逆張り系通貨??? いや雑談です

通貨によって利が伸びるトレンドフォローが機能するという話を前回書いたので、
今回は利が伸びない逆張りが機能する通貨について書いてみます。

その通貨はUSDJPYですね。

現在もEURJPYでも底堅いですし、AUDJPYでも大きくは崩れない=JPY売りですが、
EURUSDやAUDUSDでは上昇=USD売りです。
USD売り&JPY売りで、同時に売られるのでレンジを形成しています。
USDとJPYは同時に売られたり、同時に買われたりするのでレンジが出来やすく逆張り系のロジックが機能するとしられています。

裁量のスキャルも逆張りでドル円トレードする人が多いようです。
国産有名EA Mizutoriも ドル円カウンタースキャルとして開発されましたよね。
日足でもドル円を乖離率が大きくなって逆張りで入るとうまくいくことが知られています。

私はトラリピが専門ではないのですが、長期的に見てトラリピ系の逆張りではこういうレンジを作りやすい通貨が機能するのでは。。と思っています。
バックテストもしないで勝手なことを書いて…
としかられそうですが。。。。






よだんですが、EAにおいてバックテストをする前にどのロジックが機能するかはある程度の目安がつくといわれています。
それは、基本統計数値ですね。
http://www.aoni.waseda.jp/abek/document/spread_sheet_mean.html
4本値のデータを見たときにEXCEL等で
平均 average(範囲)
標準偏差 stdev(範囲)
中央値 median(範囲)
最頻値 mode(範囲)
尖度 kurt(範囲)
歪度 skew(範囲)
最小 min(範囲)
最大 max(範囲)
をだすことでわかるようです。
”ようです”と書いたのは最近私はEA研究をさぼっているので説得力がないのですが。。。

記憶をたどりに簡単に言うと、基本統計数値を見ると4本値のデータの分布がわかります。
データが東京タワーのようにとんがっているならば、中央にデータが集まっているわけですから、トレードロジックは中央に回帰する逆張り系が機能するわけです。

それとは、逆の場合 4本値のデータの分布が東京ドームのような(お椀をひっくり返したようなデータ分布ならば)グラフの両端が伸びているわけですから、=tailがながいわけですから、順張り系のトレンドフォローロジックが機能するわけですね。
これはEAのバックテストをする前に目安としてデータを見ておくと悪くないかもしれません。



きがつくと、書き始めた記事と、書き終わった記事では、内容の方向がずれている気がしますが、とりあえず記事をアップすることにします。




えっ?
支離滅裂なのはこのブログはよくあることだって?
そう言ってもらえると助かります。

そう思わなかった方はすみませんが,
そういうブログなんで なれてもらえると嬉しいですorz




ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村

最後まで書ききれませんでした。

先日の記事で

EURUSDやAUDUSDなどの通貨は利が伸びます。
というのと、
利を伸ばすのがむずかしい
というのに興味を持ってもらった方がいるので、もう少し説明します。

ひとことでいうと、数ヶ月続いて1OOOPIPS以上続くトレンドに順張りで入れば利は伸びます。
普段100PIPSしか動かないところで100PIPSとるのは天才的な技術が必要ですが、
強烈なトレンドの1000PIPSうごくところで数百PIPSとるのはそんなに難しくはないんです。
後者は「簡単な相場で稼ぐ」という話です。

利益の源泉となるも、強烈なトレンドがなぜできるかというと
景気の悪い国からマネーが流出し&景気のいい国にマネーが入るということです。

オセアニアのAUDは資源国
欧州の   EURは 独を中心とする国
      USDは 赤字国 基軸通貨

国を見てみると国の構造が違うので、景気が良くなるタイミングが半年や1年ぐらいはズレるのです。
よって、異大陸のEUR/USDや AUD/USDはトレンドが始まると、トレンドフォローロジックが機能するわけです。

あとは、中央銀行の行動にも寄ります。
インフレと景気が良くない状態になったときに違いが顕著です。
ECBはインフレ撃退を重視して、利上げをするために景気悪化が長引くのに対して、
FOMCは景気を良くすることを重視して金融政策を決めます。

最近では ECB 2008/7の4%→4.25%が
http://www.gaitame.com/market/seisakukinri.html
わかりやすい事例ですね。
そのわけはEUの存在意義です。
ナチスドイツの欧州を戦渦に巻き込んだ反省から生まれたEUだからですね。。。







私saru999の文章能力が足りずうまく書ききれません。
すみませんが、途中ですがこの記事を終了します。
すみません。

書いたこのままあっぷします。

シンプルトレード=駄ネタブロガー

FXブロガーのはずだったのですが、気がつくと駄ネタブロガーになっているsaru999です。

正確に言うと、FXのことを書いているつもりではあるのですが、書き終わると駄ネタ記事になっています。
理由はわたしのFXのトレードが非常にシンプルだからです。



たとえば、数回前に書いたAUDUSD買ポジションですが成行で買ってそのままです。
現在数百PIPSの含み益中
トレードロジックは前回書いたように、含み損なら切る・含み益なら利を伸ばすために放置です。
含み益の間はポジションを持ったままやることがあまりありません
ということで、ブログもあまり記事がありません。
気がつくと駄ネタということです。



利が伸びるというのは通貨によっても違いがあるのですが、
EURUSDやAUDUSDなどの通貨は伸びます
理由は異大陸の通貨の組み合わせだからですね。
欧州通貨/米国通貨や、オセアニア通貨/米国通貨というのが理由です。
さらに、マーケットには 株式相場・商品相場・債券相場・為替相場とありますが、トレンドが続きやすいのは、商品相場と債券相場です。
ゆえに商品相場に影響を受けてのAUDUSDはトレンドが続くようです。
オシレーター系で買われすぎでもさらに上昇していく。
AUDUSD通貨にはそういう特徴があるようです。
それからAUDの先日のCPIが3.3%とインフレターゲットの3%を超えているので利上げが予想されています。
http://www.gaitame.com/market/indicator_aus.html
5/3のRBAでしなくても、6/7のRBAでは利上げしそうなのでチャートに織り込まれてきてAUDが上昇してきています。



私のテーマの口座のトレードは非常にシンプルです。
後から買う人がいればトレンドは続くし、もういなければトレンドは終わる
それだけです。
だから、ブログもシンプルすぎて駄ネタです。








上記とは無関係ですが、かわいい動画があったので紹介します。
スコティッシュフォールド もみもみ♪



ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村

雑談 年齢? 性別? 性格?

トレードは年齢・性別・性格は無関係の世界。
唯一、トレード履歴だけがすべての世界。
ある意味フェアな世界であります。

それゆえ ネットでは、年齢や性別や性格に無頓着にしていました。

そういれば、saru999は男ですか?女ですか?と聞かれたことがあります。

私もあるFXトレーダーが男性なのか女性なのかわかないままです。
でも、トレードに無関係なので聞いたことはありません
そんな感じでした。。。。





しかしリアル出会うとなるとこれらの「年齢・性別・性格」が気になり始めました
私はある人のブログにタメ口でコメントをしていたのですが、かなりの人生の先輩なのかなぁ(大汗
どうしよう。
背中に汗が流れました。
私の失敗です(爆






そして、FXブログはトレードのことしか書かない人が多いので性格が全くわかりません
それゆえ、最近はブログに張ってあるyoutubeの音楽を聴きながら、その人を想像しています。
「このひと、家族を大事にする人なだぁ」とか、
「若い! こういうセンスなんだ!」
とか 驚くことばかりです。

FXはチャートの向こうにいる別のトレーダーのポジションを想像するのが仕事ですが、
音楽から未だ見たことのない人を想像するのも楽しい日々であります。





ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村

鎌倉投信(結い2101)始めてみました。

2011.3.11から始まった地震・津波・原発問題が始まりました。
約1ヶ月以上がすぎて振り返ると、地震・災害で株を買う人たちがいたこと。 
目的は、値上がりを目的にするのではなく頑張っている企業への応援の投票行為として
投資というとお金を増やすことを目的とするのですが、それ以外のお金の使い方を認識した日々でもありました。
しかし、私は個別株投資はしないので、どうしようかと迷っていたら、鎌倉投信というのに出会いました。
ひとことでいうと、お金を社会に役立ついい会社に投じることで、社会全体が良くなる。というコンセプト。
http://www.kamakuraim.jp/blog.html?div=voice
20110422

投機でも投資でもなく寄付に近い感覚でしょうかね。
震災への義援金が一時に使われてしまうならば、結い2101へのお金はもう少し長期に社会へ影響を与える感じなのかなぁ。。。
少額ですが、結い2101を始めてみます。







ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村

商品相場が暴騰・・・AUDUSDも上昇中

・商品 GOLD

商品価格が暴騰しています。
そこで、商品のチャートとしてGOLDのチャートを見てみます。

GOLDのチャート
20110422G

ご覧の通り上昇トレンドです。
商品相場は一方にトレンドが出来るとそのトレンドが長続きすることが知られています。
それと、以前も紹介しましたが、周期性があるようです。
そこで、日柄を数えると週足で数えてみます。
天井を拾うとチャートに書いた縦線のように30週サイクルのようですね。
今回は2011/1/2の次の上昇トレンドなので、
2011/1/2+30週目=2011/8月の第1週目ですね。
すなわち、途中で押目が出来るにしても夏ぐらいまではこの上昇トレンドが続きそうです。





・FX
商品相場が上昇すると、
資源輸出国にマネーが入り、同資源国通貨が買われうるので、
資源国のAUDのチャートとして
AUDUSDチャート
を見ています。
2011042203

説明の余地がないですね。
高値更新の上昇トレンド
途中押目が出来るにしても、数ヶ月を掛けて AUDUSDは1.1000超の数百PIPS上がありそうです。






・トレード
お友達に「最近トレードがうまくエントリーできない」という方がいらっしゃいました。
この件については私見では2つの答えがあります。

1つめの自説は、単一通貨・一方向のみのトレードの方は
「トレードは 自分の得意なチャートパターンまでひたすら待つ」
単一チャートなのですから、不利なエントリーは出来ないので我慢の日々ですね。
損をするよりもよっぽどいいです。


2つめの自説は、
全通貨・ロングもショートもありのトレードの方は
というならば、どこかに最もトレンドが強いチャートあるので、トレンドに乗るだけ



というものです。
上記AUDUSDチャートの買いポジションは後者の話ですね。
わかりやすい強いチャートを探すやりかたですね。
上昇トレンドとわかっているわけですから、流れにポジションを乗せるだけです。難しいことは不要です。
ポジションが含み損なら切る。含み益なら放置して伸ばす
シンプルで十分利益になるわけです。

底で買って、天井で売って、また押目の底で買って、、、なんて、神がかり的なことを考えない方がシンプルでいいのかもしれません













上記とは全く無関係の雑談です。
おいしいコーヒーの入れ方(基本編)という動画がありました。

ちょっと工夫するだけでおいしくいれられるそうです。。
ちょっとしたお料理ネタでした(^^;





ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村

日本人が豪ドルを買っている

クリック365の豪ドルの出来高を見てみます。

4/8の90円天井前は、1日あたり15万枚程度でしたが、
90円天井を打って下落とともに買い枚数が増加。現在1日あたり20万枚超買っているようです。

過去の出来高から推察するに日本人のポジションは20円ぐらい含み損になってもロスカットされないようなポジションのようです。
レバレッジ4ぐらいで外貨投資のような感じなんでしょうかね。

2008年秋のリーマンの時はこのレバレッジでロスカットされた日本人がいたことがわかりますが、
その後は順調に日本人が稼いでいることがわかります。

買い方は過去の安値で買って、過去の高値で売る
トラリピ系に近いトレードをされている感じですね。
買いポジションのみで、売りでトラリピは日本人はしていないようです。


2009年夏から約2年は順調にその手法が機能している感じですね。

総建玉枚数は300000なので、クリック365だけで豪ドル買い&円売りが
豪ドル円90円*300000*1万通貨=2700億円になります。
相対取引FXや豪ドル債や投資信託を含めるとすさまじい外貨投資なんでしょうね。
たぶん、この数倍の円売り。ドル円や他の通貨を含めれば3/18協調介入の5000億円の円売り金額を超えるのかも。。
恐るべし民間人の力ですね。
民間の外貨投資が円高への大きなブレーキになってるのは確かなようです。





20110118










ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村

高額医療制度 8万円/月超は還付される

多額の医療費がかかったときに、一月あたり約8万円を超える金額が返還してもらえる制度があるようで

す。
これを高額医療制度といいます。

ちなみに、還付は申請しないと2年で時効にかかり返してもらえないそうです。

正確に言うと所得によって差異があるようですが、一般的な所得の人は1月あたり約8万円を超えた部分が返還されるという話。

ネタ元は日経新聞なので、その例示を書くと



例1
夫43歳(入院) 30万円窓口負担(医療費100万円の3割)のとき
高額医療制度の還付申請をすると30万-約8万円の約22万円弱が戻ります。




例2
夫43歳(入院) 6万円窓口負担(医療費20万円の3割)
妻40歳(外来) 3万円窓口負担(医療費10万円の3割)のとき
高額医療制度の還付申請をすると6万+3万ー約8万円の約1万円弱が戻ります。
※ 70才未満が窓口負担で21000円をこえると世帯合算可能



例3
夫43歳(入院)   30万円窓口負担(医療費100万円の3割)
夫の父73歳(入院) 4万円窓口負担(医療費40万円の1割)
夫の父73歳(外来) 1万円窓口負担(医療費10万円の1割)
夫の母73歳(外来) 1万円窓口負担(医療費の10万円の1割)
高額医療制度の還付申請をすると約27万円弱が戻ります。
※ この場合は計算がややこしいので詳細は省きます(^^;
詳しくはネタ元の日経新聞をご覧ください。



それから、介護も「高額介護サービス費」で自己負担の上限が決まっているようです。
さらに上記医療と介護を合算する「高額医療・高額介護合算医療費制度」が始まりました。
同様に還付申請をすると上限が超えた部分は還付されるようです。
これも、2年で時効になるようです。

どれも、自分で還付申請をしないとお金は戻ってこないので、高額になったときはとりあえず調べてみて損はないのかもしれませんね。









ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村

ブログ 大切なことは何度ブログに書いてもいい

rennyの備忘録のブログに
rennyさんと水瀬さんの音声対談があります。
http://renny.jugem.jp/?eid=1916

内容はインデックス投資やETFのことについてなのですが、
水瀬ケンイチさんは 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー というブログを書かれていて
ブログのカウンターは13070000という アルファブロガーです。



同音声対談中にブログについて話していたのを列記すると

1 ブログは書いて反応があるのがおもしろい
2 自分が見てもつまらないネタも人から見るとおもしろい
3 大切なことは何度ブログに書いてもいい
4 人間関係が ブログからリアルの世界にひろがった

というものでした。









さすがだなぁ。。。というのが私の感想です。

私のブログを振り返って考えると、
もちろん、「1 ブログは書いて反応があるのがおもしろい」は私も気づいていました。

しかし、
「2 自分が見てもつまらないネタも人から見るとおもしろい
3 大切なことは何度ブログに書いてもいい」
は新しい発見でした。
前回記事の
ショートは上昇中に売る? それとも天井後の下落で売る?

http://euro200enn.blog80.fc2.com/blog-entry-612.html
も、2や3を実感しました。
実は数年前からZARJPYショートやNZDJPYショートの記事を書くと、アクセス数は伸びる物のコメント数が激減して
反対に高金利通貨のロングを書くと、コメント数が増加!なんてことがありました。

それゆえに、ショートの記事は控えていたのです。
隠すようなことはないので、すべて手法は公開して問題ないのですが、、、
「3 大切なことは何度ブログに書いてもいい」と教わったので、機会があったらこりずにまた書いてみる予定です





さて、最後の「4 人間関係が ブログからリアルの世界にひろがった」ですが、今年はあるオフ会に参加してみます。小さな一歩を踏み出してみます。
数人の小さなものですが。。
恥ずかしいので大規模なものは、またの機会にしようと考えています。
期待と不安が入り交じっている感じですね。
他の参加者の方に迷惑を掛けないようにしながら、参加したいと考えています。
よろしくおねがいします。






ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村

ショートは上昇中に売る? それとも天井後の下落で売る?

前回ショートのエントリーの話を書いたら上昇中に売る方が多かったので、前回の続編を書いてみます。





原則 
上昇中のショートエントリー

一般にショートエントリーというと買われすぎたのでショートエントリーというのをよく聞きます。
テクニカルとしては日足エンベロープの何%で行き過ぎなので売りエントリーという話。
あるいはオシレーター系の買われすぎ等で売りエントリーという話ですね。

チャート
32011041302




ほとんどの場合、こういうやり方でショートはうまくいきます。
過去にもストキャスの逆行天井で売るとショートはうまくいくと記事を書きました。
NZDJPYのチャート
http://euro200enn.blog80.fc2.com/blog-entry-576.html


上昇途中の売りエントリーでもうまくいくことの方が多いんです。
ある例外を除いては。。。
・・・









例外
しかし、この数週間のチャートは上記ショートのエントリーではうまくいかないチャートだったのです。
それゆえに、上昇中は売らずに、天井後の下落で売りエントリーのチャートです。
と書いたわけです。
例外チャートがでるのは年に1回ぐらいなのですが、売りトレードをする人はこのどちらのチャートかは判断できないと危険です。
そこで、例外チャートの見分け方を書いてみます。

1、上昇角度が急
普通の上昇と違って、天井を突き刺すような急激な上昇があります。
押目もなく、ズンズン上がっていく感じですね。

2,買い出来高が少ないのに上がっている
今回、AUDJPYでいえば買いポジションが半分ぐらいに激減しているにもかかわらず急上昇していました。
これは、上昇途中の売りエントリーが含み損で損切りしているチャート
すなわち、今回の上昇は売りの踏み上げによる物です。
よって、上昇途中の売りエントリーは危険だったのです。

3、チャートの違和感
文字で表現するのは難しいのですが、,,
1ヶ月程度前からチャートに、変な感じがありました。
文字に出来ないので、○をつけてみたところが私が気になったところです。
ひとことでいうと、値動きがこれまでと違う感じですね。。。
2011041302



以上から、例外チャートでは上昇時に売らずに、天井後の下落でエントリーをした方が安全なんだと考えています。












追記)
前回記事で使ったチャートは2005年12月にNZDJPYのチャートでしたが、
類似の例外チャートはでは 2008年12月のEURUSDも同様に天井確認後の下落で売るチャートです。
2011041303




このような売りの踏み上げの上昇時には、例外のエントリー方式がおすすめです。

いつも書きますが、リアル口座でせずに、デモ口座で経験を積んでくださいね。




ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村

日本人は豪ドル円を売り増している???

クリック365のデータを見てみました。
豪ドル円のロングが1日あたり半分ぐらいになっています。
それより驚くのが、日々豪ドル円の売りポジションが増えています

ということで、高金利通貨の売り方について書いてみます。
昔から私のことをご存じの方はいつもの話ですが、私はFXで最初に稼げるようになったのがNZDJPY売りとZARJPY売りでした。
そんなことから、高金利通貨ショートはなじみのあるトレードです。
ショートの利点は
小さなストップが明確で
利益が大きく伸びる点
にあります。
 
今回はショートの最大の注意点に絞って書いてみます。

チャート
20110411





×で売らずに、Entryでうる。

たったこれだけ???
と思われるでしょう。

これだけですが、これが出来るとうまくいきます。

ということで上昇局面で売りエントリーは最初は用心した方がいいかもしれないかも。
もし興味のある方は、デモトレードでやりながらなぜ「たったこれだけを守るだけでショートが儲るか?」を考えてみてください。

そうすると、上記のショートの利点がわかるはずです。

その利点とは、
ショートは波にうまくは入れると、利益がきれいに伸びます。
しかも、天井後に入ることで、小さく明確なSLをおけることですね。。。

デモトレードだったら、やりやすいでしょうから体験すると きっと役に立つときが来るかもしれません。






記事とは無関係ですが きれいなオルゴールの音色があったので紹介します。






ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村

様子見

各チャートで長期レジスタンスラインにたっした物が多いようです。
列記すると
AUDJPY長期水平レジスタンス90円目前。
EURJPYは月足MA25の121円に達する
EURUSDは
2008年7月HI-2010年5月LOのフィボナチ61.80%&
同長期レジスタンスである 1.4452目前

レジスタンス等までまだ達していないのは以下の通貨。
レジスタスを列記すると
USDJPYの月足EMA21の87円
NZDJPYの週足MA200 68.50円


という具合です。





あるところに書いたのですが、いまは”材料の相場”。
テクニカルがいくら買われすぎでも、もっと買われる材料がでれば買われ上昇するわけです。
今回の材料とは、どの国が”今後さらなる利上げをするか”です。
各国中央銀行の動きを見ればわかるわけで、同発表時刻はすでに公開されていますから、材料のチェックをしていきたいですね。

それまでは、私は様子見です。















ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村

AUDJPY年間レンジ・・・

激しく動いているように見えるAUDJPYですが、1年ぐらいの期間では長期バンドの中にいます。
オレンジの長期200日・8%のエンベロープを重ねると、大体ロウソクはオレンジの上下バンドの中に入っています。
この1年はAUDJPYは73円ー87円レンジだったわけですね。
大きく見ると長期のレンジでしたね。
そして現在はそのレンジの上部。

現在AUDJPYは87円なのでロングの人はあまりあわてて買う必要ないのかも。。。

AUDJPYチャート
20110404













ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村


ドル円暴騰! そして他のクロス円も急上昇

FXブログであることを忘れてしまうほど、ひさしぶりにFXの記事を書いています(^^;

2010年11月3日のFOMCから始まった米国の量的緩和第2弾(QE2:Quantitative Easing 2)が終わりそうです。
マーケットは米ドル札バラマキのQE2終了と、その後の米国利上げを見込んで一気にUSD買いにポジションを動かしました。
それゆえに、ドル円が暴騰したわけです。
それにつられて他のクロス円も急上昇中です。
今後は、QE2終了は徐々に相場に織込まれていき、今後の米国の金融政策の変更ペースをトレーダーたちは注目しています。
たとえば、ドル円でいえば月足EMA21の87円ぐらいまで上昇余地があり、どれくらいのスピードで上昇していくかです。
どのタイミングで、米国要人発言の発表があるか。
トレーダーたちは耳を澄まして、聞いているわけです。

・月足 ドル円チャート
20110401






最後に今年の3ヶ月を振り返ると、相場では下記の4つのテーマがありました。

GBP:年初は英国のインフレが高くGBP利上げ期待からGBPが買われました。
EUR:その後、欧州もインフレが高くなり、ECBの利上げ発言からEURが買われました。
JPY:3/11の東日本大震災をきっかけに日本株売り・JPY買い→協調介入と日銀の金融緩和政策によるJPY売り
USD:3月末ぐらいから米国要人によるQE2終了発言で USD買い
というぐあいです。

4つのテーマがすべて同サイズではありません。
ここでいうテーマのサイズとはトレンドの大きさぐらいの意味ですが。。。
このなかで、もっとも重要でもっともトレンドとして意味のあるのはもちろんQE2の終了とUSD買いです。
年末に振り返ると誰でもわかることですが、このUSDは大きなトレンド転換なわけです。
あとは、どの通貨でUSD買いのトレンドが強く・どのタイミングで動き出すかということですね。
さらにいうならば、FXだけでなく、商品相場や株式相場でもこの米国金融政策の転換をどのタイミングでチャートが織り込んでいくか。。。
非常に大きな転換
だと考えています。

いまはUSDJPY暴騰ぐらいしかチャートには現れていませんので、他のチャートでこのUSD買いの影響が出たら記事にしたいと思います。





ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村
最近のコメント
FC2カウンター
先輩FXトレーダー
最近の記事
プロフィール

saru999

Author:saru999
(投資との出会い)
若い頃から投資に興味は持っていました。当時は個別株の本を読んでいました。
そんなときに、外貨預金の発展形としてFXに出会いました。
当時はまだ為替投資が一般に始まったばかりでした。
いろんな人が、他市場の商品相場の手法、株式相場の手法、オプションの手法をFXに持ち込みそれを学びながらトレードしました。

(投資経歴 )
私自身はもいろんなトレードをしました。
シストレ逆張りトレード、裁量トレードやトレンドフォローから始めました。
うねりとり、つなぎうりもしました。
高金利通貨売り等大衆と逆のポジションを取るトレードもしました。
保有期間も日足・中期足・短期足等色々やりました。
さらに、数年前からは自動売買プログラムで資金を運用するようになりました。
MT4/EAを使うようになってトレードの精神的負荷は少なくなりました^^


(現在)
3つの時間軸と手法で運用をしています。
短期はFX。MT4・自作系EA(自動売買プログラム)で為替・金・銀を運用しています。
中期は225オプションです。サヤトリ系トレードを研究しています。
長期は人民元積立投資+つなぎトレードです。
投資を始めて約10年になりますが、投資は奥深く興味が尽きません。
使用プログラム言語はMQL,EXCELVBA,pythonなど。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

有益なリンク集
FXトレード関係
IMMポジション 外為.com
経済指標カレンダーURL
統計資料店頭FX月次速報URL
チャート データ マーケット関係URL
中央銀行 URL国家機関 URL
重要指標の過去チャートURL
債券長中短期URL月10更新
為替レートと2国間金利差の相関チャートURL
トレード用の情報源URL
期間違い相関係数URL 通貨別相関係数URL
過去のスワップ金利URL
トレード英語URL
ポジション売買データURL
OANDAURL
JimRogersBlogURL
建玉数量クリック365 URL


債券・株式・商品
世界の株価URL
債券の利回り比較URL
225出来高日経225
株/外国人投資家の動向URL
日本株外人売買データURL
オプションCDSURL
グロソブウィークリーレポート木曜公表
株・株式優待URL
金建玉URLURL
商品・金銀WTIURL



MT4/MT5/FT2/シストレ系
MT4日本語リファレンスURL
MT4情報BBS等URL
VPSmemoURL
FT2 URL
MT5URL

Windows7 URL
Perl C++ java APIURL
統計解析等URL
4本値データURL
プログラム用英単語URL
WEBラーニングPROGURL
オブジェクト指向/デザインパターンURL


ニュース
動画日経 URL
bloombergURL
nikkeiURL
reutersURL
ラジオTV動画 URL




その他 トレード以外
Google翻訳URL
ThesaurusURL
Skype CommunityURL
かわいい動画URL
みずほ仲値データURL
日米経済調和対話2011.3(年次改革要望書)URL
無料ワクチンMS URL

ブログ関連 挿絵画像URL