節税:退職金~FX法人体験記

いまFX法人の体験記を書いている。
体系的に、書けばいいのだが、私の頭ではそうはかけない(笑)
たとえば、法的側面と税制面。時系列で 法人の設立から…法人の解散まで。いろいろな分類の仕方があるのだろう。
私の頭ではそこまで追いつかないので、とりあえず、思いついた順に書くことにする(爆)

というわけで、今回は 法人を退職するときに出る退職金が 所得税申告上で税制上のメリットがあり、
節税になるという話を書く。




まず、税務申告の原則から説明する。
まず、退職金は従業員たる個人が、FX法人から受け取る所得のうちの1種類。
手続き的には会社が天引きして税務署に納税はするのだが、税法上は 退職金は”個人”にかかる税金。
そもそも、個人にかかる税金には10種類ある。
利子所得・配当所得・不動産所得・給与所得・退職所得・事業所得・譲渡所得・山林所得・一時所得・雑所得
それぞれの詳しい説明はこちらをご覧ください
たとえば、個人でのFXの利益は 雑所得で、
会社員の給与は給与所得
という具合に 個人の税金では分かれている。
そして、今回の退職金は退職給与という種類に分類される。




さて、先日 サラリーマンの給与所得には オマケ(給与所得控除)がある。と書いた。
会社が払った給与全額*税率ではなく、(課税所得額ではなく)、給与から一定額を差し引いた残りに税率が乗じられるので、
給与所得控除は 節税面での有利なオマケであると説明した。


今回の退職金にも 節税面でのオマケがある。
おまけは 2つある。
(a)オマケ(退職所得控除額)と(b)半額!というオマケである。

しかも、そのオマケはめちゃくちゃ有利な と~ても太っ腹なオマケである。


で、退職所得のオマケの退職所得控除額の計算式は下記の通り

(a) 勤続年数*40万円   勤続年数20年以下のとき

である。
たとえば、勤続年数20年のときは 800万円は無税のオマケ!!!というわけ。
とっても太っ腹である。

詳しくはこちらを


さらに、退職所得のオマケには つづきがある。
最終的に税金がかかる対象(課税退職所得)の計算式は下記の通り

課税退職所得=(受け取り金額-退職所得控除額)/2

「/2」です!
(a)のオマケのあとに、のこりをさらに半分無税!!!というオマケ

すばらしい!!!

いつ退職しようかつい考えてしまいます(笑)




でも、私がFX法人の代表取締役をやめたら、後任がいない。
そのわけは 私1人しかいない会社だから(笑)。

ちなみに、、、雑誌の税理士相談で読んだのだが、
取締役をやめて退職金をもらい、同じ人が同じ会社の監査役に就任したときでも、
もらった退職金は上記オマケが使えるらしい。
詳しいことは調べてないのだが。。。

法人は面白いでしょ。
やればやるほど奥が深いのです。

そして、FX法人体験記の初めのころに

”損をしているとき”ときこそ法人の設立時期?~FX法人体験記
という記事を書いたのを思い出してほしい。

早めにFX法人を設立することで、勤続年数を増やせば (a)のオマケの勤続年数*40万円 から、
1年に40万円づつ無税の枠が増えるのである。

各記事は有機的な結合をなしてはじめて意味を持つのである。

おそひつではあるが気長にお付き合いくださいね。






今回は退職金をもらう個人側からの話でした。
次回は、法人側からの退職金の話の予定です。
結論を簡単に言うと、法人税法上で退職給与引当金が廃止されたので、
共済等を使っての損金計上をつかうといいという話です。






にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
最後までごらんいただきありがとうございます。
多くの方に当方ブログを読んでいただきたいので、
おてすうですがクリック御協力お願いします。




(追記)
「取締役をやめて退職金をもらい、同じ人が同じ会社の監査役に就任したときでも、
もらった退職金は上記オマケが使えるらしい。
詳しいことは調べてないのだが。。。」
この件であるが、一般論としては可能である。
しかし、今回のFX法人のような同族企業の場合 否認される判例があった。
取り急ぎ、メモだけ追記する。
(京都地裁判決・H18・2・10)
この判決では上記のような場合 所得税基本通達および法人税基本通達を否定し、
退職所得および退職所得として認めなかった。

為替王さんの「さわさわさんトレード」のリスク

為替王さんのブログに「さわさわさんトレード」というのがある
簡単に言うと、ナンピンして、
少し上がったら利食う。
含み損はじっと耐える。
というもの。

プロのファンドマネージャーの為替王さんがこの手法を薦めるのは正直驚いた。
理由は、この方法はFXをはじめたばかりの初心者が取る手法だからだ。
そして、そのほとんどの人が大きなトレンド時に これまでの利益と元本を吹き飛ばす危険のある手法だからだ。
もちろん、低レバレッジなどのルールを守れば問題ないのだが、
最初はルールどおりで来ても気がつくとレバレッジが増えていて 大きなトレンド相場に飲み込まれる。という危険をわかって上でしないといけない手法である。


さて、今回の為替王さんブログでは さわさわさんトレードで、ドル円で1円刻みと50銭刻みの違いが書いてあった。

以下、引用
_________________________
単純な1円刻みの戦略をとっていた場合、
103円新規買い→104円利益確定売りが計2回。
104円新規買い→105円利益確定売りが計2回。
合計4回×1円=4円の値幅がとれていました。

次に、50銭刻みの戦略をとっていた場合を検証してみましょう。

103円00銭買い→103円50銭売りが計2回
103円50銭買い→104円00銭売りが計5回
104円00銭買い→104円50銭売りが計3回
104円50銭買い→105円00銭売りが計6回
105円00銭買い→105円50銭売りが計3回
合計19回×50銭=9円50銭の値幅がとれていました。

_____________________

引用終わり
為替王さんブログより


一見、1円刻みよりも50銭刻みのほうがいいように感じるので その件についての感想を今日は書く。


まず、ナンピンして1円上昇(or50銭上昇)で利食うという戦略では
大きく円高になったときに大きな含み損を抱える。
これは、為替王さん自身もこの戦略の欠点として認めている。
のでここではあえてコメントしない。


今回の 1円刻みでは4円分の利幅が取れて、50銭刻みだと9.5円分の利幅が取れるというのも、
そのまま読んでいいのだろうか。
このときに、円高に含み損を抱えると、1円刻みでは2枚分の含み損に対して、50銭刻みのときは5枚分の含み損がでる。
1円刻み:2枚で:4円の利益→1枚当たり2円の利益
50銭刻み:5枚で:9.5円の利益→1枚当たり1.9円の利益
である。
と いうわけで、当初の50銭刻みのほうが有利というのは間違いで、

1円刻みのほうが50銭刻みよりも有利である。
つまり、資金力があるならば1円刻みで枚数をコントロールしたほうがいいというわけだ。


最後に、
言うまでもないことだが、この戦法は 99勝1敗で資金のすべてを吹き飛ばす危険がある手法である。
特にソンギリができない人は よく考えてから すべきだとかんがえる。

もしするならば、以下の条件を備える通貨がいい。
・変動率が少ないこと。
・プラススワップであること。
・同じレンジを行き来すること。
・長期レンジで底値圏であること。
・スプレッドが狭いこと
とすれば、通貨は限定されるだろう。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
最後までごらんいただきありがとうございます。
多くの方に当方ブログを読んでいただきたいので、
おてすうですがクリック御協力お願いします。

為替王デイリー鍛錬表

忙しい日常ではあったが、
FXはできなかったときでも、つづけたことが2つある。
1つは、商品・債券・株の場帖をつけ続けたこと。
もう一つは 為替王デイリー鍛錬表である。

今回は後者の鍛錬表について書く。
この鍛錬表は、特定の通貨の 売りor買い ・エントリー リミット ストップをノートにつける というもの。
短時間でシンプルなのだが 結構いい。



為替王カレンダー購入者でも これをやらない人がいる。
その理由は この鍛錬表は 日足のスイングトレードの練習で トレードスタイルが違う」から というもの。

私も最初は 同様に思っていた。
しかし、やってみるとこの鍛錬表の目的は スイングがうまくなることではない。
最大の目的は 相場の潮目を 見極めるためである。

相場の方向の転換点を知ることは トレンドフォローでも、スワップ派でも デイトレでも
是非習得すべき技術である。

というわけで、カレンダーをお持ちの方は 鍛錬表を御検討ください。





ちなみに、為替王さんは 1週間もするとメキメキと効果が現れる と書いてありましたが、
私は 効果を実感するには 3ヶ月かかりました(爆)
たぶん、私の努力不足なのでしょうね。

そうそう、その後 私は手抜きをしたら 実力は 着実におちました(爆)
私がした手抜きとは、、、
毎朝決まった時間にやらずに、
日によって 昼やったり、夜やったり、、
しました。
良い子はマネをしないように、、、

というわけで、明日から再び 早起きして 朝鍛錬表をします。

自らへの自戒の意味をこめてブログに書き残すことにしました。



にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
最後までごらんいただきありがとうございます。
多くの方に当方ブログを読んでいただきたいので、
おてすうですがクリック御協力お願いします。

節税メリット:おまけ&おまけ(給与所得控除&経費計上)~FX法人体験記


個人的には ここ大きな仕事も とりあえずの目処がついた。
そこで、FX法人体験記も久しぶりの更新である。

これまで、いくつかの記事を書いた。
これまで書いた記事は、
FXをするためだけに法人を作って早数年が経ちました。~FX法人体験記
”損をしているとき”ときこそ法人の設立時期?~FX法人体験記
節税メリット:1人よりも2人で申告すると安くなる~FX法人体験記
節税メリット:数年に分けて申告する~FX法人体験記

という 4つを書いた。

前々回と前回に続いて 今回も 節税メリットの話である。
一言で言うと、 普通は1つのおまけしか節税はできないが、
法人化することで オマケが2つ使えるので 節税効果があるというものである。

ちなみに、今回の節税の話は 比較的わかりやすいと思う。
今回の話が 初心者向きで、
前々回の話が中級者向きで、
前回の話が 上級者向きという レベルである。

さて、本題に戻って、

まず、基本から
日本の所得税の税務申告では 大きく2つの職業に分かれる。
1つは 会社員。で この人たちは 給与に対して所得税がかかる。
このときに、もらった給与にそのまま税金がかかるわけではなく、
一部無税の範囲がある。
給与所得控除というオマケが認められている。
サラリーマンのお得なメリットである。

他方の人たちとは 自営業者などである。
これらの人は 所得全額に そのまま税金がかかるわけではない。
領収書を集めることで、経費が認められて その分安くなるという
おまけの制度がある。

ここで、それぞれに異なる節税上のオマケが認められている。
ここまでの基本がわかると
多くの人が考えるのは、両方のオマケが使えたらもっと節税になるのに。
というもの。

一般論としては、前者の会社員には経費計上のオマケは認められないし、
後者の自営業者には 給与所得控除というオマケは認められない。

が、、、

実は、両方のオマケを使える方法がある。。。
そう、、、

法人化である

法人化すると、法人の社員となった自分自身は会社から給与をもらう立場で
自分自身は給与所得控除が認められて、
法人名で領収書を集めることで、法人の経費として 経費のオマケを使えるのである。

つまり、両方のオマケを使えることになり 個人申告よりも 節税面で お得なのである。






最後に、この記事は法人化を薦めるものではない。
なぜならば、法人化するとデメリットもあるのである。
たとえば、同族企業のボーナスには法人税と個人の所得税が両方かかったり、
給与を年初に定めて期の途中で増額できなかったり、、、
現在は、FX法人のメリットの記事を立て続けに書いている。
そのうちに、デメリットも各時期が来るであろう。
おそひつなので 誤解があるといけないので 一応 法人化すればすべてがいいわけではない
と、一言だけ書いておく。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
最後までごらんいただきありがとうございます。
多くの方に当方ブログを読んでいただきたいので、
おてすうですがクリック御協力お願いします。

ひさしぶりのブログ更新



ブログを書くのが久しぶりになってしまった。
理由は 最近FXする時間すらなくなってしまったから。
というわけで、今日もFXはできなかったが、とりあえずブログのみ書こうと思う。

こんなときに、FXの口座を開くと スワップ口座は日々稼いでくれている。
かなりうれしい(^^)
スワップ口座が不労所得といわれる実感を持つ 時である。

そんな時見るのは ロウソク足のチャートではなく、 平均足のチャート。

平均足は トレンドが読みやすく 日々の値動きに惑わされにくい。

長期投資の人は 平均足がお勧めです。

節税メリット:数年に分けて申告する~FX法人体験記

前回は、1人で全額を税務申告するのではなく、家族の専業主婦を社員として
2人で申告すると 税率が安くなり、結果として納税額が安くなる。
という話を書いた。


今回は、同じ人数でも 数年に分けて申告することで 納税額が安くなるという話を書く。
たとえば、1年で2000万円FXで稼いだ人が、2年で1000万づつ申告や4年で500万円づつ申告すればいいわけだ。

ロジックは簡単なのだが、、、
やり方が 工夫がいる。

まず、個人の雑所得申告ではできない。
法人でも 原則としてそのような方法は書籍等には書いていない。
何とかならないものか。。。
税法等で合法的に何とか。。。
というわけで、私が考えた方法を書く。



ランドはどうなるの???☆CarrieBBさんのツール・ド・新興国ブログへGO!->

マイナー通貨のブログ村10位



結論を言うと、すでに説明した 法人の特典 7年の繰越損失を使うとできる。
正確に言うと FXの利益を数年に分けるのではなく、
あらかじめFX法人に赤字分を計上しておいて、その後の利益と相殺するわけだ。

まずは、簡単にイメージを持ってほしい。
たとえば、毎年500万円づつ給与を 4年間 払えばいいのだ。
そして、FX法人設立後 3年間はFXをせずに、4年目で2000万円利益を出せば、
結果として 1年で2000万円の税務申告ではなく、4年で500万円づつの税務申告になるので節税になるわけだ。
(※ 後で書くが 工夫をするとこで 1~3年目も普通にFXをして利益を出しても税制メリットがある。
あえて1~3年目をFXを 休むと書いたのは 説明のためにイメージとしてわかりやすいからである)

こんかいのポイントは 累進課税の所得税に対し 数年単位で税率の低いところを使えば、長期的に見て納税額は少なくなるというもの。
そのためには、法人という 箱・システムを使えばいい わけだ。



FX口座開設で 最高2.8万円+α
☆くりっく365日記GO!->


スワップ派のブログ村12位






ここで、振り返ってほしい。

以前法人の設立時期について書いた。
”損をしているとき”ときこそ法人の設立時期?~FX法人体験記
2008年04月19日 (土)

という記事である。

そのなかで、多くの人が唱える
FXでめちゃくちゃ儲かったからFX法人化する
というものに、私は異論を持っていると説明した。

そのわけは、法人の設立時期を早めにすることは、
今回のような 数年に分けて税務申告することにつながり
結果として、税率を安くでき、納税額も安くなるわけだ。
ためである。

納税は 単年度ではなく 数年単位で考えたほうがいい。
なぜならば、日本は累進課税である。
1ねんで大もうけするよりも 同じ金額を数年で儲けたほうが手元に税引き後の現金が残るのだ。

繰り返しになるが、
FXでめちゃくちゃ儲かったからFX法人化する
というのは 税制面から見て間違っている。
正確には 納税者の有利という面からは 私とは異なる定説である。

法人というのは、給与を平均化することで、納税を安くできる箱である。

さいごに、以下の
簡単に言うと 毎年500万円づつ給与を 4年間 払えばいいのだ。
そして、FX法人設立後 3年間はFXをせずに、4年目で2000万円利益を出せば、
部分は不正確なので 次回もう少し正確に書こうと思う。
結論を言うと、FX法人で給与を出さなくても 毎年数百万程度の アドバンテージが 確保できるのである。

このように、法人は税制・法律 だけではなく、
各制度の組み合わせで 様々なことができる。

最初に 法人の設立時期について書いたときには
それが 法人の登記上の手続きとしか考えなかった読者もいるだろう。
実は、このような税制面にかかわってきたりして 
各方面がつながっている。

この
数年に分けて申告する
というのも、いろいろなものが複雑に重なって初めて
節税ができるのである。



ここで 異論のある人がいるかもしれない。
たとえば、私は本業が会社員だから 自由にFX法人から給与を出すと 本業の給与と重なって
結局、申告額が増えて 税率が上がってしまうという人である。
このような人からは FX法人のメリットがない。といわれるだろう。

しかし、結論を言うと、そういう人でも この数年に分けて節税というのは使える手法である。
もちろん、実践するには もうひとひねり必要なのだが。

つまり、FX法人から 給与を出さずに、今回のような 1~3年目に 数百万程度のあどばんてーじを作ればいいのだ。
FXで損もしないで、給与も出さずに やればいいのである。
???
だろうか。
機会を改めて説明する予定であるが結論は可能だ。

さらに、いえば もう一工夫必要だが、
あえて、1~3年目にFXを休み必要もない。
普通にトレードしても 様々な節税メリットがある。

これらも、機会を改めて書きたい。

ちなみに、どうして、機会を改めるかというと

”損をしているとき”ときこそ法人の設立時期?~FX法人体験記
を読んだときは、法人の登記時期として読んだのだろう。
でも、いま振り返ってみれば、あれば節税面からの 記事であることがわかると思う。
今回の記事の 数年に分けて申告する という記事も
単に所得税の納税額の節約にしか読めないかもしれないが、
実は いろんな意味がある。
きっと、今後の記事を読む上ではじめてそのかちがわかると考える。
だから、今回は 数年に分けて申告する と安くなる。
という イメージをわかってもらえばいい。
いつか、他のFX法人体験記を読んだ後に この数年に分けて申告するの意味がわかると思う。

では、また。








にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
最後までごらんいただきありがとうございます。
多くの方に当方ブログを読んでいただきたいので、
おてすうですがクリック御協力お願いします。

スワップ口座のペアの選び方:逆相関ペアだけでは含み損になる⇒バリュー投資ペアへ

スワップ口座のペアの選び方:逆相関ペア⇒バリュー投資ペアへ

(豪ドルドルロング&トルコ円ロング)
現在、私は 豪ドルドルロングとトルコエンロングを持っている。
結果として、スワップも取れるし、為替損益も相殺されて 非常いい感じである。
そこで、これらがなぜうまく行ったか考察する。

(このポジションを持ったわけ)
一言で言うと、偶然だった(笑)
3/17にランドショートを利食って、ランドショート口座が遊んでいたので、
スワップ取りに 豪ドルドルロングを持った。
その後、ランドショートサインが出たので、ツナギのロングとしてあらかじめトルコエンロングを持った。
実は、ランド円のリターンを2倍に増幅させるために トルコエンのロングを持つ手法を実践している。
あいにく、ランド円ショートがエントリー指値にヒットしなかったので、
結果として、豪ドルドルロングと トルコエンロングが残ったわけだ。
気がつくと、この2通貨のペアが予想外にうまく行っている。
そこで、いろいろかんがえたのだ。。。



ランドはどうなるの???☆CarrieBBさんのツール・ド・新興国ブログへGO!->

マイナー通貨のブログ村10位



(スワップ通貨選びは長期の逆相関ペアではない?)
まず、スワップ通貨の選び方として 長期の逆相関ペアを選ぶ方法が一般に使われる。
簡単に言うと、逆相関とは反対側に動く通貨のことである。
FXでは、反対側に動けば為替損益が相殺されるので 安定してすわっぷがとれるというロジックだ。
一見正しいようにみえる。。。

(バリュー投資)
でも、いつも定価で買うのだろうか。
バーゲンセールがあったら たくさん仕入れたいし、 割高だったら様子見したい。
それが普通だろう。
そう、スワップだけではなく 為替差益も考えないといけないのだ。

(逆相関で見るとうまく行かないが、バリューで見るとうまくいく)
今回の 豪ドルドルロングとトルコエンロングは 相関係数は 0.60 
これは、比較的同じように動くという意味。
つまり、逆相関では ありえない組み合わせ。

しかし、現実には非常にうまく行っている。
なぜ???

そう、バリューだったのだ。
トルコエンはバーゲンセールに買えたのだった。

ここで、バリュー投資とは 本来の価値よりも安く仕入れる手法のことである。



FX口座開設で 最高2.8万円+α
☆くりっく365日記GO!->


スワップ派のブログ村12位




(ここ数ヶ月を振り返って)
まず、昨年8月からの相場では、 ドル売り・ポンド売り・新興国(ランド売り・トルコ売り)だった。
このパニック相場では 本来の価値よりも 売られすぎた。
つまりバーゲンセール状態
そこで、仕入れた激安 トルコ円があとから為替益を生んだのだった。

では、なぜ相関係数ではありえない通貨がヘッジ機能をしたかというと、
いまの相場では 戻りである。
ドル買い・ポンド買い・新興国買い
つまり、新興国のトルコが上昇すると 豪ドルドルロングは下がるわけで、
まるでシーソーのようにうまくヘッジできたわけだ。

(逆相関ペア⇒バリュー投資へ)
このように かんがえると 逆相関での通貨選びだけでは スワップ口座はもてないことがわかる。
たとえば、よく知られている ドル円とランド円でいうと、
確かに、逆相関ではある。
しかし、仕入れ時期がドル円が120円のときや、ランド円が15円台のときでは 
せっかくのスワップは 為替損失で吹き飛んでしまう。
いいかえれば、仕入れ時期においてバリュー投資が必要なのだ。

さらに、上記の豪ドルドルとトルコエンのような ペアでも、
バリュー投資での スワップ取りならうまくいくことがある。
逆相関の数字では全くうまく行かないにもかかわらず。

それらの普通では考えもできないぺあでのスワップ取りは 普段から バリュー  を意識することで
これらの実践が可能である。
簡単に言うと、本来の価値より売られすぎていたら 注目である。
もっと、わかりやすい着眼点で言うと 相場でみんながもっとも見向きもしないもの
を意識して、それらの価値を考えること。
ができれば、きっとバーゲン品が手に入るだろう。

日常生活でも 定価ではなく バーゲンで買いたいのと同様に
資産運用でも バーゲンを狙うと いいのかもしれない。

誤解のないよう書いておくと、バリュー投資は 同じ通貨ペアを
別のじきにやったかといって成功すわけではない。
そのときの数ヶ月単位の相場のトレンドによって、組み合わせる通貨ペアが違うのである。
今回の通貨ペアを真似してもうまく行かないこともあるので 念のため書いておく。






にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
最後までごらんいただきありがとうございます。
多くの方に当方ブログを読んでいただきたいので、
おてすうですがクリック御協力お願いします。

トレードノート:比較的わかりやすい相場

これまで数ヶ月のドル売り・欧州買いから
その反動相場である。
比較的わかりやすく、取りやすい相場である。





ランドはどうなるの???☆CarrieBBさんのツール・ド・新興国ブログへGO!->

マイナー通貨のブログ村10位




(欧州売り・ドル買い)
トレード口座
トレード口座は、ユーロドルが下がり、欧州売り・ドル買いである。
マイポジションのユーロドルロングをソンギリし、途転ユーロドルショートとなった。
さらに、ドル買い・欧州売りポジの ドルスイスロングを持った。


(ポンドドルショート)
スイング口座
ポンドドル 4H足を見ると きれいな波を打っている。
そこで、ポンドドルショートをスイングポジションで持った



FX口座開設で 最高2.8万円+α
☆くりっく365日記GO!->


スワップ派のブログ村12位



(新興国)
ランドショートを指しつつも、ヒットせず。
最近、ランドを見て気になるのは 1日の値幅が狭いこと。
普段はランドはボラテリティがもっと高い。
なんとなく変な感じ。
というわけで、ショートエントリー指値を取り消す。

(豪ドル)
スワップ口座の 豪ドル円はすでに利食い済み。
理由は先日書いた 資源価格と 日柄。
日柄としては5月半ばまでモミアイそうな感じ。
その後、上抜けすれば 102円を目指すだろうし、
下抜けすれば、90円前半までの押し目ができそう。
さてどうなるか。。

そのキーを握るのは 豪ドルドルの動き。
きれいなレジスタンス上を未だ保っている。
これが下抜ければ、豪ドル円も下がるのだろう。

どうなるか。。。





にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
最後までごらんいただきありがとうございます。
多くの方に当方ブログを読んでいただきたいので、
おてすうですがクリック御協力お願いします。

最近のコメント
FC2カウンター
先輩FXトレーダー
最近の記事
プロフィール

saru999

Author:saru999
(投資との出会い)
若い頃から投資に興味は持っていました。当時は個別株の本を読んでいました。
そんなときに、外貨預金の発展形としてFXに出会いました。
当時はまだ為替投資が一般に始まったばかりでした。
いろんな人が、他市場の商品相場の手法、株式相場の手法、オプションの手法をFXに持ち込みそれを学びながらトレードしました。

(投資経歴 )
私自身はもいろんなトレードをしました。
シストレ逆張りトレード、裁量トレードやトレンドフォローから始めました。
うねりとり、つなぎうりもしました。
高金利通貨売り等大衆と逆のポジションを取るトレードもしました。
保有期間も日足・中期足・短期足等色々やりました。
さらに、数年前からは自動売買プログラムで資金を運用するようになりました。
MT4/EAを使うようになってトレードの精神的負荷は少なくなりました^^


(現在)
3つの時間軸と手法で運用をしています。
短期はFX。MT4・自作系EA(自動売買プログラム)で為替・金・銀を運用しています。
中期は225オプションです。サヤトリ系トレードを研究しています。
長期は人民元積立投資+つなぎトレードです。
投資を始めて約10年になりますが、投資は奥深く興味が尽きません。
使用プログラム言語はMQL,EXCELVBA,pythonなど。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

有益なリンク集
FXトレード関係
IMMポジション 外為.com
経済指標カレンダーURL
統計資料店頭FX月次速報URL
チャート データ マーケット関係URL
中央銀行 URL国家機関 URL
重要指標の過去チャートURL
債券長中短期URL月10更新
為替レートと2国間金利差の相関チャートURL
トレード用の情報源URL
期間違い相関係数URL 通貨別相関係数URL
過去のスワップ金利URL
トレード英語URL
ポジション売買データURL
OANDAURL
JimRogersBlogURL
建玉数量クリック365 URL


債券・株式・商品
世界の株価URL
債券の利回り比較URL
225出来高日経225
株/外国人投資家の動向URL
日本株外人売買データURL
オプションCDSURL
グロソブウィークリーレポート木曜公表
株・株式優待URL
金建玉URLURL
商品・金銀WTIURL



MT4/MT5/FT2/シストレ系
MT4日本語リファレンスURL
MT4情報BBS等URL
VPSmemoURL
FT2 URL
MT5URL

Windows7 URL
Perl C++ java APIURL
統計解析等URL
4本値データURL
プログラム用英単語URL
WEBラーニングPROGURL
オブジェクト指向/デザインパターンURL


ニュース
動画日経 URL
bloombergURL
nikkeiURL
reutersURL
ラジオTV動画 URL




その他 トレード以外
Google翻訳URL
ThesaurusURL
Skype CommunityURL
かわいい動画URL
みずほ仲値データURL
日米経済調和対話2011.3(年次改革要望書)URL
無料ワクチンMS URL

ブログ関連 挿絵画像URL