スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZARのために GOLDのチャートを見る

(みんなが買えば上がり、みんなが売れば下がるのがマーケット)

ZARは金の生産国です。
USDもEURも買えないだから、GOLDが買われ、ZARが高止まりしている!とみんなが思って
ZARをみんなが買えばZARは上がる。
それがマーケットです。


美人投票では 真実と違っても、自分の誰が美人かを決めるのではなく、
みんなが投票すれば”美人なのです”!

数年間ZARをトレードしていますが、
個人的にはGOLDとZARにどれほどの関係があるかは懐疑的です。
しかし、みんなが関係ある! ときめてみんなが ZARを買えばZARは高いわけです。

ということで、みんながZAR高と考えている根拠のGOLDのチャートを見てみます。





(GOLDのネックライン1145$の逆三尊の高値ヒット)
GOLDのチャートを見ると2つのこと気がつきます。
1つは値段
もう一つは日柄
この両方が見事にきれいに出ているチャートです。






まず、値段をみています。

GOLDのチャート 値段
2010052801



チャートの形から逆三尊が見えます。
2010/2/5の安値1043$頂点。
ネックライン 1145$です。
テクニカルとしてはネックラインと天井の差
1145-1043≒100を
ネックライン 1145にくわえて 1145+100=1245$が GOLDのたかねのターゲットでした。

そして、チャートみると、 2010/5/12の高値1250$にヒットしています。





次に日柄をみてみます。
GOLDのチャート日柄
2010052802


ここで営業日を1barと数えます。
まず、逆三尊の2010/2/5 安値1043$を左右に 45barと47barときれいに対象形です。
日柄もきれいに出ていますね。

ここで 高値の2010/5/12 1250$まで数えると69barとあまりきれいな数字が出ないのです。
変ですよね。
もういちど、GOLDのチャートを見ていましょう。







(GOLD ネックライン1000$の逆三尊の高値)
今度は週足のGOLDのチャートを見ています。
ここにもきれいな逆三尊が見えます



GOLDの週足チャート 値段
2010052803



ネックラインは1000$です。
逆三尊の安値は 2008/10/19の 681$です。
上記と同様に GOLDのテクニカル上の高値の目標値は
1000-681=319$
ネックライン 1000に 319を加えて 目標値は1319$です。
この目標値1300$は チャート上達成されていません。






ということで、その日柄をみてみます。
GOLDの週足チャート 日柄

2010052804

天底を拾っていくと、
35 33 32 32 33 28 と似た数字が並びます。
きれいなチャートですよね。


もしも、このままGOLDが現在の高値1250$を上抜いたら、つぎの1300$超の高値達成の日柄もきれいな並びになるのかもしれません。





(ZAR)
最後に、本題に戻ります。
第二の基軸といわれたEURが売り込まれました。
原油(WTI)の崩れから、資源国のAUDが売られました。
・・・
説明するまでもないですね。
GOLDが崩れるときにZARのチャートはかなりあれるはずです。

かりに、GOLDが長期上昇トレンドといえども、下がってくるおしめはあるわけです。
そもそも、2008/10/19のGOLDの安値が681$なのに、1300$いえば約2倍です。
あまりにも、上昇スピードが速いが故に、押し目も大きくなる可能性があります。

そのときには ZARのポジションはご注意ください。

もしかしたら、GOLDのチャートを定期的に見ることで、ZARの危険がわかるかもしれません。











ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

おかげさまで ブログ11万アクセス~ありがとうございました。




(お礼)
2006年12月にこのブログを書き始めて ブログアクセス数11万になった。
皆様のおかげです。
ありがとうございました。
今回も節目ということでこのブログを振り返ってみます。

ちなみに、これまでの節目は次のような感じです。

・過去の記事
ブログを振りかえる おかげさまでアクセス1万突破
http://euro200enn.blog80.fc2.com/blog-entry-395.html


60000アクセス(祝  ブログを振り返る
http://euro200enn.blog80.fc2.com/blog-entry-296.html


4万アクセス突破(喜
http://euro200enn.blog80.fc2.com/blog-entry-247.html


祝・2000アクセス
http://euro200enn.blog80.fc2.com/blog-entry-47.html




(ブログを書いて失敗、そしてまた失敗)
さて、ブログを振り返ろう。
実は この1年数ヶ月でいうと大きな失敗が2つあった。
一つはこのシリーズ。
もし90円豪ドル円ロングをもったとしたら、3500PIPSの含み損~円高でもクロス円ロングの含み損ゼロ!其の手法とは
結果として9回程度まで書いたところで止まってしまった。
それは、毎日500アクセスという非常に大きな期待があって、より多くのことを書こうと
範囲を広げすぎたために最後まで書ききれなかった失敗であった。
期待していただいた皆様にお詫び申し上げます。

次の失敗は 反対側の失敗。
上記は読者を意識しすぎたので、次は自分の近況のみを書くようにした。
そうしたら、毎日20アクセスということになった。
たしかに、読者からみると読む価値のないブログだったのでしょうね。






(最近)
そこで、最近は 2つの記事を書くようにしている。
1つは上記のような私指針のこと、近況報告。
たとえば、メタトレーダーの勉強履歴の「デバッグを楽にするプログラミング」シリーズ。
もうひとつは
チャート分析などの読者に受け入れてもらいやすい記事。
この2つを書いている。
おかげさまで、毎日80アクセスぐらいとなっている。




(今後)
チャート分析の記事はある欠点がある。
それは数週間するとチャートが動くために 記事の賞味期限が来てしまうことである。
そこで、今後は賞味期限の長い記事。3番目の種類の記事を書けたらと思う。
たとえば、これまで書いた例では「FX法人体験記」など。
「サワサワトレード」についても書いてはみたいが、少し時間がかかるかも。
このトレードはすでに1年数ヶ月の実験講座があるので、そこで得たものをまとめたり、
バックテスト結果を書いたりしたいが、でーたをまとめるのに先になりそうであるからである。
3番目の賞味期限の長い記事はなかなか書けないので、少しすこしずつかけたらいいなぁ という願望を込めて
書き残しておきます。



今後とも、気長におつきあいお願いします。
   








ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村

プログラムの読み手にわかりやすく書く~デバッグを楽にするプログラミング(6)


このようなコードがあるとします。
value= *p++;

これはどのような意味なのでしょうか?
value=(*p)++;と解釈されるのか。
それとも
value=*(p++);という意味なのか。
迷う方もいらっしゃるかもしれません。



文法的な正解を書くと
「ポインタの指す先の値を示す*演算子と、インクリメントを示す++演算子の優先順位は同じである。
評価順位は右から左なので、*p++は *(p++)と等価である」
ということです。

では 自分がプログラムを書くときにどう書いたらいいか。
それは、「自分が期待するとおりに、素直に( )をつけて書く」 ことです。







別の視点でこのことを考えてみましょう。
第三者が書いたこのプログラムを 私が読むことを考えてみます。
そのときに value=*p++; は3つの疑問が生じます。

1,自分に対する疑問
*p++は (*p)++か それとも*(p++)か?

2,コンパイラに対する疑問
*p++ は *(p++) だとわかったが、コンパイラは正しくコンパイルしているのだろうか?

3,プログラム作成者に対する疑問
*p++ は *(p++)とわかったが、 プログラムの作者の意図は*(p++)でいいのか?



これらをかんがえるために デバッグには時間がかかるわけです。

くりかえしになりますが、文法的な正解よりも、後から書く他人を考えながら書くことは重要です。
プログラム作成者の意図などは知らずに読むと考えるべきです。
そのためには、後から読む読者にわかりやすく書くことが デバッグの時間を減らすことになるわけです。





ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村

ZARは 金相場とUSDZARに注意

(売買比率)

2010052101




FXonlineの売買比率をみるとクロス円・高金利通貨ロングポジションが多い。
日本人は外貨預金代わりにFXを使っているということなのでしょうね。
上げ下げを取りに行くトレードをする人は少数派なのかなぁ。

特に新興国ZARJPYロングポジションは96%です。


私は2006年ぐらいからZARは売りポジションばっかりやっているのですが、
ZARのロングポジションは非常に難しいです。

数年間FXでいろいろなロジック、いろいろな通貨をみましたが、
ZARの買いポジション・長期保有ほど難しいものをみたことがありません。







(ZARJPYでなく、USDZARをみたほうがいい)
そろそろ、本題に入ります。
2009年秋リーマンショックから立ち直ったときに買われたものがあります。
EUR
中国株
AUD
ZAR
GOLD

これらは売られすぎた故に買い戻されました。
そして、天井をつけて再び下落したわけです。
天井をつけた時期は  EURUSDは2009年12月。
中国株は最近2010年4月末。
AUDは最近の2010年5月。。。

でも、未だ下落トレンドに入っていないものがあるのです。
GOLD、ZARです


マーケットではみんなが買ってしまえば後は下がるわけです。
だから、GOLDやZARだけがこのまま上昇ORレンジとは考えにくいわけです。

ZARJPYに関しては 先日書いたレンジ内ですが、
レンジ抜けはZARJPYよりも USDZARをみた方がわかりやすいです。


2010052102

USDZARはチャートが逆なので上に行くとZARが売られるわけです。
月足のZAR買い2009/9月から2010/4月まで何度も試したものの失敗。
今度はレンジの反対ZAR売り方向へ試しています。
もう少しいうと、2009年12月を、2010/2月でブレイク
さらに、この2010年2月のレジスタンスを今回の2010/5月では ZAR売り方向へブレイクしています。

ZAR買いポジションは用心すべきチャートなのかもしれません。






(ZARJPYの買いポジションの取り方)
最初にも書いたようにZARの買いポジションはすすめません。
それでも、どうしてもZAR買いをしたい人にZAR買いのアイデアを書いておきます。

ZARJPYの買いの難しさは 「ストップ注文がかかりやすい」 ということです。
いいかえれば、ストップ位置が明確なときに入ればいいわけです。
そして、ZARJPYの特徴に「2番底 3番底が汚い」というものがあります。

・2006年ZARJPYチャート


20200521034

チャートで 
1番底(A)
2番底(B)
3番底(C)
としました。
 
まず、1番底(A)でZARJPY買いをするのは 「落ちてきたナイフをつかむので危険」 なのでノーエントリーです。

そして 2番底(B)や 3番底(C)をみると、かなりいいポジションを取れそうですね
しかも、1番底があるので、「ストップ位置」が明確です

もちろん失敗例もあって
2番底(B)で入っても、1番下抜け(D)もあります。
このときは、いったん切って、ふたたび、暴落後の2番底(B) 3番底(C)を狙う方がベターでしょうね。

最後に、まよったら次を待ちましょうね。
同じような相場は ”くさるほど”やってきます。
そのときに、元本さえ残っていればいくらでもやれますから。









ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村






AUDが弱含み

5/6 LO 76.63まで下がりましたが、、、AUDは買いにくいですね。
振り返ると、AUDは 2009年初めから約1年数ヶ月 おしめを買えば儲かる通貨でした。
20100501702


それは 先進国で数少ない利上げを続けたからです。
お金は景気のいい国に集まり、景気のいい国とは利上げをしている国なために、このようなチャートになったわけです。
しかし、AUDの利上げ据え置き&他国の利上げ期待となれば、AUDポジションをみんながりぐっているので、
AUDに上昇力は以前ほどなくなっている感じです。

ということで、AUDは 値頃感では買いにくい感じです。

今回はそんなAUDのチャート等を記録として残しておきます。










・クリック365出来高
クリック365の出来高をみると500000と
ものすごく多いです。
出来高のチャート
2010051901










・IMMポジション
IMMの出来高も数週間前から減っています。
AUDのポジションの利食いが行われているようですね。
IMMチャート
20100505









AUDNZD月足チャート



テクニカル的な説明をすると、
そもそもAUDNZDは月足でこの10年をみると 1.32-1.04れんじです。
現在のレベルは高値圏です。AUDがNZDに対してかなり買われているということです。
そして、チャート的に三角形ができているので、このレジスタンスラインをした抜けすると
一時的には 1.2のレジスタンスがあるでしょうが、さらにして抜けると
三角形の底辺 約1300P なので
下抜けは 1.25-1300P=1.12 まで下がることになります。
     といっても、1.1ぐらいになるのは1年以上の時間がかかりそうなので、かなりゆっくりだとは思いますが。
大事なのは AUD<NZDのトレンドへの転換点であるということです。

少し前にも書いたように その数週間のAUDJPYとNZDJPYのチャートを見比べるとわかりやすいのですが、
AUDJPYの上昇力は弱いです。 ということで、用心が必要です。










・ WTI弱含み
資源国として、商品価格の1つとしてWTI(原油)チャートを見てみます。
弱そうですね。
2010051704








(マイポジション)
私は数年間 AUD BUY &つなぎNZD SELLという うねり取りの口座を持っています。

ということで、AUDJPYは 2010年5月6日が一段下げでしたが、今後数週間後に起きるであろう、2段下げの底をみてみないと
AUDJPYは買いにくいなぁ。という印象です。






ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村

割り算の型宣言に注意~デバッグを楽にするプログラミング(5)



私は今メタトレーダーの勉強中である。
EAを書くと、プログラムを書く時間よりもバグ取りをする時間の方が長く、
いかにバグを出さないプログラムを書くかを思案している。
今回はその勉強履歴である。






今回は割り算をするときに 宣言の方によって答えが変わってしまうという話。




Aプログラム a[]を整数配列にした場合

int a[NUM]; /*整数型*/
double S1,S2;

S1=S2=0.0;
for (i=0; iS1 +=1 /a[i] ; /*式1の計算*/
S2 +=(i+1) /a[i]; /*式2の計算*/
}



このAプログラムの場合、重大なバグがあります。
a[]が整数型で宣言されているために、割り算の分子も分母も整数型になってしまうのです。
よって、整数の割り算が行われるのでS1とS2の結果は変化してしまうわけです。






そこで、次のようにプログラムを修正します。

Bプログラミング a[]をdouble型にした場合

double a[NUM];
double S1,S2;

S1=S2=0.0;
for(i=0; iS1 +=1.0 /a[i]; /*式1の計算*/
S2 +=(double)(i+1)/a[i]; /*式2の計算*/
}

a[]の配列をdouble型に変更した。
そうすると、バグのは入り組む隙はないのです。





大事なことは、別の人がこのプログラムを読んだときに、
「この部分の割り算はdouble型で行うべきである」
というメッセージになります。

割り算は 整数で行われるときと 浮動小数で行われるときで、
結果の値が異なるために 明示的なキャストを行うべきです。




最後に、この割り算の型宣言に注意する理由は
一言で言うと、コンパイルエラーのようにプログラムが動かないのではなく、
プログラム自体は動き、計算結果は出てしまうのに、
想定外の結果が出るからです。




動いてしまうバグはやっかいなので、気をつけたいのです。

トイレの神様~トイレはウンがつくのではなく、女神様がいるそうだ(^^)



親孝行していないなぁ
と反省する日々です。

うちの親は 「親孝行はしなくていい。親の恩は子に返せ」
といわれていますが、、、
私には子供がまだいません。
それどころか、パートナーがいません。

FXばかりやっている私はあきらかに 親不孝者です(爆

今日も、チャートとお話しする私です(汗

キウイ円 2010年11月 78円か?

( キウイ円72円台はいつ?)
5月7日に暴落した通貨が4つあった。
こういうときは、通貨の強弱がわかりやすく、今後買うべき通貨をみるチャンスでもある。
                       {時間の都合で結論だけ書いて理由を ちょっと 省略します}
結論を書くと、NZD AUD GBP EUR の4つの通貨のうちで、買うべき通貨は NZDJPYである。
理由は、、、(略)
そして、NZDJPYを買ったときに利食いターゲットの値段は 72円台である。
では、いつかというと、、、これがかなり難しい。
本命は 7月の第1週なのだが、
対抗が 6月の第1週目。。。
どちらなのか。ものすごく迷っています。
と いうことで、キウイのチャートを眺めること数時間。

全く別のことに気がつきました。

ということで、別の話題になるために 
前振りは 結論だけで理由は省略したわけです。
←手抜きですみませんm(_ _)m そうしないとさいごまでかききれそうにないので。






さて、本題に移ります。




(本題 キウイ円 2010年11月 78円か)

一言で言うと、キウイ円は月足から
2010年11月に78円になるのか?
という話です。








日柄 2010年11月

まずは、キウイ円の月足から日柄を考えます。
・チャートキウイ円月足チャート

32010051304


このチャートでは
上昇トレンド=キウイ円月足のろうそくがMAよりも上にあるとき
下落トレンド=キウイ円月足のろうそくがMAよりも下にあるとき
として、
上昇トレンドの時は天井の年/月を、
下落トレンドの時は底の年/月を選びました。
すると、きれいな数字が出てきます。

チャートをごらんをいただければわかりますが、
ろうそくの本数をbarといえば、
その天天の間隔は20bar~22barです。


それと、これらは上昇トレンドの時は天井をつけていることから、
今後ろうそくがMAより上ならば、上昇トレンドなので、
この次の大天井は
この前の底 2009年2月+21bar=2010年11月ということです。










次にそのときの値段です
キウイ円の月足チャート
2010051303


日柄よりも値段の方が難しいですが、考えてみましょう。
この月足チャートを見ると 上昇トレンドの時は 下がったPIPSの2倍上昇しています。
上昇を赤の矢印で書いてみましたが、
その直前の下落の約2倍上昇しているのです。
ということは

今回、2009年10月から約900PIPSさがっています。
安値を60円とすれば、
60円+900PIPS+900PIPS=
78えんです


上記から
2010年11月に キウイ円が78円へ ということです。








(最後に)
当方は この記事によって生じた損失は一切の責任を負えません。
唯一できるのは 貴方と一緒に泣くことだけです。
なぜならば、そのときは私も同じポジションを持っているので、
私も泣きたいからです(爆

ランド円レンジが続く すでに1年がたちました

昔から私をご存じの方は、既知のことですが、
高金利通貨のランド円ショートが大好きな変人トレーダーの私です。
ということで、久しぶりにランドの話を書いてみます。





昨年5月にランド円がレンジを作り出してから今月の5月でちょうど一年になりました。
チャートを見るときれいなバンドに収まっています。

ランド円のチャート
20100511


現在のレンジは 13円-11円ですね
ランドは15円ぐらいの時は3円レンジだったので、
3円/15円=20%。
今は 2円レンジ/11円=約18%です。
妥当なレベルです。

このレンジは上にも上がれず、下にも下がれず。
そんな感じです。







上に上がれない理由はUSD/ZARの月足レジスタンスラインにあります。
わかりにくいかもしれませんが、USDZARはチャートが逆なので、下に行くとZARが買われるわけです。
すなわち、USDZARがしたぬけしないならば、ZARJPYは上昇でないということです。
20100511-1





一方、逆に下がれない理由はギリシャ問題のユーロ売りから、
ドル ユーロ そして、金相場にあるわけです。
マーケットはジャブジャブマネーのドルに、
先日のギリシャでユーロもジャブジャブに紙幣を刷ったわけで、
行き場を失ったマネーはGOLDへ。
そう。ZARはGOLDの産出国として有名です。
金相場は現在2009年12月の高値1200$へ再トライという感じです。
20100511-3







そんなわけで、ZARは上も下も動けない状態です。

もちろん、正確に言うとランド円のこの1年のレンジの中にも変化はあるのです。
それはドルランドとドルトルコのチャートを比べるとわかります。

今日は時間があまりないので、また機会がありましたら、ランドの記事を書いてみたいと思います。









最後に、私自身への自戒を込めて書き残しておきます。

今回のランドのレンジ相場のようなものは 非常に簡単に儲かりそうに見えます。
じじつ、多くの人がこの1年にランドのレンジで儲けたはずです。
しかし、みんなが儲かる相場は危険が近い相場でもあるのです。
自分が儲かっているときこそ用心してトレードすべきです。
トレードに用心のしすぎはありません。












追記)
私はGOLDの高値を予想できませんでしたが、以下のブログに
GOLDは1000$を境に逆三尊が形成されているので、GOLDの高値目標は1300$という記事がありました。
たしかに、GOLDのチャートを見てみるとそうも見えます(汗
優れた人にはみえるのですね(汗;
さすがです。


詳しくは下記をご覧ください。
2010年05月12日05:59 カテゴリ株式(日本+海外)&商品・為替[edit]
単なるチャート : ゴールド 新値の金価格 EPSが無いから、チャートと相性が良さそう

かつて私もトレンド相場で大損をした~近況報告




(大きなトレンドは大もうけできる相場)
マーケットが大きく動いています。
ベテラントレーダーはこの1週間で今年最高の利益をたたき出しているようです。
わたしも このトレンドに乗って大きな利益を手にできました。




(かつて私もトレンド相場で大損をした)
一方、レンジを得意のする初心者の中にはロスカットされたという人もいるようです。

まるで昔の私をみているようです(汗
私もかつては長いレンジで積み重ねた利益をトレンド相場で吹き飛ばす。
そんなことをしていました。

昔は、マーケットへ高い授業料を払いながら、なんどもトレンド相場でははじき飛ばされました

転機はレンジを捨てて、トレンド相場だけを取りに行く そういうやり方へ変えたからです。
いや、変えなければ、マーケットから退場してしまったからです。

ということで、私の経験から トレンドトレーダーへのポイントをいくつか書いておきます。




(トレンドトレーダーへのポイント)
興味のある方はデモ口座でお試しください。
1,損切り
できる人には当たり前なのですが、退場しないためには損切りができなければなりません。
違う言い方をすれば、明確な損切りのできる場所でエントリーすべきです。
損切りPIPSが大きいならば、それは損切りではなく、えんとリーポイントが間違っているのです。
そんなことをしたら、
トレードプランのうち わずかなとれーどしかできないのでは?そんな疑問があるかもしれません。
それでもいいのです。
損をするよりも、ノートレードの方がいいわけです。




2,利を伸ばす
損切り以上に難しいです。
一言で言うと、
小さな利食いは 損切りなできない のと 同罪である。
ここで疑問があるかもしれません。
そんなことをしたら、含み益だったポジションがマイナスで決済することになる。
心理的にも、金銭的にも受け入れられない。

その気持ちはわかります。
わたしも同じ経験者でしたから。

でも、これをためして、数ヶ月後口座残高を振り替えってください。
これまでよりも多くの残高になっているはずです。
念のために申し上げれば、
勝率は間違いなく落ちます。
でも、残高が増えるのです



言葉で書くのと簡単なのですが、
実践となるとかなり心理的に難しいです。
でも、これができるようになると トレードの新しい世界が見えてきます。

新世界をみてみたい方は数ヶ月デモトレードをして、
自分のトレード履歴を研究してみてください。

その中に、シアワセになれるヒントがあるかもしれません。

損益曲線が右肩下がりのEAの使い道・・・あきらめの悪いあがきの記録(爆

EAをはじめて自作しました。

やっと出来て、損益期曲線をみたら見事なまでの右肩か下がりの損益曲線。

使えないかぁ。
と思ったが、あきらめが悪いので少しいじってみることにしました。


まずは、最初の右肩下がりの損益曲線
ロジックは 逆指値で買いブレイクアウトシステム
2010050501


入り口と出口が悪いのであるから
LimitとStopを逆さにした。
ロジックは 逆指値で買いブレイクアウトシステムのまま
2010050502
あまり変わらず。
右肩下がりの損益曲線のまま。

うまくいかないかぁ。
あっ。
LimitとStopを逆さにするのではなく、売りと買いを逆にしたら、、、
ということで、ロジックを 指値で売りにしてみました。
結果は
2010050502


結局、どれも使えないじゃん!
という結果でした(爆






でも、、、

いやぁ~MetaTraderってすばらしいですね。
ボタン一つ ポチッ!で 5年分の1分足のバックテストが出来てしまうのですから。
おもしろすぎます。

もし、手計算で目視で5年分の1分足バックテストをしたら、どれほどの時間がかかるのでしょうね。
想像できません。




ところで、、、


えっ?
反対に儲かる右肩上がりの損益曲線のEAをひっくり返したら、儲からない右肩下がりのだめなEAになるかって?
おもしろい疑問ですね。

でも、今は私は検証できないんです。
なぜかというと、儲かるEAがつくれていないからです(爆





私の現在の仮説では
右肩上がりのEAには2種類ある。
(A)勝率がいいが、PFは1を割るようなしすてむ
(B)勝率は5割いや4割を切るが、PFが2や3になるようなシステム。
このAとBはシステムをひっくり返したときバックテストの損益曲線が全く異なるのではないだろうか?

検証をしていないので、推論だけで書くのはここまでにするが、
いいかえれば、システムをひっくり返すことで、AとBの分類が出来たり、そんな使い方もあるのかなぁ。
と漠然と考えています。

といっても、全く検証できていないのですが(大汗

手強いバグとは~デバッグを楽にするプログラミング(4)



どんなバグでも困るモノではあるが、バグには種類というか、
困り具合のレベルがあるようだ。

一番楽なバグは コンパイルエラー
{}の片方が足りない。
ゼロで割り算した。
このようなときは、コンパイル時にエラーが出て、プログラムの行でどこがエラーなのかわかりやすいのである。
そして、プログラムは動かないわけである。






では、反対に手強いバグとは、、、
プログラムが動いてしまうバグである。
たとえば、メモリーリークというバグである。
malloc()で獲得したメモリは使用後にfree()で解放する必要がある。
しかし、解放を忘れると、バグになるである。
このバグの困るのは、
メモリリークは発見しにくく、発見をしたところで非常に原因を突き止めにくいやっかいなバグです。
それは、エラーが出た行とはるか遠いところで、バグの原因があり、
時間的にも、すぐにはバグにならず、再度呼び出されて時にエラーとなるためです。



デバッグを楽にするためのプログラミンとしては
プログラムをもっと丁寧に時間をかけて書くこと
そして、デバッグの時間を減らせるようにすること。
そうすれば、プログラム完成までの時間や労力がもっと少なくなる。

のであるから、
プログラムを書きながら、今書いているところはどんなバグになるのか?想像し、
さらに 手強いバグになりそうなときは より時間と労力をかけて書く方が
結果として楽にプログラムが完成するのかもしれないですね。

関数の引数やローカル変数を 別の用途に使用しない~デバッグを楽にするプログラミング(3)

(デバッグの勉強履歴)
ごらんのように私の今のレベルは コンパイルエラーは何とかしのげているのが、
思った通りのEAまではかけない。
そのためのプログラム変更。そしてバグ取りをいかにするか
というのが現在の悩みです。

ということで、デバッグの勉強履歴として 本シリーズを書き続けます。
おつきあい、よろしくお願いします。





関数の引数やローカル変数を 別の用途に使用しない

もし、関数の引数を別の用途に使用すると困ることになる。
それは、あとからプログラムを追記したときに 引数が値が変わってしまっているためにそのまま利用することが出来ないからである。
最悪なのは 引数が変わっていることに気がつかずにその数値を使ってしまうことである。
もちろん、予想外のプログラム結果となるわけである。

かりに、引数が変わっていることに気がついたとしても、再利用しているコードのすべての修正が必要になる。
この場合、関数の処理内容と内部の論理をしっかり考えないと判断できなくなります。
修正時の労力は大きくなるわけです。



同様の論理で、1つのローカル変数を複数の目的に利用しないこともすべきです。


結局、解決策としては
別の変数を定義して その変数を利用すべき ですね。



プログラムが予想外の動きになれば 当然バグの原因になるわけですから。
最近のコメント
FC2カウンター
先輩FXトレーダー
最近の記事
プロフィール

saru999

Author:saru999
(投資との出会い)
若い頃から投資に興味は持っていました。当時は個別株の本を読んでいました。
そんなときに、外貨預金の発展形としてFXに出会いました。
当時はまだ為替投資が一般に始まったばかりでした。
いろんな人が、他市場の商品相場の手法、株式相場の手法、オプションの手法をFXに持ち込みそれを学びながらトレードしました。

(投資経歴 )
私自身はもいろんなトレードをしました。
シストレ逆張りトレード、裁量トレードやトレンドフォローから始めました。
うねりとり、つなぎうりもしました。
高金利通貨売り等大衆と逆のポジションを取るトレードもしました。
保有期間も日足・中期足・短期足等色々やりました。
さらに、数年前からは自動売買プログラムで資金を運用するようになりました。
MT4/EAを使うようになってトレードの精神的負荷は少なくなりました^^


(現在)
3つの時間軸と手法で運用をしています。
短期はFX。MT4・自作系EA(自動売買プログラム)で為替・金・銀を運用しています。
中期は225オプションです。サヤトリ系トレードを研究しています。
長期は人民元積立投資+つなぎトレードです。
投資を始めて約10年になりますが、投資は奥深く興味が尽きません。
使用プログラム言語はMQL,EXCELVBA,pythonなど。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

有益なリンク集
FXトレード関係
IMMポジション 外為.com
経済指標カレンダーURL
統計資料店頭FX月次速報URL
チャート データ マーケット関係URL
中央銀行 URL国家機関 URL
重要指標の過去チャートURL
債券長中短期URL月10更新
為替レートと2国間金利差の相関チャートURL
トレード用の情報源URL
期間違い相関係数URL 通貨別相関係数URL
過去のスワップ金利URL
トレード英語URL
ポジション売買データURL
OANDAURL
JimRogersBlogURL
建玉数量クリック365 URL


債券・株式・商品
世界の株価URL
債券の利回り比較URL
225出来高日経225
株/外国人投資家の動向URL
日本株外人売買データURL
オプションCDSURL
グロソブウィークリーレポート木曜公表
株・株式優待URL
金建玉URLURL
商品・金銀WTIURL



MT4/MT5/FT2/シストレ系
MT4日本語リファレンスURL
MT4情報BBS等URL
VPSmemoURL
FT2 URL
MT5URL

Windows7 URL
Perl C++ java APIURL
統計解析等URL
4本値データURL
プログラム用英単語URL
WEBラーニングPROGURL
オブジェクト指向/デザインパターンURL


ニュース
動画日経 URL
bloombergURL
nikkeiURL
reutersURL
ラジオTV動画 URL




その他 トレード以外
Google翻訳URL
ThesaurusURL
Skype CommunityURL
かわいい動画URL
みずほ仲値データURL
日米経済調和対話2011.3(年次改革要望書)URL
無料ワクチンMS URL

ブログ関連 挿絵画像URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。