デザインパターンURL


ニュース
動画日経 URL
bloombergURL
nikkeiURL
reutersURL
ラジオTV動画 URL




その他 トレード以外
Google翻訳URL
ThesaurusURL
Skype CommunityURL
かわいい動画URL
みずほ仲値データURL
日米経済調和対話2011.3(年次改革要望書)URL
無料ワクチンMS URL

ブログ関連 挿絵画像URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。