100円玉は丸いのか?~トラリピと含み損(2)


(結論を読みたい読者と、結論を書きたい私。 しかし、、、)
前回、トラリピは
王道 idea1 レバレッジ1のほかに、以下のアイデアを書きました。
idea2 ・トラリピの利益でプットオプションを買う方法
idea3 ・FXで売りポジションでポートフォリオをつくる方法。
そして 
idea4 レンジを下方シフトする方法
の途中ですでしたので、今回はidea4の続きを書きます。




実はこのブログは
[idea4は AのときにBします] 
と書いてブログにアップしようとしました。
読者もこのマニュアルのような明確な結論を求めているでしょうし、
私も結論がわかっているならば早く書いた方が連載が完了してうれしい。
という気持ちがありました。

しかし、、、
あえて、回り道をしてなぜ idea4は [AのときにBするのか] そのマニュアルの出来る過程を書いたのちに
同マニュアルを残そうと思います。

そのわけは [AならばBをする]と書くと、ほとんどの読者はその理由が変わらず
A'がおきたときにどうすればいいかわからないからです
もちろん、そのときはBではなく B'をすべきなのです
単にマニュアルしか知らない人はB'ということが思いつきませんが、
なぜAならばBなのか その”理由”を知っている人はB'ということがわかります。
マニュアルは 完成したものよりもなぜそのマニュアルが出来たのか、その点を知ることでより価値を持つようになるわけです。

今はもったいぶってマニュアル公開を遅らせているかのように感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、
遅筆の私があえて遠回りした意味がこの連載が終わったときに この文章を読み返してもらったときにわかるかもしれません。
読者とは長いつきあいになりそうですが、よろしくお願いします。



(順序)
まず、書いていく順を簡単に説明します。
ご質問のあったAUDJPYのチャートを使います。
・トラリピ派でこのチャートをするとしたらどうなるかを書きます。
・次に別のやり方・あるトレード派で同チャートを見るということをします。
・そして、トラリピ派の弱点たる下落時に「別のやり方・あるトレード派」の長所と使って、idea4のマニュアル完成となります。





(トラリピ派)
今回はトラリピ派でAUDJPYのチャートを見ています。
今年2010年になってのAUDJPYはトラリピ派にとって稼ぎやすい通貨でした。
2010073001

レンジでいうと 75円ー85円を行ったり来たりしていました。
こういうチャートは上値と下値が予想しやすく 押し目をそこそこ買えば 
一時的には含み損でもそのうちに利益確定できました。
多くのトラリピ派はこのレンジで仕掛けたわけです。
エントリーは80円前半から70円後半でしょうか。
利幅は各人異なるものの数十PIPS~100PIPS。
利幅が広い人でも200PIPS・300PIPS程度でしょうかね。







しかし、
稼ぎやすいレンジは永遠には続きませんでした。
5/6の大陰線でAUDJPYの値動きは変わります。
5/20の2段落ち。
その後、反発上昇はするものの戻りの高値は80.84円です。
下値は模索中という感じですが、5/20の71円ぐらいですかね。


2010073002

よって、
AUDJPYの新レンジは71円ー81円です。
ここでトラリピ派のポジションをみてみると、
エントリーが80円前半から70円後半ですから、保有ポジションは含み損を抱えているか
よくてプラスマイナスゼロかということになります。












(100円玉は丸いのか)
トラリピ派はどこでどうすればよかったのでしょうか?
そもそも、このような下落チャートになったときにトラリピ派は 事前にどんな準備をすべきなのでしょうか?

今回のようなゆったりした下落ならまだしも、
もっと激しい暴落が起きたときはどうすればいいんのでしょうか?
それが idea4のレンジを下方シフトする方法 です。

まず、レンジを下抜けるとは どこでどう判断するのか?
かりに、それがわかってもすでに含み損のポジションを持っていたらどうするのか?
ポジションを減らすとしたら、数あるもののなかからどれをえらぶのか?

様々なことをあらかじめ決めておかないと、いざそのときは行動できないのものです。


ではどうしますか???

同じ手法のトラリピ派がたくさん集まっても同じ結論しか出ません。
そこで、全く異なる手法のトレード派が同じチャートを見てどんなことを考えているか。
それを解説します。

もちろん、トラリピ派にトレード派の技術を習得する必要はありません。
しかし、自分とは異なるものをみたときにはじめて気がつくこともあるわけです。


たとえていうならば、100円玉を持っている人が多数います。
質問者が
「100円玉は丸いですか?」
と聞いたときにその群衆のほとんどは
100円玉は丸いです」
と答えるでしょうね。
しかし、後からきた外部の人が言うんです。
「自動販売でジュース買ったら、100円玉の投入口は四角かったよ!」
と。
そうなんです。
同じ、100円玉も見方によっては「100円玉が四角くみえるのです!」






特定の値段を繰り返すレンジを得意とするトラリピ派
安くなりすぎれば戻って上がり、高くなりすぎれば下がってくるというのがトラリピ派です



真逆の思考がトレンドフォロー型・トレード派。
そのロジックは 
上がり始めたら天まで上昇し・
下がり始めたら地獄まで落ちる
というものです。



100円玉が四角いというのはわかりにくいかもしれませんが、次回はそのトレード派がみた同AUDJPYチャートを解説します。

繰り返しになりますが、トラリピ派がトレード派の技術をみるなかで idea4レンジを下方シフトする方法 につかえそうなものがあるか。
それに注意してみてください。



つづく)
次の次の記事につづきます。






ランキングに参加しています。
できましたら、クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
にほんブログ村

コメント

No title

大阪、遠いでしょうか?
オフ会するのでもしよろしければご参加ください

No title

やはり、皆さんは答えを楽しみにするでしょうね。

ふうさんへ

> 大阪、遠いでしょうか?
お誘いいただき、ありがとうございます。
残念ですが、今回は地理的に難しそうです。
またの機会によろしくお願いします。

masaruさんへ 

> やはり、皆さんは答えを楽しみにするでしょうね。
私も同じ気持ちです。
でも、寄り道したから見えるものもあるかもしれません。

No title

こんばんは。
100円玉は丸いのか?って聞かれたら、「もちろん」って答えてしまいます。
多面的に見れる思考が必要なんですね。
記事の続きが楽しみです。

No title

損切りするが、上昇トレンドが出来てから買いなおす。 …そして、損切りした以上のレートまで上がるまで利確はしない… 位しか思いつきませんね。

上がり始めたら天まで上昇するのを期待するのがトレンドフォローなら、上昇が延々と続く事を期待して持ち続けられるので… 他は思いつきません。

まさかドテン売りや、損切り無しで2倍売りを勧めるとはお思えませんし…

なので続き記事、凄く楽しみです♪

No title

おはようございます。
続きが楽しみですね^^
昨日もここを見て考え込んでしまいました。

ヤンシーさんへ

> 多面的に見れる思考が必要なんですね。
そうですね。
自分が「丸い」と思い始めるとなかなか「四角」ことにきずかないんですよね。

ねむゴンさんへ

> なので続き記事、凄く楽しみです♪
私のidea4レンジを下方シフトする方法は 簡単で「下落」とれんどになったら、ポジションを「減らす」だけです。

しかし、なにをもって、「下落」と判断するのか。
「減らす」にしても何を基準にその行動を開始するのか。
複数ある保有ポジションのどれを選ぶのか。。。
その細かいことを丁寧に解説していきます。
最終的には私のマニュアルでなく、私のマニュアルの作る過程を見せて、
読者が 私のマニュアルを超えた、読者それぞれのマニュアルをできるようになったらいいなぁ。
とおもっているので、あえて連載が長くなっても「私がどのようにしてそのマニュアルを作っていったか」をお見せするというわけです。

釣った魚をもらった人はそれまでですが、
釣り方を学んだ人は一生魚が釣り続けられますからね。

仙さんへ

> 続きが楽しみですね^^
ありがとうございます。
遅筆なので気長におつきあいくださいね。

No title

結局、先に損切りして下に作ってスライドすることになるのでは?

以前記事書きましたがトラリピは想定外の急落に備えてポジション数を制限するのが有効だと思います。

トラップが機能する指値、利確指値が現在のレートおよび今後想定される付近にあることが最大効率です。

戻るか戻らないかの運もありますが、直近に絶対にトラップの決まりそうの無い大きな含み損のトラップを放置したまま、安易にトラップを伸ばすのはリスクと考えます。

masaruさんへ

> トラップが機能する指値、利確指値が現在のレートおよび今後想定される付近にあることが最大効率です。
ほかの方へも書いたのですが、結論は簡単なのですが、理論でなく”実践”で できるようにするためには
各人がマニュアルという明確な基準を作ることが必要になります。
きっと私のマニュアルを 作る過程を見せることで 各人が私を超えるそれぞれのまにゅあるができるのと考えています。
よって、寄り道をしながらも丁寧に説明するわけです。

いきなり、「100円玉は四角いです。よってAならばB!」とかいたのでは 理屈はわかっても読者の誰も実践できませんから。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最近のコメント
FC2カウンター
先輩FXトレーダー
最近の記事
プロフィール

saru999

Author:saru999
(投資との出会い)
若い頃から投資に興味は持っていました。当時は個別株の本を読んでいました。
そんなときに、外貨預金の発展形としてFXに出会いました。
当時はまだ為替投資が一般に始まったばかりでした。
いろんな人が、他市場の商品相場の手法、株式相場の手法、オプションの手法をFXに持ち込みそれを学びながらトレードしました。

(投資経歴 )
私自身はもいろんなトレードをしました。
シストレ逆張りトレード、裁量トレードやトレンドフォローから始めました。
うねりとり、つなぎうりもしました。
高金利通貨売り等大衆と逆のポジションを取るトレードもしました。
保有期間も日足・中期足・短期足等色々やりました。
さらに、数年前からは自動売買プログラムで資金を運用するようになりました。
MT4/EAを使うようになってトレードの精神的負荷は少なくなりました^^


(現在)
3つの時間軸と手法で運用をしています。
短期はFX。MT4・自作系EA(自動売買プログラム)で為替・金・銀を運用しています。
中期は225オプションです。サヤトリ系トレードを研究しています。
長期は人民元積立投資+つなぎトレードです。
投資を始めて約10年になりますが、投資は奥深く興味が尽きません。
使用プログラム言語はMQL,EXCELVBA,pythonなど。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

有益なリンク集
FXトレード関係
IMMポジション 外為.com
経済指標カレンダーURL
統計資料店頭FX月次速報URL
チャート データ マーケット関係URL
中央銀行 URL国家機関 URL
重要指標の過去チャートURL
債券長中短期URL月10更新
為替レートと2国間金利差の相関チャートURL
トレード用の情報源URL
期間違い相関係数URL 通貨別相関係数URL
過去のスワップ金利URL
トレード英語URL
ポジション売買データURL
OANDAURL
JimRogersBlogURL
建玉数量クリック365 URL


債券・株式・商品
世界の株価URL
債券の利回り比較URL
225出来高日経225
株/外国人投資家の動向URL
日本株外人売買データURL
オプションCDSURL
グロソブウィークリーレポート木曜公表
株・株式優待URL
金建玉URLURL
商品・金銀WTIURL



MT4/MT5/FT2/シストレ系
MT4日本語リファレンスURL
MT4情報BBS等URL
VPSmemoURL
FT2 URL
MT5URL

Windows7 URL
Perl C++ java APIURL
統計解析等URL
4本値データURL
プログラム用英単語URL
WEBラーニングPROGURL
オブジェクト指向/デザインパターンURL


ニュース
動画日経 URL
bloombergURL
nikkeiURL
reutersURL
ラジオTV動画 URL




その他 トレード以外
Google翻訳URL
ThesaurusURL
Skype CommunityURL
かわいい動画URL
みずほ仲値データURL
日米経済調和対話2011.3(年次改革要望書)URL
無料ワクチンMS URL

ブログ関連 挿絵画像URL