スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランド円ショートで、3ヶ月で250%リターンを超えて:今後3ヶ月の目標


(FXブログなのに 債券(金利)・株・商品???)私のブログはFXブログなのに 債券(金利)関係を書いた。
なぜ???
と多くの人が思ったのだろう。
なぜならば、アクセス数が急減している。
ゼロの数が1桁減った(爆)。
というわけで、その理由を書こうと思う。

(2008年の1月から3月の 3ヶ月のトレードを振り返る)
まず、年初に目標としていたことを続けられたことがよかった。
デイリー鍛錬表は、スイングトレードの練習でなく、相場の転換点を考えるという勉強になった。


それから、年初の目標の”小さなソンギリ”であるが、

振り返ると比較的うまく言ったようだ。
大きなソンギリにするよりも、小さなソンギリを多くしたほうが 結果としては口座は増えたわけだ。
勝率は下がるが、P/Lがよくなるので、口座は増えるようである。

トレードは 3ヶ月のうちで 数週間の大きな休みを何度も入れた。これがトレードがうまく言った要因のひとつである。
昨年末から続いたポンド売りトレンドが止まった1月半ばから2月末まで 休みを入れて、
ドル売り・ポンド売り・ランド売りのオーバーシュートがあった3月半ばから現在の3月末まで 休みを入れた。
勝って こんなに長く休みを入れたのは 初めてだった。
振り返ると、休みが長いほど、儲かる ということ。新たなる築きだった。
理由は、いざトレードするときに 資金面での余裕があるからである。

トレード自体は 一言で言うと、非常に儲かった。ポンドショートの口座は、3ヶ月で200%超えたし
ランドショート口座も、3ヶ月で250%は超えた。
しかも、トレード回数はこれまでよりも少なく、
長い休みを入れながら。。。

これまで、数年トレードしてきた中で こんなに楽でこんなに儲かった経験はなかったので、
振り返っている。

実は 私がうまくなったわけではなく、みんなが儲かっている相場だった。
聞いた話では 銀行のディーラーは過去最高益を更新中 という。
なぜか。。。なぜみんながこれほど簡単に儲かる3かげつだったか。。。
それは 明らかな テーマ・とれんどがあるそうばだったからである

ドル・ポンド・ランドを売れば儲かるわけだった

米国景気が悪く ドルが売られる。
不動産バブルの 米国・英国・ランドが売られる。
金融立国の英国が売られる。
世界の信用収縮から新興国ポジは決済されて ランドが売られる。

振り返れば、非常にわかりやすい相場である。
明確なトレンドがあるわけだから、素直にトレンドに乗ればいい。それだけで儲かる。
すべて トレンドフォローのトレードである。

とくに、ランド円ショートは これまでの2年間ランドショートをしてきた中でも もっとも安全で もっとも儲かる相場であった。
私はランド円ショートは 4種類のショートを使い分けているが、そのうちのトレンドフォロースタイルのトレードだった。
繰り返しになるが、この3ヶ月で私が儲かったのは 私の実力ではなく たんに相場がよかったからである。

(原点に戻って)

原点に返って。
私の最終目標は トレード自体に時間をかけず安定収益を出し続けることである。
なぜならば、限られた人生の時間を自由に使うために経済的な自由を求めて 投資をしている。
そこから、トレード時間を節約するという考えがあった。
これまでは、スワップ口座や システムトレードによって それらを達成しようと考えていた。
しかし、この3ヶ月の経験から、数日~数週間程度のトレンドフォローでも 可能なように考えている。
しかも、スワップ口座は一回のソンギリ額が大きくなるし、システムトレードでは利益幅には限界がある。
それにたいして、トレンドフォローは P/Lが非常にいいわけである。

(今後 3ヶ月の目標)
相場は ドル売り・ポンド売りをすれば 儲かる相場であろう。
トレンドフォローをすれば、トレード時間は短縮できるので その分勉強の時間に使いたい。

つまり、今日ドルが下がるとか。円が上がるとか言うのはさほど重要ではない。
もう少し、長期的なトレンドを掴んで その流れに乗っていけばいいのである。
私の目標リターンは 今回のような 3ヶ月で 100%超あれば 十分満足である。
12ヶ月を複利で運用すれば、年利700%を超える。
それ以上は、私の能力を超えているので 求めない。
相場の天井や底をピンポイントで当てることは 私の能力では不可能である。
むしろ、リスクを減らす方向でのトレードしていきたい。

少し変だろうか。実は当初 私自身もこの考えには 迷っていた。
そこで、プロの人たちの本を読み漁ったら、ほとんどの人が同様のことを書いていた。

「運用者は 市場予想やタイミングをピンポイントで当てる意味がなくなってきます。
運用資金が巨額になると 買いたい資産を 買いたいときに 買いたいだけ買う ということができなくなります。
確かに 市場の動向をピンポイントで 天井と底を当てるのは  格好いいです。
しかし、ピンポイント予想は 当たらないことが多々あるのがげんじつなのです。
よって、各資産のトレンド方向に ポジションを持てばいいわけです。
運用者は 天井や底を 当てて ヒーローになる必要はないのです」

「ザ・ファンド・マネージャー」依田孝昭 



「長期で物を見る。
金持ちになれなかった人は バブル期に 三菱の株かいいとか 三井物産の株が言いと 言っていた人です。
反対に 金持ちになれた人は バブル前に土地を買い・バブルのピークで売却して・その金を国債と郵便貯金にした人です
つまり、個別株ではなく、ポートフォリオ全体のことを考えている人が 儲かったわけです。
金融を 勉強する一番のメリットは この数年単位の大きなうねりにきがつくということです」
(藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義)

つまり、今日ドルが下がるとか。円が上がるとか。それよりも もっと大事なことは 大きなトレンドを掴むことのようである。
わたしの考えの方向は間違っていないようである。


私が2008年のランド円ショートで、3ヶ月で250%リターンを超えた理由も同じだった。
前年の2007年夏のドル売り相場で、新興国売りトレンドができたというわけだ。
その数年単位のサイクルに うまく乗れたことがすべてだった。

幸い、トレンドフォローは トレードに時間がかからない。トレードのリターンも年利数百%あれば十分である。
相場も今後3ヶ月程度ならばドルを売ればいけそうである。

そのためには、数年単位の 大きなうねりの勉強をしたい。

私のブログの題の”FXでバフェット流・キャピタルゲインと求めて”という”キャピタルゲイン”は 結局 長期なトレンドを掴むということなのだから

今後数ヶ月は、時間を見つけて これらの波を掴む サイクルを掴む勉強をしたい。
 まずは、為替以外勉強も必要だろう。
債券相場の金利は、為替にも影響がある。
NYダウや中国株は チャート分析だけでも 意味があるだろう。
商品も 永遠に上がり続けるわけではない。サイクル的に下がって来るときが今後来るのだろう。

最後に、為替で見ている指標の勉強である。
以前、指標使い方で 以下の4つを書いた。
1、相場の心理を感じ取る。
2、長期トレンドを知る
3、高確率のデイトレとしてのイベントドリブン
4 巨額ファンドが指標をきっかけに仕掛ける
このうちの 2、長期トレンドを知る という使い方の勉強である。

このブログでは 勉強中の 金利・株・商品と指標のことを書いていく予定である。
間違い等築いた方は コメントいただけると 勉強になります。
よろしくおねがいします。

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
最後までごらんいただきありがとうございます。
多くの方に当方ブログを読んでいただきたいので、
おてすうですがクリック御協力お願いします。

コメント

数年単位の大きなうねり

こんばんは。
トレードが順調に行っているようで凄く羨ましいです^^
私はと言うと、利確のタイミングが遅れて損切りになることも…
利を伸ばすことは本当に難しいです^^;

>波を掴む サイクルを掴む勉強をしたい

そうですね。
私もサイクルを掴んで投資をしたいです^^
為替は金利の影響を大きく受けますね。
長期金利は政策金利に先行し、政策金利は行き過ぎる株価とインフレの調整をし最終的にREIT価格に影響を与えて、
そのREIT価格が今度は逆に株価を動かし政策金利まで変えてしまう、と見事にマーケットは循環するものですね。

リバモアがthere is nothing new in Wall Street と言った通り、
マーケットが循環し歴史が繰り返され、
28年前たってサイクルが循環しているのが今なのでしょうかね^^

saruさんは本当に勉強熱心ですね^^
勉強熱心なだけじゃなくてトレードの適切なタイミングを掴んで利益を上げられるところが本当に凄いな、と思っています。
saruさんのトレードスタイルを目標にしています^^





管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

美和子さんへ

勉強になる話、ありがとうございます。

>私もサイクルを掴んで投資
サイクルは 今日・明日という利益にはなかなか結びつかないのですが、中・長期では非常に価値のある勉強ですよね。

わたしも最終的には 日々のトレードを最小限にしながら 安定収益をだしたいので、そのためにはサイクルから見た相場の方向性の見方を勉強しています。

それから、不動産価格については おっしゃるとおりですね。
ただ、株や為替のように過去の値段のデータをどのようにしたら入手できるのか・・・。
その点がわからなく、不動産の値段の勉強は行き詰っています。
不動産価格の入手方法はあるのでしょうかね。
もし御存知でしたら、今度教えてください。

お返事ありがとうございます^^

不動産価格に関してはリート価格を見るのが手っ取り早いです。
特にアメリカのリート価格に注目します。
リートの上昇は過剰流動性の象徴なのでクロス円の行方の参考に見てます。
しかし不動産価格も為替も反応の遅い相場のようなのでサイクルで考えた場合、(特に売り)タイミングが難しいですね^^;

リート価格を見つつ去年の5月からクロス円のショートを準備していたのでかなり痛い目にあっちゃいました。
相場はおベンキョするだけではなかなか難しいです^^;
saruさんのように順調に利益が出せてるのはかなり凄いですよね!
トレードのタイミングはどのように計っているのですか?


NoTitle

あ、因みにリート価格より細かい個々の値動きについては気にしません^^;
データが手に入りにくいでしょうし、為替トレードにはノイズになりかねませんからね^^

美和子 さんへ

>特にアメリカのリート価格に注目します。
>リートの上昇は過剰流動性の象徴
なるほど。。。
べんきょうになりました。ありがとうございます。



>saruさんのように順調に利益が出せてるのはかなり凄いですよね!
いや。まぐれで勝っているだけです(^^)
だから、このマグレの理由を自分で解析して、毎年安定して利益が出せるように、勉強をしています。

>トレードのタイミングはどのように計っているのですか?
正直、毎日迷いっぱなしでわかりません。
というのが、本音ですが、これでは返事になっていませんね。
なんと説明したらいいのか。。。
へんな言い方かもしれませんが、「買う・売る・休む」のうちで 最近は休みを 
とっても とっても めちゃめちゃ 重視しています。
なぜならば、トレードをなるべくしないように したら 非常に儲かったからです。

そもそも、私は スワップ・スキャル・デイトレ・スイング・システムトレード・トレンドフォロー・逆張り・。。。
何でもやりました。通貨だって、何でもやりました。。。
正直、ぜんぜんダメでした。損してばかりでした。

いまでは、トレンドフォローをメインにほかは、少ししかやりません。
スワップ口座は数週間に1回指値して放置。
シストレは1ヶ月に数回のトレード。
スイングも、、、枚数を減らして、、、
すべては、3ヶ月に一回くる相場の大きなトレンドでトレンドフォローするためだけに日々すごしています。
だから、トレンドフォロー以外は ほとんど休みのようなものです。

ただし、毎日 最低でも朝晩30分程度チャートを見て 
もし、×が×に動いたら、どこでエントリー・リミット・ストップ・枚数は。。。
はいったあと 予想外に動いたら、、、
とシュミレーションはしています。
そのシュミレーションにあう相場はめったに起こらないのですが。。。

しかし、いざそのとおりになって、トレンドフォローに入ったときは かなりうまく行くようです。
つまり、休んでいるときのシュミレーションがすごく大事なのかもしれません。


もともと、私のトレンドフォローはマットさんを理想にしています。
以前教わったのは、
「プロのディーラーは1年のうちで10ヶ月ノートレードでいい。しかし、残りの2ヶ月で通常の人よりも多く、1年分以上を稼ぐ」
「もみ合い相場では、ノートレードか、やっても普段の建玉の1/5にしろ」
というものです。
一方で、「いったんトレンドが出たら、もうこれくらいでいいか。という甘えを出すと足元をすくわれる。徹底的に根こそぎ稼げ」
というのです。
トレンドは 、大きいのが年1回。中ぐらいのが3ヶ月に1回。小さいのが月2回ぐらいきます。
それを、かせぐために普段は できる限りトレードをしないで、勉強とシュミレーションに時間を費やしています。
というわけで、最近は 休み方をとても重視しています。


余談ですが、ブログを書くのもトレード技術の向上に役に立つようです。
自分の思考を人に伝えるという点から客観的に見れるようです。
もしよかったら、ブログかいてみませんか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
FC2カウンター
先輩FXトレーダー
最近の記事
プロフィール

saru999

Author:saru999
(投資との出会い)
若い頃から投資に興味は持っていました。当時は個別株の本を読んでいました。
そんなときに、外貨預金の発展形としてFXに出会いました。
当時はまだ為替投資が一般に始まったばかりでした。
いろんな人が、他市場の商品相場の手法、株式相場の手法、オプションの手法をFXに持ち込みそれを学びながらトレードしました。

(投資経歴 )
私自身はもいろんなトレードをしました。
シストレ逆張りトレード、裁量トレードやトレンドフォローから始めました。
うねりとり、つなぎうりもしました。
高金利通貨売り等大衆と逆のポジションを取るトレードもしました。
保有期間も日足・中期足・短期足等色々やりました。
さらに、数年前からは自動売買プログラムで資金を運用するようになりました。
MT4/EAを使うようになってトレードの精神的負荷は少なくなりました^^


(現在)
3つの時間軸と手法で運用をしています。
短期はFX。MT4・自作系EA(自動売買プログラム)で為替・金・銀を運用しています。
中期は225オプションです。サヤトリ系トレードを研究しています。
長期は人民元積立投資+つなぎトレードです。
投資を始めて約10年になりますが、投資は奥深く興味が尽きません。
使用プログラム言語はMQL,EXCELVBA,pythonなど。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

有益なリンク集
FXトレード関係
IMMポジション 外為.com
経済指標カレンダーURL
統計資料店頭FX月次速報URL
チャート データ マーケット関係URL
中央銀行 URL国家機関 URL
重要指標の過去チャートURL
債券長中短期URL月10更新
為替レートと2国間金利差の相関チャートURL
トレード用の情報源URL
期間違い相関係数URL 通貨別相関係数URL
過去のスワップ金利URL
トレード英語URL
ポジション売買データURL
OANDAURL
JimRogersBlogURL
建玉数量クリック365 URL


債券・株式・商品
世界の株価URL
債券の利回り比較URL
225出来高日経225
株/外国人投資家の動向URL
日本株外人売買データURL
オプションCDSURL
グロソブウィークリーレポート木曜公表
株・株式優待URL
金建玉URLURL
商品・金銀WTIURL



MT4/MT5/FT2/シストレ系
MT4日本語リファレンスURL
MT4情報BBS等URL
VPSmemoURL
FT2 URL
MT5URL

Windows7 URL
Perl C++ java APIURL
統計解析等URL
4本値データURL
プログラム用英単語URL
WEBラーニングPROGURL
オブジェクト指向/デザインパターンURL


ニュース
動画日経 URL
bloombergURL
nikkeiURL
reutersURL
ラジオTV動画 URL




その他 トレード以外
Google翻訳URL
ThesaurusURL
Skype CommunityURL
かわいい動画URL
みずほ仲値データURL
日米経済調和対話2011.3(年次改革要望書)URL
無料ワクチンMS URL

ブログ関連 挿絵画像URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。