スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX法人のメリット

FX法人のメリット

私はFXをするために法人を設立した。

ブログ等でFXで
1、節税目的のために法人化する
2、儲かったら法人化する

というものを見る。

私はFXをするためにすでに法人設立をしているが、異なる意見である。

まず、
1はむしろ法人のほうが納税は多くなる。法人化のデメリットである。
理由は、個人のときにかからなかった法人税を納めるためだ。
2、は 損失繰越7年可能という法人のメリットを考えると、 今はもうかっていないが数年後には儲かりそう というのが法人設立としてはベターである。

ふりかえって、見て 法人にして良かったのは
上記の 損失の繰越7年可能というもの と、
異なる種類の損益通算可能というのである。
前者はクリックでも3年しかできないし、後者はどんなものでも、(FXとオプション:不動産とFX:…)できるメリットがある。

では、これからFXをする人が法人化するめりっとがあるとかというと、、、
難しい。。。
多分、FXや株や商品…という金融商品しかしない人はそのメリットはほとんどないかもしれない。
なぜならば、金融一体課税が2009年度中にできそうだからだ。
同法はすべての金融の損益通算と繰越損失3年が可能になる予定。
税率も20%と現在より割安である。
というわけで、FXの法人化のメリットは2年後には色あせてしまうだろう。

ちなみに、クリック365も他のFX会社との淘汰が2008年までにされると考えている。
スポンサーサイト

税務申告のためにポジションを決済したり、あらたにもったり

税務申告のためにポジションを決済したり、あらたにもったり

この国は累進課税。
というわけで年末の税務申告のために、数字を整える。
普段寝かしているスワップ口座のポジションを使って、数字を足したり引いたり。。。
結構ややこしい。

金融一体課税 一律20% 早く成立しないかな。
来年はクロス円はクリック一本で。。。

税金のことまで考えずにとれーどしてしまい、公開する年末でした。

やすんだ相場 半月ほどトレードを休んで。

やすんだ相場 半月ほどトレードを休んで。

(休むも相場)
相場は 買う・売る・休む がある。
一番難しいのは休むことといわれる。

(風邪を引いて半月トレードを休む)
そのような難しいことを私ができるはずはない。
私が休んだのは風邪を引いたから(爆)
結果として休んでみると気がついたこともあった。

週末 ドルストレートが下がる。


(今週の相場の相場)

ドル円が今週の月曜 11/12(月)21:00に安値 109.10をつけた。
私のターゲットは108だったので、すでに底と判断した。
週半以降はクロス円の戻りをとるのと、ドルストレートのトレードをした。
クロス円の戻りは、EUR/JPYLは半値戻しで決済済み。うまく言った。
しかし、ふだんトレードしないCAD/JPYは失敗した。
そして、GBP/USDSはいったんはストップにかかったものの、
「11月14日(水)19:30発表のBOE四半期インフレ・レポートで、少なくとも来年一回の利下げ
を材料にGBP売りに再び参戦 。
前述のようにクロス円は下落する底が浅いので、ドルストレートで参戦。
保有中のGBP/USD Sの決済を待っている。
週末は行き過ぎるから、利が伸ばせるかも。。。
あまり欲張らずに取りたい。

クロス円ロング&AUD/NZD L ???

クロス円ロング&AUD/NZD L ???

(ポジション)
AUD/JPY L
CAD/JPY L
EUR/JPYL
AUD/NZD L
TRY/JPY L

・概要
円高相場でクロス円ショートの利食い。
そして、ドルストレートでのドル買い(GBP/USDS EUR/USDS USD/CHF L)はストップに刈られ。
現在の円安への戻り相場でクロス円ロングを持った。

・EUR AUD CAD
現時点ではEUR/JPYがやたら強い。
戻りの50%もおしめなく突き抜けて円安方向へ爆進中。
資源通貨のAUDやCADは、EURほどには戻りのスピードははやくない。ゆったりペースで上昇中。

・TRY/JPY L
新興国通貨のZAR/JPYとTRY/JPYは同程度の下落。MA25から△6%が底だった。
しかし、戻りはZARのほうが遅く、TRYのほうが早い。
”TRYはイラク北部を空爆し、クルド人武装組織(PKK)とトルコ軍の間で戦闘”というニュースもあるものの堅調に円安へ。

どの通貨も比較的早めに利食って、相場が落ち着くのを待ちたい。

AUD/NZD デビュー→そして卒業へ
そういえば、8月の暴落のときにマットさんのブログに”AUD/NZD”がいいと書いてあった。
理由は、サブプライムで、円やドルが荒れているこの相場で無関係な通貨だから。
それを思い出して AUD/NZD L 初参戦。

まず、NZD/JPYとAUD/JPYを見ると今回のMA25からの下落率は同じぐらい。
NZD/JPY
AUD/JPY
ファンダ的にAUDのほうがいいので、戻りはAUDが早く NZDとAUDにはタイムラグが生じると考えて、AUD/NZD Lを仕込んだ。
ちなみに、AUDとNZDは隣国で、NZDの貿易輸出入ともに第一位はAUDであるので、実需もある通貨の組み合わせである。
トレードしていて思ったのは値動きがゆっくりなこと。
???とおもったら、変動率が小さかった。よって、戻りも小さいようだ。
今回も 底の安値は1.1733(11/14)であり、MA25が1.1895なので、MAからの乖離は△1.4%。
動きが鈍いはずだ。ほどほどで利食って、早々卒業したい(笑)。←始めたばかりなのに。
ちなみに、ニュージーランド中銀では、キウイの対オージーでの価値を”貿易加重指数(TWI)”で常に監視しており、ある一定幅の中に収まるようにしている。そうです。
うごかないくて当たり前かも。。

(追記)
EUR/JPYが半値戻しが通用しないほどの円安ですが、GBP/USDはきれいに半値戻し中。
EURとGBPの強さの違いがよくわかる相場です。

テーマ : Meta Trader 4 - ジャンル : 株式・投資・マネー

クロス円ショートを利食って。→ドルストレートへ。

クロス円ショートを利食って。→ドルストレートへ。

クロス円が昨日の11/13(月)NY中短期筋によりドル円109.11をつけた。
それぞれのクロス円も、CAD/JPY113.79。AUD/JPY 96。EUR/JPY159.12。ZAR/JPY16.01。TRY/JPY89.76。まで円高が進んだ。
私のシナリオでは、ドル円は108円が底と見ているので、さらに下がるとしても△1%ぐらいしか下落余地がない。
よって、クロス円ショートを利食った。

ちなみに、ドル円を108円として、計算すると、
CAD/JPY113.77。AUD/JPY97.16。EUR/JPY157.65。ZAR/JPY16.12。TRY/JPY89.61。となる。
<計算方法は平均を取って下落率をかけた>

クロス円は11/13のつけた値とほとんど変わらない。
もちろん、USD買いによってクロス円が8月のような値をつけることもあるだろう。
しかし、そのスピードが問題だ。
USD買いが出てクロス円がもっと下落するにしてもそのスピードは実に遅い。、
なぜならば、AUD/JPY=AUD/USD*USD/JPYとなり、クロス円ではUSD買いとUSD売りを同時に含み、ブレーキを踏みながらアクセルを踏むようなものだからだ。

一方、ドルストレートでは日足BB-2σまで約3%の下落余地。8/16日の底までは5~7%の下落余地がある。
しかも、8月と違いJPYのもち高はさほどなく、USDのもち高があることをかんがえると、
今回は対ドルでオーバーシュートが起るというのが、私のメインシナリオである。
よって、クロス円ショートを利食って、対ドルでのドル買いポジション。
すなわち、GBP/USDS EUR/USDS USD/CHFL で勝負する。

もちろん予想外のリスクシナリオ相場展開の時には ”切る” 。
これの”切る”ことがトレード派の生命線であるから。

テーマ : 株式投資(デイトレ、中長期銘柄) - ジャンル : 株式・投資・マネー

さらにZAR/JPYS&EUR/USDS追撃ショート!!!3ヶ月に一度の稼ぎ時!!!円買い・ドル買い・祭り。

さらにZAR/JPYS&EUR/USDS追撃ショート!!!3ヶ月に一度の稼ぎ時!!!円買い・ドル買い・祭り。

(マイ・ポジション)
トレード口座:クロス円ショート・円買い(ZAR/JPYS・NZD/JPYS・GBP/JPYS・)&ドル買い(EUR/USDS・USD/CHFL)
スワップ口座:クロス円ロングの決済→祭り終了後・2番底を確認してから買戻しへ

(8月から3ヶ月。また円買い・ドル買い祭りがやってきた)
8月の相場から、3ヶ月が過ぎた。
あれから、私自身なにが変われたのだろうか。
トレードスタイルを、順張り・トレンドフォローにし、、、、そして、、、
いろいろあるが、一番大きな変化は”ソンギリ”をすること。
たしかに、ちいさく・うまく切れることはなかった。
しかし、必ず意識していた。どんなきり方でも きらないよりマシ
切って、切って、切った。どんなことがあってもかまわず、切りまくった 3ヶ月だった。しかもリアルトレードで(大汗。。。
私が理想とするトレードスタイル・トレンドフォローはマットさんのトレンドフォロー。
マットさんはかつて言っていた。
難しい相場を捨てて、簡単な相場で儲ける。
難しい相場とはもみ合い相場であり、簡単な相場とはトレンド相場。
つまり、この円買い・ドル買い祭りは 簡単な相場でありまさにトレンドフォローの理想とするトレード環境。

待ちに待った円高祭り。
うまく円買い・ドル買い トレンドに乗って生きたい。
もちろん、予想外の展開のときは”切ります!”。3ヶ月もやりましたからね(笑)


(今回は円買い小祭り&ドル買い大祭り)

週末かんがえていたことは、EUR/USDがたかどまりしていること。
最初は、原則をEUR/USDと考えて、ドル売りのまま、円買いと考えた。
しかし、週末のZAR/JPYの暴落・CAD/JPYの暴落をみると、単に円買いという理由だけでは下落率が大きすぎる。
JPYポジションの巻き返しというだけではあまりにもおかしい。
そこで、ZARやCADを見ると対ドルでの戻りがあった。
よって、USD/ZARやUSD/CADの”ドル買い”が原則で、EUR/USDは”ドル買い”の直前と考えた。
週明けになると、まさにその予想どうり EUR/USDは急落している。

というわけで、8月同様の円買い・ドル買い祭りである。

相場の8月との違いは、8月は円売りポジがたまっていたこと。
今回の11月はドル売りポジがたまっている。
IMMでも円ポジションはそれほどない。


夏はUSD/JPY=124円だったが、秋はUSD/JPY=115円程度。
にもかかわらず、AUD/JPY CAD/JPY ZAR/JPY TRY/JPY で夏の高値を、秋にはこえている。
これは、対USDでUSDが売られた結果である。

というわけで、今回11月のマイポジションとしては 円買いポジションのみならず、ドル買いポジションを持つことにする。
これまで急上昇だったEUR/USDS。
それから、USD/CHFL。
このUSD/CHFは8月の祭りのときはあまり動かなかった。
それは、8月は円買い祭りだったから。
今回11月は私の予想通りのドル買い祭りならば上昇してくれるはず。期待をこめてUSD/CHFLポジを持つ。

(参考)
USD -2.08%
CHF 1.02%
となっていて、USD/CHFが行き過ぎのことがわかる。
あとはレジスタンスラインの1.13われをしていること。
値動きとして1.10ぐらいが限界運動量であること。
から、USD/CHF Lをトレードする。
もちろん、ドローしたらきればいいだけ。

つまり、円買いもくるが、ドル買い祭りのほうが大きいのかもしれない。

USD/JPYは108円で止まるとしたら、下値は先週末からあと2%しか下がらない。
しかし、対ドルで大きな下げがあるだろう。対ドル通貨で8月のレベルまで下げれば、ドル円の△2%を入れると、
クロス円は8月の安値を下回っても不思議ではない。
もちろん、ショートの私としては8分目で利食って終了する予定である。

(今後のトレードと気をつけるべきこと)
さて、各口座に指値をした。
トレードポジションはセーリングクライマックスを確認してから利食い。
スワップ口座は2番底を確認してヒゲ先ストップつきでのポジを持つこととする。

まず、今この場面で気をつけるのべきなのは、
1、ストップの位置
2、資金管理・うまくいったからといってポジ数を増やしすぎないこと。
3、底ができて反転したら、どの通貨をどの枚数、途転するか。シュミレーションしておくこと。
という具合だろうか。

とりあえず、1&2のリスクコントロールを再確認したい。

テーマ : 株式投資(デイトレ、中長期銘柄) - ジャンル : 株式・投資・マネー

クロス円・ショートトレード

(今週のトレードとそのトレードノート)
今週は非常に値動きが荒かった。
というわけでクロス円のショートが稼ぎ時。
ついトレードをして、トレードノートの記載が遅くなってしまった。
そこで、週末にトレードノートをまとめて書くことになった。
まず、この”勉強8割:トレード2割”ができなかったのが今週の反省。
一方トレード自体は比較的うまくいっている。

(11/5~11/10の1週間の相場)
クロス円・日足・RSIの逆行現象
天井圏での1日の値幅が大きいこと。
ECB総裁の今後の利上げ発言にもかかわらず EURは動かず。前日の米企業会計悪と同日深夜のバーナンキ発言でUSD売り相場。
USD/JPY が レジスタンスの113円下抜け。
ドル全面安。しかも円高。。。

(トレード)
セオリーどうりの”暴落時には ポンド円・キウイ円・ランド円を売れ”を実行。
原油高・GOLD高の中 資源通貨 AUD/JPYに比べ CAD/JPY をショートした。
スワップ口座では、AUD/JPYを高値で利食い、安値で買い戻すとれーど。

(検証)
クロス円が暴落する中、ショートしたので利益が出た。
しかし、”利益が出たから成功トレードではなく、損が出たから失敗トレードではない”。”あらかじめきめたルールどうりできれば成功トレードであり、できなければ失敗トレードである。損益は無関係”
なぜならば、長期的に利益の出るルールにしてあるからだ。

その点では、トレード口座のポンド円・キウイ円・ランド円ショート。そして、スワップ口座の豪ドル円のポジション下げ。
ここまでは成功だった。
しかし、大きく利益の出たカナダ円ショート。これは失敗だったかも。
この通貨は私はほとんどトレードしない通貨だったから。もちろん、トレードのルールすらない。
これは反省である。

(来週のトレード)
最大のポイントは ドル円が108円で止まるのか?それとも下抜けするのか。これが分水嶺となる。
とりあえず、次のメインシナリオでトレードする。

私のメインシナリオ
短期的にはドル円は108円を底に反発し、中期的にはゆったりと下値を模索する。
my トレード:週明けの月曜にショートの利食い。週後半にはストップをつけてロングエントリー
私のリスクシナリオ月曜のNYの休みという薄商いでオーバーシュート。108円下抜け。
myトレード。ショート利食い後。ロングを入ったものの更なる下落。よって、ロングソンギリ。その後の途転ショートせず。

という予定である。

(来週の相場の理由)
たしかに、トレーダーには理由は要らない。稼げればいい。のうがきいうな!という声もあります。
しかし、私は理由を探してしまう。なぜならば、後で振り返ったときになぜ成功したか・なぜ失敗し方がわからないと再び同じことをしてしますから。
よって、思いついたことを列記する。

・短期ドル円108円底の理由。
”1声10円” ドル円は動いても10円幅で動く。今回の天井は117.93(10/13)なので、10円下落すると108円。
レジスタンスライン 2006/5/ 2005/9/ 2004/8
年間MA250乖離 ドル円はMA250から△5%が底値。底予想値108/MA250 118.62=0.91。MA250乖離△9%。これは行き過ぎ。

・2段落ち。3段落ちはあるのか?
まず、わかるのは中期・長期的に見て転換点である。相場は天井圏でよくこのような荒い値動きをする。
これまでの円売りだけで儲かる相場ではない。
なぜならば、ボラテリティが大きすぎる。
クロス円ロングポジにはストップをおいたトレードが必須である。
低レバならばスワップポジションとして含み損を抱えてドローを耐えるトレードはすでに通用しない相場である。

さて、ここ数日の円高であるが。
先週の1段落ち後、更なる2段落ち、3段落ちがあるか。。。
私の予想は1段落ちまで。クロス円はあと2%下落していったんレンジに入るというもの。
たしかに、今年の8月サブプライムは2段落ちであった。それは、USD買い*JPY買いだったから。
たとえば、NZD/JPY=NZD/USD*USD/JPYというわけで、大きく動いた。
しかし、今回、11月は USD売り・JPY買い。だから、1段落ちで終わりと予想している。
投機筋のIMMポジションは8月ほど円売りに傾いていない。 クリックポジのJPY売りポジ数


もっとも、ドル円108円を底に反転上昇するわけではない。
2006年5月は米・高官の発言で10円の円高になり、その発言の取り消しで元に戻った。
今回の2007年11月はサブプライムという不良債権の問題。しかも、その証券は売却する市場がなく、ソンギリできずに毎月損失額が膨れているのが現状。
FRBも、株暴落で利下げをしたいが、インフレが収まらずに利上げしたい。打つ手なし。といった状態。
つまり、108円で止まっても反転上昇は望めない。

リスクシナリオして、更なるクロス円暴落のためには EUR/USDが下がってくるとき。や、商品相場が崩れるとき。中国のインフレが収まらずに中国株が下がるとき。などがありうる。

11/2:21:30:イベントドリブン:米・雇用統計NFP)

(雑感)
連日ブログ更新をしていたが、ここ数日途絶えてしまった。
もちろん、あれも書きたい!これも書きたい!しかもチャート等でデータをつけて、、、
欲をさせば出すほど、ブログは更新できなかった。
というわけで、いつも通り現時点でわかったことだけを書くことにする。
のこりは、備忘録としてメモ書きとして残す。
問題提起だけで答え・検証していないものが多くなるが、、、
私の能力ではしかたない。現時点わかる範囲で書く。

(11/2:21:30:イベントドリブン:米・雇用統計NFP)
・PLAN
チャートから
EUR>GBP>>USD  JPY
if NFP 悪⇒米株↓・円高↓=USD買・JPY買⇒(トレードは)高値のGBP/USD S
if NFP 良⇒長期円安トレンドに戻る⇒(トレードは)GBP/JPY L

・Do
NFP 10月分 予想 8.5万人
結果 16.6万人

トレード GBP/JPY L エントリー 239.16
21.30過ぎ ストップ 同じ
リミット 239.89

よって、 73PIPS の利益だった。

・Check
良かった点: しっかりストップを入れたところ。
今後の課題 トレードは30分足を見ていたが5分足のほうがよかったかも。。。
NFP発表21:30からGBP/JPY Lの天井の22:15(240.30)まで約45分かかっている。こんなにNFPはじかんがかかったのか…過去のNFPと天井までの時間を調べてみたい。
それとも、この時間のかかるのは市場がサブプライムなどの不安ゆえ 市場心理を表しているのだろうか。
NFPのイベントドリブンには 3パターンのトレードがある。
1、指標発表時にトレンドの方向に乗る。
2、指標発表後数十分後の天井からの戻りをとる。
3、数時間後の24時に指標発表と同方向に動いたときには週明けにかけて、指標発表数十分後の天井に戻すので、それをとるトレード。
今回とれたのは 1のトレード。
正直、どのトレードもまだまだ研究不足。もっと、勉強せねば。。。
あとは、
米・雇用統計の予想は米ADPでできるか?
雇用統計の5分足の比較。市場心理がよめる?
このあたりもしらべないと、、、、

というわけで 宿題山積のままブログ更新となりました(汗。。。。

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

日銀展望レポート

日銀展望レポート:2007/10/31
本日、日銀展望レポートが発表された。

というわけで本日はその勉強である。展望レポートの要旨をメモする。

(経済・物価情勢の見通し)
好調な企業部門。家計部門の改善テンポが緩慢な状況
リスク海外経済や国際金融資本市場。メインとしては生産・所得・支出の好循環メカニズム息の長い成長。
∵1 海外経済の拡大→日本の輸出↑
∵2 企業↑→設備投資↑  :伸び率は去年より落ちる
∵3 企業→家計 への波及;eg)雇用者数↑ 、株主配当↑ :時給は伸びず∵原料高・パート比率↑・高賃金の団塊世代の退職
∵4 低金利→民間需要↑ ;金融機関の貸出残・CP・社債・短期金利低

∴ CPI 2007年 ゼロ%程度。

(上振れ・下振れ要因)
リスクシナリオ
リスク1:海外経済
・米国・住宅市場→資産効果・信用収縮→消費↓・設備投資↓⇒米・経済↓
・資源高→インフレ懸念。 Eg)中国
リスク2:金余りのバブル投資の反動
・超低金利→土地価格↑・過剰投資。 反動が大きいため→振幅大
・インフレ・人件費↑・原油高

金融政策運営
1、2008年度の見通し
生産・所得・支出の好循環により、息の長い拡大続く
物価安定のもとで持続的な成長
2、長期的な見通し
低金利→リスクポジションが過多→反動危険

結論
金利は低すぎる

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

最近のコメント
FC2カウンター
先輩FXトレーダー
最近の記事
プロフィール

saru999

Author:saru999
(投資との出会い)
若い頃から投資に興味は持っていました。当時は個別株の本を読んでいました。
そんなときに、外貨預金の発展形としてFXに出会いました。
当時はまだ為替投資が一般に始まったばかりでした。
いろんな人が、他市場の商品相場の手法、株式相場の手法、オプションの手法をFXに持ち込みそれを学びながらトレードしました。

(投資経歴 )
私自身はもいろんなトレードをしました。
シストレ逆張りトレード、裁量トレードやトレンドフォローから始めました。
うねりとり、つなぎうりもしました。
高金利通貨売り等大衆と逆のポジションを取るトレードもしました。
保有期間も日足・中期足・短期足等色々やりました。
さらに、数年前からは自動売買プログラムで資金を運用するようになりました。
MT4/EAを使うようになってトレードの精神的負荷は少なくなりました^^


(現在)
3つの時間軸と手法で運用をしています。
短期はFX。MT4・自作系EA(自動売買プログラム)で為替・金・銀を運用しています。
中期は225オプションです。サヤトリ系トレードを研究しています。
長期は人民元積立投資+つなぎトレードです。
投資を始めて約10年になりますが、投資は奥深く興味が尽きません。
使用プログラム言語はMQL,EXCELVBA,pythonなど。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

有益なリンク集
FXトレード関係
IMMポジション 外為.com
経済指標カレンダーURL
統計資料店頭FX月次速報URL
チャート データ マーケット関係URL
中央銀行 URL国家機関 URL
重要指標の過去チャートURL
債券長中短期URL月10更新
為替レートと2国間金利差の相関チャートURL
トレード用の情報源URL
期間違い相関係数URL 通貨別相関係数URL
過去のスワップ金利URL
トレード英語URL
ポジション売買データURL
OANDAURL
JimRogersBlogURL
建玉数量クリック365 URL


債券・株式・商品
世界の株価URL
債券の利回り比較URL
225出来高日経225
株/外国人投資家の動向URL
日本株外人売買データURL
オプションCDSURL
グロソブウィークリーレポート木曜公表
株・株式優待URL
金建玉URLURL
商品・金銀WTIURL



MT4/MT5/FT2/シストレ系
MT4日本語リファレンスURL
MT4情報BBS等URL
VPSmemoURL
FT2 URL
MT5URL

Windows7 URL
Perl C++ java APIURL
統計解析等URL
4本値データURL
プログラム用英単語URL
WEBラーニングPROGURL
オブジェクト指向/デザインパターンURL


ニュース
動画日経 URL
bloombergURL
nikkeiURL
reutersURL
ラジオTV動画 URL




その他 トレード以外
Google翻訳URL
ThesaurusURL
Skype CommunityURL
かわいい動画URL
みずほ仲値データURL
日米経済調和対話2011.3(年次改革要望書)URL
無料ワクチンMS URL

ブログ関連 挿絵画像URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。