節税メリット:数年に分けて申告する~FX法人体験記

前回は、1人で全額を税務申告するのではなく、家族の専業主婦を社員として
2人で申告すると 税率が安くなり、結果として納税額が安くなる。
という話を書いた。


今回は、同じ人数でも 数年に分けて申告することで 納税額が安くなるという話を書く。
たとえば、1年で2000万円FXで稼いだ人が、2年で1000万づつ申告や4年で500万円づつ申告すればいいわけだ。

ロジックは簡単なのだが、、、
やり方が 工夫がいる。

まず、個人の雑所得申告ではできない。
法人でも 原則としてそのような方法は書籍等には書いていない。
何とかならないものか。。。
税法等で合法的に何とか。。。
というわけで、私が考えた方法を書く。



ランドはどうなるの???☆CarrieBBさんのツール・ド・新興国ブログへGO!->

マイナー通貨のブログ村10位



結論を言うと、すでに説明した 法人の特典 7年の繰越損失を使うとできる。
正確に言うと FXの利益を数年に分けるのではなく、
あらかじめFX法人に赤字分を計上しておいて、その後の利益と相殺するわけだ。

まずは、簡単にイメージを持ってほしい。
たとえば、毎年500万円づつ給与を 4年間 払えばいいのだ。
そして、FX法人設立後 3年間はFXをせずに、4年目で2000万円利益を出せば、
結果として 1年で2000万円の税務申告ではなく、4年で500万円づつの税務申告になるので節税になるわけだ。
(※ 後で書くが 工夫をするとこで 1~3年目も普通にFXをして利益を出しても税制メリットがある。
あえて1~3年目をFXを 休むと書いたのは 説明のためにイメージとしてわかりやすいからである)

こんかいのポイントは 累進課税の所得税に対し 数年単位で税率の低いところを使えば、長期的に見て納税額は少なくなるというもの。
そのためには、法人という 箱・システムを使えばいい わけだ。



FX口座開設で 最高2.8万円+α
☆くりっく365日記GO!->


スワップ派のブログ村12位






ここで、振り返ってほしい。

以前法人の設立時期について書いた。
”損をしているとき”ときこそ法人の設立時期?~FX法人体験記
2008年04月19日 (土)

という記事である。

そのなかで、多くの人が唱える
FXでめちゃくちゃ儲かったからFX法人化する
というものに、私は異論を持っていると説明した。

そのわけは、法人の設立時期を早めにすることは、
今回のような 数年に分けて税務申告することにつながり
結果として、税率を安くでき、納税額も安くなるわけだ。
ためである。

納税は 単年度ではなく 数年単位で考えたほうがいい。
なぜならば、日本は累進課税である。
1ねんで大もうけするよりも 同じ金額を数年で儲けたほうが手元に税引き後の現金が残るのだ。

繰り返しになるが、
FXでめちゃくちゃ儲かったからFX法人化する
というのは 税制面から見て間違っている。
正確には 納税者の有利という面からは 私とは異なる定説である。

法人というのは、給与を平均化することで、納税を安くできる箱である。

さいごに、以下の
簡単に言うと 毎年500万円づつ給与を 4年間 払えばいいのだ。
そして、FX法人設立後 3年間はFXをせずに、4年目で2000万円利益を出せば、
部分は不正確なので 次回もう少し正確に書こうと思う。
結論を言うと、FX法人で給与を出さなくても 毎年数百万程度の アドバンテージが 確保できるのである。

このように、法人は税制・法律 だけではなく、
各制度の組み合わせで 様々なことができる。

最初に 法人の設立時期について書いたときには
それが 法人の登記上の手続きとしか考えなかった読者もいるだろう。
実は、このような税制面にかかわってきたりして 
各方面がつながっている。

この
数年に分けて申告する
というのも、いろいろなものが複雑に重なって初めて
節税ができるのである。



ここで 異論のある人がいるかもしれない。
たとえば、私は本業が会社員だから 自由にFX法人から給与を出すと 本業の給与と重なって
結局、申告額が増えて 税率が上がってしまうという人である。
このような人からは FX法人のメリットがない。といわれるだろう。

しかし、結論を言うと、そういう人でも この数年に分けて節税というのは使える手法である。
もちろん、実践するには もうひとひねり必要なのだが。

つまり、FX法人から 給与を出さずに、今回のような 1~3年目に 数百万程度のあどばんてーじを作ればいいのだ。
FXで損もしないで、給与も出さずに やればいいのである。
???
だろうか。
機会を改めて説明する予定であるが結論は可能だ。

さらに、いえば もう一工夫必要だが、
あえて、1~3年目にFXを休み必要もない。
普通にトレードしても 様々な節税メリットがある。

これらも、機会を改めて書きたい。

ちなみに、どうして、機会を改めるかというと

”損をしているとき”ときこそ法人の設立時期?~FX法人体験記
を読んだときは、法人の登記時期として読んだのだろう。
でも、いま振り返ってみれば、あれば節税面からの 記事であることがわかると思う。
今回の記事の 数年に分けて申告する という記事も
単に所得税の納税額の節約にしか読めないかもしれないが、
実は いろんな意味がある。
きっと、今後の記事を読む上ではじめてそのかちがわかると考える。
だから、今回は 数年に分けて申告する と安くなる。
という イメージをわかってもらえばいい。
いつか、他のFX法人体験記を読んだ後に この数年に分けて申告するの意味がわかると思う。

では、また。








にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
最後までごらんいただきありがとうございます。
多くの方に当方ブログを読んでいただきたいので、
おてすうですがクリック御協力お願いします。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
FC2カウンター
先輩FXトレーダー
最近の記事
プロフィール

saru999

Author:saru999
(投資との出会い)
若い頃から投資に興味は持っていました。当時は個別株の本を読んでいました。
そんなときに、外貨預金の発展形としてFXに出会いました。
当時はまだ為替投資が一般に始まったばかりでした。
いろんな人が、他市場の商品相場の手法、株式相場の手法、オプションの手法をFXに持ち込みそれを学びながらトレードしました。

(投資経歴 )
私自身はもいろんなトレードをしました。
シストレ逆張りトレード、裁量トレードやトレンドフォローから始めました。
うねりとり、つなぎうりもしました。
高金利通貨売り等大衆と逆のポジションを取るトレードもしました。
保有期間も日足・中期足・短期足等色々やりました。
さらに、数年前からは自動売買プログラムで資金を運用するようになりました。
MT4/EAを使うようになってトレードの精神的負荷は少なくなりました^^


(現在)
3つの時間軸と手法で運用をしています。
短期はFX。MT4・自作系EA(自動売買プログラム)で為替・金・銀を運用しています。
中期は225オプションです。サヤトリ系トレードを研究しています。
長期は人民元積立投資+つなぎトレードです。
投資を始めて約10年になりますが、投資は奥深く興味が尽きません。
使用プログラム言語はMQL,EXCELVBA,pythonなど。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

有益なリンク集
FXトレード関係
IMMポジション 外為.com
経済指標カレンダーURL
統計資料店頭FX月次速報URL
チャート データ マーケット関係URL
中央銀行 URL国家機関 URL
重要指標の過去チャートURL
債券長中短期URL月10更新
為替レートと2国間金利差の相関チャートURL
トレード用の情報源URL
期間違い相関係数URL 通貨別相関係数URL
過去のスワップ金利URL
トレード英語URL
ポジション売買データURL
OANDAURL
JimRogersBlogURL
建玉数量クリック365 URL


債券・株式・商品
世界の株価URL
債券の利回り比較URL
225出来高日経225
株/外国人投資家の動向URL
日本株外人売買データURL
オプションCDSURL
グロソブウィークリーレポート木曜公表
株・株式優待URL
金建玉URLURL
商品・金銀WTIURL



MT4/MT5/FT2/シストレ系
MT4日本語リファレンスURL
MT4情報BBS等URL
VPSmemoURL
FT2 URL
MT5URL

Windows7 URL
Perl C++ java APIURL
統計解析等URL
4本値データURL
プログラム用英単語URL
WEBラーニングPROGURL
オブジェクト指向/デザインパターンURL


ニュース
動画日経 URL
bloombergURL
nikkeiURL
reutersURL
ラジオTV動画 URL




その他 トレード以外
Google翻訳URL
ThesaurusURL
Skype CommunityURL
かわいい動画URL
みずほ仲値データURL
日米経済調和対話2011.3(年次改革要望書)URL
無料ワクチンMS URL

ブログ関連 挿絵画像URL