スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節税メリット:おまけ&おまけ(給与所得控除&経費計上)~FX法人体験記


個人的には ここ大きな仕事も とりあえずの目処がついた。
そこで、FX法人体験記も久しぶりの更新である。

これまで、いくつかの記事を書いた。
これまで書いた記事は、
FXをするためだけに法人を作って早数年が経ちました。~FX法人体験記
”損をしているとき”ときこそ法人の設立時期?~FX法人体験記
節税メリット:1人よりも2人で申告すると安くなる~FX法人体験記
節税メリット:数年に分けて申告する~FX法人体験記

という 4つを書いた。

前々回と前回に続いて 今回も 節税メリットの話である。
一言で言うと、 普通は1つのおまけしか節税はできないが、
法人化することで オマケが2つ使えるので 節税効果があるというものである。

ちなみに、今回の節税の話は 比較的わかりやすいと思う。
今回の話が 初心者向きで、
前々回の話が中級者向きで、
前回の話が 上級者向きという レベルである。

さて、本題に戻って、

まず、基本から
日本の所得税の税務申告では 大きく2つの職業に分かれる。
1つは 会社員。で この人たちは 給与に対して所得税がかかる。
このときに、もらった給与にそのまま税金がかかるわけではなく、
一部無税の範囲がある。
給与所得控除というオマケが認められている。
サラリーマンのお得なメリットである。

他方の人たちとは 自営業者などである。
これらの人は 所得全額に そのまま税金がかかるわけではない。
領収書を集めることで、経費が認められて その分安くなるという
おまけの制度がある。

ここで、それぞれに異なる節税上のオマケが認められている。
ここまでの基本がわかると
多くの人が考えるのは、両方のオマケが使えたらもっと節税になるのに。
というもの。

一般論としては、前者の会社員には経費計上のオマケは認められないし、
後者の自営業者には 給与所得控除というオマケは認められない。

が、、、

実は、両方のオマケを使える方法がある。。。
そう、、、

法人化である

法人化すると、法人の社員となった自分自身は会社から給与をもらう立場で
自分自身は給与所得控除が認められて、
法人名で領収書を集めることで、法人の経費として 経費のオマケを使えるのである。

つまり、両方のオマケを使えることになり 個人申告よりも 節税面で お得なのである。






最後に、この記事は法人化を薦めるものではない。
なぜならば、法人化するとデメリットもあるのである。
たとえば、同族企業のボーナスには法人税と個人の所得税が両方かかったり、
給与を年初に定めて期の途中で増額できなかったり、、、
現在は、FX法人のメリットの記事を立て続けに書いている。
そのうちに、デメリットも各時期が来るであろう。
おそひつなので 誤解があるといけないので 一応 法人化すればすべてがいいわけではない
と、一言だけ書いておく。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
最後までごらんいただきありがとうございます。
多くの方に当方ブログを読んでいただきたいので、
おてすうですがクリック御協力お願いします。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
FC2カウンター
先輩FXトレーダー
最近の記事
プロフィール

saru999

Author:saru999
(投資との出会い)
若い頃から投資に興味は持っていました。当時は個別株の本を読んでいました。
そんなときに、外貨預金の発展形としてFXに出会いました。
当時はまだ為替投資が一般に始まったばかりでした。
いろんな人が、他市場の商品相場の手法、株式相場の手法、オプションの手法をFXに持ち込みそれを学びながらトレードしました。

(投資経歴 )
私自身はもいろんなトレードをしました。
シストレ逆張りトレード、裁量トレードやトレンドフォローから始めました。
うねりとり、つなぎうりもしました。
高金利通貨売り等大衆と逆のポジションを取るトレードもしました。
保有期間も日足・中期足・短期足等色々やりました。
さらに、数年前からは自動売買プログラムで資金を運用するようになりました。
MT4/EAを使うようになってトレードの精神的負荷は少なくなりました^^


(現在)
3つの時間軸と手法で運用をしています。
短期はFX。MT4・自作系EA(自動売買プログラム)で為替・金・銀を運用しています。
中期は225オプションです。サヤトリ系トレードを研究しています。
長期は人民元積立投資+つなぎトレードです。
投資を始めて約10年になりますが、投資は奥深く興味が尽きません。
使用プログラム言語はMQL,EXCELVBA,pythonなど。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

有益なリンク集
FXトレード関係
IMMポジション 外為.com
経済指標カレンダーURL
統計資料店頭FX月次速報URL
チャート データ マーケット関係URL
中央銀行 URL国家機関 URL
重要指標の過去チャートURL
債券長中短期URL月10更新
為替レートと2国間金利差の相関チャートURL
トレード用の情報源URL
期間違い相関係数URL 通貨別相関係数URL
過去のスワップ金利URL
トレード英語URL
ポジション売買データURL
OANDAURL
JimRogersBlogURL
建玉数量クリック365 URL


債券・株式・商品
世界の株価URL
債券の利回り比較URL
225出来高日経225
株/外国人投資家の動向URL
日本株外人売買データURL
オプションCDSURL
グロソブウィークリーレポート木曜公表
株・株式優待URL
金建玉URLURL
商品・金銀WTIURL



MT4/MT5/FT2/シストレ系
MT4日本語リファレンスURL
MT4情報BBS等URL
VPSmemoURL
FT2 URL
MT5URL

Windows7 URL
Perl C++ java APIURL
統計解析等URL
4本値データURL
プログラム用英単語URL
WEBラーニングPROGURL
オブジェクト指向/デザインパターンURL


ニュース
動画日経 URL
bloombergURL
nikkeiURL
reutersURL
ラジオTV動画 URL




その他 トレード以外
Google翻訳URL
ThesaurusURL
Skype CommunityURL
かわいい動画URL
みずほ仲値データURL
日米経済調和対話2011.3(年次改革要望書)URL
無料ワクチンMS URL

ブログ関連 挿絵画像URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。