円高&CHF高祭り!!! 利食い。 その後。。。

(相場)2/26の米FRB副議長のコーン氏発言。翌27日のバーナンキ発言により 市場の雰囲気は変わる。
まず、USDが売られて、USDCHFやUSDJPYが下落。同時にGBPCHFが下抜けブレイク
週末にはNZDやAUDも対円で下落している。

(私のトレード)
年末から1月の始めまで、GBPを売れば儲かる相場だった。しかし、2月になるとモミアイになったため、ひたすら次のトレンドを待っていた。
そして、まっていたトレンド発生!!!
というわけで、売り・売り・売りである。
USD/JPY売りやUSD/CHF売りはその通りなのだが、
それ以外にも セオリーどおりに GBP NZD ZARを売る。

もちろん、すべてがうまく言ったわけではない。
いくつかのミスもあった。
たとえば、USD/CHFは、戻り売りで指値したら、エントリーできずにそのまま下がって、ノーエントリー・ノーリターン。
キウイ円は、うまくエントリーできたものの 初めてのトレール決済をしたので、思ったほど利幅が取れないまま、相場はさらに下がっていった。
実害はないものの今度の課題となった。
それから、口座数が多くて注文に時間がかかったこと。口座は3つぐらいが上限かも。そして、トレード通貨ももっと絞ったほうがチャートを見る時間が短縮できて言い。
反省材料である。

反対に、うまくいったのは、ZARJPY売りとGBPCHF売り
ZARJPY売りは このブログを読んでいる方ならば説明の余地はないだろう。
私はZAR売りが得意だから。。。過去にもこのことは書いてきた。
「ZARの魅力は ロングのスワップではなく、暴落時のショートである」。
これを1年以上言い続けてきたわけから。読むほうも飽きただろう。

そこで、今回はGBPCHF売りについて考える。

(GBPCHF)
プロのディーラーたちが かつてこの通貨を”飛び道具”といっていたようだ。
よく動く通貨というわけだろう。
私自身はこの通貨は2006年7月までの 2.23-2.30のレンジでスイングでトレードした経験しかない。
当時は真逆に動かないのでスイングしすいゴッツアン通貨としてFX仲間では有名な通貨だった。
その後は、よく動く本来のGBPCHFに戻ったようだが、この期間はトレードしなかった。GBP系は対円でロングしたほうがスワップ面で有利だったからだ。
ちなみに、昨年後半からのGBP系売り はGBPJPYを売っていた。その点からもGBPCHFは勉強不足だった。
しかし、今回のとれーどではGBPJPYのチャートが下抜けしていないことから、GBPCHFでのショートをした。

(GBPCHFの利食い)
GBPCHFは エントリーと同値にストップをおいたので 現在ノーリスクトレードで含み益状態ではあるが、、、
さて、利食いをどうするか。今日はそれを考えたい。

まず、GBPCHFの日足チャートを見る。

ポンスイ日足0228

うーん。よくわからない。
というか、レジスタンスラインをすでに下抜けいている。
2003/5/の安値2.1000を下抜けしていて。。。
目処が。。。
日足でRSIの逆行でも出たらリグうか。。。
といっても、数値で目安がほしい。

そこで、週足チャートを見る。

ポンスイ週足0228
1段落ちの 2007/10 HIからは 0.1500落ちている。
続く2段目の下落では2007/12/HIからは0.2000落ちている。
というわけで、今回の3段目の予想は 2008/1HIの2.18から 0.1500(~0.2000)下の 2.0300(~1.9800)とした。

日柄では、、、
1段目の下落と2段目の下落では 週足チャートで陰線が 3本と4本なのである。
そこで、今回も同様の3本目(=3/8土 Nyclose)と4本目(=3/15土Nyclose)とする。

ただ、その間に 2.0000というきりのいい数字があるので、とりあえずは来週後半を目処に2.0000手前で利食いのが、チキンなわたしの計画である。

(GBPCHFは今年は売りか!?)ところで、、、、
GBPCHFの月足チャートを見ると。。。
驚きである

ポンスイ月足0228


次のレジスタンスラインは 1995/11/1 LOの1.8000 である。

2000/5月や1992/5月の月足を見ると 約0.6000も下落している。
今回の月足の天井は 2007/8月 の2.4700である。
0.6000下では、1.87である。

2つの計算はともに 約1.8台と同様の結果になる。
1.8まではまだまだ下があるということだろうか。

ここで、チャート上 トレンドに逆行したときは 陰線3本で反発する確率が約80%あるという。
もし、のこりのときはトレンド転換とみなすようだ。

GBPCHFの月足はすでに陰線が4本続き、完全なる下落トレンドを示している。

今回のGBFCHFショートはそろそろ利食って終了ではあるが、今年1年という長期的にはGBPCHFの戻り売りのトレードは検討の余地がありそうだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
FC2カウンター
先輩FXトレーダー
最近の記事
プロフィール

saru999

Author:saru999
(投資との出会い)
若い頃から投資に興味は持っていました。当時は個別株の本を読んでいました。
そんなときに、外貨預金の発展形としてFXに出会いました。
当時はまだ為替投資が一般に始まったばかりでした。
いろんな人が、他市場の商品相場の手法、株式相場の手法、オプションの手法をFXに持ち込みそれを学びながらトレードしました。

(投資経歴 )
私自身はもいろんなトレードをしました。
シストレ逆張りトレード、裁量トレードやトレンドフォローから始めました。
うねりとり、つなぎうりもしました。
高金利通貨売り等大衆と逆のポジションを取るトレードもしました。
保有期間も日足・中期足・短期足等色々やりました。
さらに、数年前からは自動売買プログラムで資金を運用するようになりました。
MT4/EAを使うようになってトレードの精神的負荷は少なくなりました^^


(現在)
3つの時間軸と手法で運用をしています。
短期はFX。MT4・自作系EA(自動売買プログラム)で為替・金・銀を運用しています。
中期は225オプションです。サヤトリ系トレードを研究しています。
長期は人民元積立投資+つなぎトレードです。
投資を始めて約10年になりますが、投資は奥深く興味が尽きません。
使用プログラム言語はMQL,EXCELVBA,pythonなど。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

有益なリンク集
FXトレード関係
IMMポジション 外為.com
経済指標カレンダーURL
統計資料店頭FX月次速報URL
チャート データ マーケット関係URL
中央銀行 URL国家機関 URL
重要指標の過去チャートURL
債券長中短期URL月10更新
為替レートと2国間金利差の相関チャートURL
トレード用の情報源URL
期間違い相関係数URL 通貨別相関係数URL
過去のスワップ金利URL
トレード英語URL
ポジション売買データURL
OANDAURL
JimRogersBlogURL
建玉数量クリック365 URL


債券・株式・商品
世界の株価URL
債券の利回り比較URL
225出来高日経225
株/外国人投資家の動向URL
日本株外人売買データURL
オプションCDSURL
グロソブウィークリーレポート木曜公表
株・株式優待URL
金建玉URLURL
商品・金銀WTIURL



MT4/MT5/FT2/シストレ系
MT4日本語リファレンスURL
MT4情報BBS等URL
VPSmemoURL
FT2 URL
MT5URL

Windows7 URL
Perl C++ java APIURL
統計解析等URL
4本値データURL
プログラム用英単語URL
WEBラーニングPROGURL
オブジェクト指向/デザインパターンURL


ニュース
動画日経 URL
bloombergURL
nikkeiURL
reutersURL
ラジオTV動画 URL




その他 トレード以外
Google翻訳URL
ThesaurusURL
Skype CommunityURL
かわいい動画URL
みずほ仲値データURL
日米経済調和対話2011.3(年次改革要望書)URL
無料ワクチンMS URL

ブログ関連 挿絵画像URL