スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期投資 上がるか下がるか 4市場の相関でトレンドを掴む


長期投資のトレンド方向 上がるかさがるかについて

まず、投資はトレード手法にかかわらず、上がるか下がるかがわかったほうがいい。
前回 、1日1時間の勉強で 相場が上がるか 下がるかわかる
という話を書いた。

しかし、長期投資家は 1ヶ月に数時間しか マーケットには時間をかけられない。
そのため、あの方法のままでは 実際に長期投資はできない。

というわけで、、、
何とか、方法を考えた。

まず、1ヶ月に 数時間を 
1週間に1H *4回とする。

で、、、

これでも時間がなさ過ぎるので、、、、

さらに、入手情報を削る。

まず、ファンダメンタルズとテクニカル。
どちらを捨てるかというと、、、
ファンダメンタルズを捨てる。

1週間に1時間しか使えないのに 投資対象を広げるのは自殺行為。
というわけで、
投資対象を絞る。
以前書いたように、アクティブよりもパッシブのほうが運用成績がいいので、
投資はすべて、ETFとする。
例外は、FX(為替)
それは、個別企業の決算書解読の手間だけでなく、倒産リスクを考えてもいいからだ。

で、、、
このように片っ端からすてまくっても、
それでも、情報が多すぎる。

というわけで、上記もいったん
すべて捨てる(爆

これですっきり!

ではない。
あたりまえだ。。

何も残っていないのだらから。。。


さて、必要なものだけ拾う。

まず、為替(FX・外貨預金)
基軸通貨のドル・第二基軸のユーロ ・そして日本人なので自国通貨円。
すなわち、必要なチャートは、 ユーロドルとドル円

で、次は株。。。
世界のマーケットは連動している。
あちこちのマーケットを見る余裕は長期投資家にはないので、
1つだけ、NYダウを見る。

3番目に見るのは債券
米国債10年物を見ればいいだろう。

最後に商品。
原油を見る。

これらの、為替・株・債券・商品の4市場を見る。

で、、、

どうやって、ファンダメンタルズも見ずに、あがるか下がるかを決めるかというと、、、
これら 4市場の相関を見る。
これだけだ。

えっ?
それだけ?

そう、これだけ。
でもこれで十分なのだ。

たとえば、最近の株価の天井はNYダウでは2007年10月14093$である。
その天井シグナルは、、、数ヶ月前に出ている。
そう。米国債債券相場は2007年1月に天井をつけていたからだ。
これは偶然だろうか?
そうではない。
4市場には相関があるのだ。
それゆえ、其の関係とそのタイムラグをかんがえれば 長期投資には使えるわけだ。
振り返ると 同じことが繰り返されている。
1987年10月のNYダウの株暴落の4ヶ月前には米国債が暴落している。

長期投資家は 1日のあげさげをみるのではなく、
長期のトレンドに対して 自分のポジションが同じ方向に向いているかを重視すべきである。

4つのチャートだけ?
そう聴きたい人にはもう少しからくりをかいておこう。

たとえば、現在のマーケットのテーマは金融政策。
世界が利上げから、利下げになる数年単位のトレンド転換。
これが一番重要。

今回、為替・債券・株・商品を見るということは
これらを見ていることにもなるのだ。

そのわけは。。。
金融政策は、景気の良し悪しと物価の上下で決める。
景気は株でわかるし、物価は商品相場でわかる。
というわけだ。


これならば、週1回1時間チャートを見ればOKだろう。


ねんのため、
原則に戻ってもう一度書くと、
投資はトレンドに乗るのが一番大事。
だから、現在のトレンド方向をしっかり掴んでおけばいいわけだ。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
最後までごらんいただきありがとうございます。
多くの方に当方ブログを読んでいただきたいので、
おてすうですがクリック御協力お願いします












追記

(FX 新興国ロングに注意!)
ドルランドはレジスタンスライン突破!
2008年3/17の終値 12.16を下抜け!
今年の春にこのブログでは、いったん夏に上昇した後、再び2008年末~2009年始に 12円割れが起こると予想したが、ランド円が予想通りの動きをした。

ということで、先日書いた トルコエン70円下抜け予想も蓋然性が高まった。
そのための条件、「ドルトルコもネックライン突破!」を現在チャートは試している。
もちろん、トルコエン70円で戻り反発はあるだろうが、
落ちてくるトルコエンロングを掴むのは危険である。

繰り返しになるが、新興国ロングは危険である。
マーケットが落ち着くまで手を出さないほうがいい。

くどいが、リスクコントロールのできる範囲で投資を行ってください。

1人でもけが人が少なくなることを期待して
書いておきました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
FC2カウンター
先輩FXトレーダー
最近の記事
プロフィール

saru999

Author:saru999
(投資との出会い)
若い頃から投資に興味は持っていました。当時は個別株の本を読んでいました。
そんなときに、外貨預金の発展形としてFXに出会いました。
当時はまだ為替投資が一般に始まったばかりでした。
いろんな人が、他市場の商品相場の手法、株式相場の手法、オプションの手法をFXに持ち込みそれを学びながらトレードしました。

(投資経歴 )
私自身はもいろんなトレードをしました。
シストレ逆張りトレード、裁量トレードやトレンドフォローから始めました。
うねりとり、つなぎうりもしました。
高金利通貨売り等大衆と逆のポジションを取るトレードもしました。
保有期間も日足・中期足・短期足等色々やりました。
さらに、数年前からは自動売買プログラムで資金を運用するようになりました。
MT4/EAを使うようになってトレードの精神的負荷は少なくなりました^^


(現在)
3つの時間軸と手法で運用をしています。
短期はFX。MT4・自作系EA(自動売買プログラム)で為替・金・銀を運用しています。
中期は225オプションです。サヤトリ系トレードを研究しています。
長期は人民元積立投資+つなぎトレードです。
投資を始めて約10年になりますが、投資は奥深く興味が尽きません。
使用プログラム言語はMQL,EXCELVBA,pythonなど。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

有益なリンク集
FXトレード関係
IMMポジション 外為.com
経済指標カレンダーURL
統計資料店頭FX月次速報URL
チャート データ マーケット関係URL
中央銀行 URL国家機関 URL
重要指標の過去チャートURL
債券長中短期URL月10更新
為替レートと2国間金利差の相関チャートURL
トレード用の情報源URL
期間違い相関係数URL 通貨別相関係数URL
過去のスワップ金利URL
トレード英語URL
ポジション売買データURL
OANDAURL
JimRogersBlogURL
建玉数量クリック365 URL


債券・株式・商品
世界の株価URL
債券の利回り比較URL
225出来高日経225
株/外国人投資家の動向URL
日本株外人売買データURL
オプションCDSURL
グロソブウィークリーレポート木曜公表
株・株式優待URL
金建玉URLURL
商品・金銀WTIURL



MT4/MT5/FT2/シストレ系
MT4日本語リファレンスURL
MT4情報BBS等URL
VPSmemoURL
FT2 URL
MT5URL

Windows7 URL
Perl C++ java APIURL
統計解析等URL
4本値データURL
プログラム用英単語URL
WEBラーニングPROGURL
オブジェクト指向/デザインパターンURL


ニュース
動画日経 URL
bloombergURL
nikkeiURL
reutersURL
ラジオTV動画 URL




その他 トレード以外
Google翻訳URL
ThesaurusURL
Skype CommunityURL
かわいい動画URL
みずほ仲値データURL
日米経済調和対話2011.3(年次改革要望書)URL
無料ワクチンMS URL

ブログ関連 挿絵画像URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。