FX投信時代は CFD時代の幕開け 

FX投信についてコメントいただいたので 書いて見ます。

コメントで書こうとおもったのですが、長くなるので記事にします。

ひとことでいうと、FX投信時代は CFD時代の幕開けで、
CFD時代は、CFDがFXを飲み込むだけでなく、銀行や証券会社の投資信託すら飲み込んでいく
というのが私の予想(妄想?)です。

(FXの歴史)
FX 1.0
FXは 外貨預金の発展形として、利用者としては金利取りとして広まった。
FX業者としては 高スワップ業者や業者の経営安定度などが売りの時代。

FX 2.0
利用者が FXの高レバレッジをつかい、上げ・下げの為替差益を取りにいった時代。
業者としては 売買手数料無料・低スプレッド。
さらに、これまでとの違いは 手法をEbookとして売買したり、売買シグナルを配信したり、
個人間で、自動売買プログラム(EA)を販売した時代。
たとえていえば、米国のゴールドラッシュで、金を掘るのではなく道具を売る人が出た時代。

FX 3.0
利用者ではなく、資本力のある業者が 
自動売買プログラムを作成する時代。
そのわけは、FX業者が乱立し ”当該FX会社でトレードされるため”の客の抱え込みである。
結果として、利用者は投資信託を選ぶのと同じように、FX投信を手にできる。
さらに、これまでFXは利用者が 自ら技術を習得する必要があったが、
この時代では、それが不要だ。
すなわち、FX業者から見て、 トレード技術のない人でも お客にできるという
時代の転換が、FX投信時代である。


(FX投信は CFD時代の幕開け)

私がCFD の普及に 時間がかかると 見ていた 問題がある。
・CFDでトレードをする人がどれくらいいるだろうか?
・雑所得の累進課税ではなく、金融一体課税の国会での法案成立が必要=数年かかる
の2点である。

現時点では、商品は商品先物、
為替はクリック 365
株は日経225
をしたほうが、これらの問題から
CFDより有利だ。
だから、CFDの普及には時間がかかる というのが自説だった。

そもそも、
FXでは、FX1.0の外貨預金の発展として、参入した人が
FX2.0の世界へ入ったが、
 CFDでは、CFD1.0は存在しない。
どうやって、普及するか。
其の答えが、FX投信時代だった。

いま、各FX業者はCFDへの参入を準備している。
FXが投信化された、今、数年後CFDが投信化されるだろう。
CFDのトレードなんて知らない。やったこともない。
そんな人でも、CFDをする時代になるのかもしれない。

なぜ、当該CFD業者で行うか。
現在の商品先物や日経225の業者ではダメなのかというと、
当該CFD業者でしか、そのCFD投信(自動売買プログラム)は提供されていないからだ。

すなわち、現在のFX投信時代は 来るべきCFD投信時代への幕開け と 予想している。

(CFDが FXや、銀行の投資信託を飲み込む)
今後、税制面での立法が必要だが、
10年ぐらい経って、現在を振り返ると、大きな転換点だと考える。
為替・株・商品・債券すべてができる CFDは、
為替しかできないFXを 飲み込んでいくだろう。
FXは、CFDの一分野に成り下がるのだ。

さらにいえば、
銀行や証券会社が 現在売っている投資信託も同様である。
現在の投資信託を作るには 多くの人と時間・コストがかかる。
しかし、来るべきCFD時代には プログラムハウスに声をかけて、
成功報酬型で、請負契約をすれば、星の数ほどのCFD投信ができるだろう。
コストが安く、多数から選べる CFD投信が 銀行の投資信託を飲み込んでいくことも
予想する。


最後に、
一見、トレードと投信が異なるようだが、
実は同じ面もある。
リスクは利用者が負う点である。

今回のサブプライムでも、同じだった。
株の投信を買った人は損をしたし、債券の投信を買った人は(利下げで債券価格が上がり)儲かったはずだ。
 
これは、FX投信でも、CFD投信でも同じこと。

私も一利用者として、 今後学ばなければいけないことは 数多くある。








にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
最後までごらんいただきありがとうございます。
多くの方に当方ブログを読んでいただきたいので、
おてすうですがクリック御協力お願いします


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

秘密コメントのTさんへ

コメントに気がつかず、返信が遅くなってすみません。

貴方にメールさせていただきました。

御確認できないときは、お手数ですが、
コメントいただければ幸いです。

fxの歴史

FXの歴史を書くときに、ブログを見ました。今後ともよろしくお願いします。

コメントありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最近のコメント
FC2カウンター
先輩FXトレーダー
最近の記事
プロフィール

saru999

Author:saru999
(投資との出会い)
若い頃から投資に興味は持っていました。当時は個別株の本を読んでいました。
そんなときに、外貨預金の発展形としてFXに出会いました。
当時はまだ為替投資が一般に始まったばかりでした。
いろんな人が、他市場の商品相場の手法、株式相場の手法、オプションの手法をFXに持ち込みそれを学びながらトレードしました。

(投資経歴 )
私自身はもいろんなトレードをしました。
シストレ逆張りトレード、裁量トレードやトレンドフォローから始めました。
うねりとり、つなぎうりもしました。
高金利通貨売り等大衆と逆のポジションを取るトレードもしました。
保有期間も日足・中期足・短期足等色々やりました。
さらに、数年前からは自動売買プログラムで資金を運用するようになりました。
MT4/EAを使うようになってトレードの精神的負荷は少なくなりました^^


(現在)
3つの時間軸と手法で運用をしています。
短期はFX。MT4・自作系EA(自動売買プログラム)で為替・金・銀を運用しています。
中期は225オプションです。サヤトリ系トレードを研究しています。
長期は人民元積立投資+つなぎトレードです。
投資を始めて約10年になりますが、投資は奥深く興味が尽きません。
使用プログラム言語はMQL,EXCELVBA,pythonなど。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

有益なリンク集
FXトレード関係
IMMポジション 外為.com
経済指標カレンダーURL
統計資料店頭FX月次速報URL
チャート データ マーケット関係URL
中央銀行 URL国家機関 URL
重要指標の過去チャートURL
債券長中短期URL月10更新
為替レートと2国間金利差の相関チャートURL
トレード用の情報源URL
期間違い相関係数URL 通貨別相関係数URL
過去のスワップ金利URL
トレード英語URL
ポジション売買データURL
OANDAURL
JimRogersBlogURL
建玉数量クリック365 URL


債券・株式・商品
世界の株価URL
債券の利回り比較URL
225出来高日経225
株/外国人投資家の動向URL
日本株外人売買データURL
オプションCDSURL
グロソブウィークリーレポート木曜公表
株・株式優待URL
金建玉URLURL
商品・金銀WTIURL



MT4/MT5/FT2/シストレ系
MT4日本語リファレンスURL
MT4情報BBS等URL
VPSmemoURL
FT2 URL
MT5URL

Windows7 URL
Perl C++ java APIURL
統計解析等URL
4本値データURL
プログラム用英単語URL
WEBラーニングPROGURL
オブジェクト指向/デザインパターンURL


ニュース
動画日経 URL
bloombergURL
nikkeiURL
reutersURL
ラジオTV動画 URL




その他 トレード以外
Google翻訳URL
ThesaurusURL
Skype CommunityURL
かわいい動画URL
みずほ仲値データURL
日米経済調和対話2011.3(年次改革要望書)URL
無料ワクチンMS URL

ブログ関連 挿絵画像URL