売りのテクニック 林輝太郎著 同友館」

8月の円高相場)
今回の円高相場は大きな波だった。

あいにく、私は完全な敗北だった。
スワップ口座ではリスク管理の未熟さゆえ痛手を負い、
トレード口座では利を伸ばすは全くできなかった。
全くのダメトレーダーである。

振り返ってみると、その理由は普段の準備不足によるものだ。
年数回の円高はFXをやるものにとって行事のようなもので、
「いざそのとき」のために自分はどのようなことをするかシュミレーションが足りなかった。
だから、今回迅速に相場に対応できなかったのだ。

そこで、新しいものを取り入れるのではなく、自分の技法をより使いこなすために初心に帰り勉強しなおした

い。
_____________________________________________________
____________________________________________________

(「売りのテクニック」を読み返して)
今回読んでいる本は、「売りのテクニック 林輝太郎著 同友館」を読み返している。

気になった文を列記したい。
「相場とは売ることを見つけたり」p94
「売りは 手仕舞い売り カラ売り つなぎ売り がある」
売りは「人気に逆らう」相場師のこと P211
「人気ははかないものである」 P78

(感想)
当方、この3つの使い分けすらできていない状態。
全くの勉強不足である。
_____________________________________________

・売りの実技
「大天井一点(一値)で売ることは不可能」
「天井付近の逆張り」
「天井直後の順張り」P102
「値動きが荒いのだからゾーン売りの値幅は大きくとらないといけない」
「大きく張らないほうが得策」
「資金いっぱいに売買するほうが効率がいいと考えは相場の下手な人ほど強い」

(感想)
為替の場合は逆張りの売りは危険である。
2番天井・3番天井をつけてから(多少不利になったも)ヒゲ先にストップをつけて、損失予算を計算しなが

らやりたい。
「大きく張らないと」というのは私の悪いクセ。これを直さないと。。。
玉の動かし方も大事だが、結局資金管理の重要性なのだろう。

________________________________________________

・売る天井の見分け方
「急騰・急落したチャートをたくさん描いてもっているといい」
「値幅とか何段とか意外に似ている」P124

(感想)
3月の暴落からやろうやろうと思いつつ自分に甘く準備をせずに今回の夏の暴落になってしまった。
とりあえず、できることからやりたい。

______________________________________________________

・期節周期・アノマリー
「暴落には周期性がある。」
・数カ月おき
・年末年始効果
…P129

(感想)
確かに今月は円高が多いとかそういうアノマリーはよく読むが
暴落の周期性は考えたことがなかった。
暴落は「円売り・ドル売り」というポジションが一方に偏りすぎて起こるわけなので、
その時間的な周期があるのかもしれない。
調べてみたい

___________________________________________________________

・同じ値の高値・安値を繰り返す通貨は ツナギ売りで コストダウンできる
「山種は東京海上の大株主であった20年間にツナギ売りをおそらく何十回も行い、そのツナギの利益で現物

のコスト(買値)を下げていった」
「東京海上は20年間高値約1000円、安値約300円をいったりきたりした」
「たとえば、500円になったら分割で売りあがり、天井を越して下げ相場になっも売る」
「もういいだろうというところで少しずつてじまっていく」
「安値になったら売らずに空白期間をおく」
「つなぎ売りは一度でもコストをゼロにする経験をすると1人前になります」P140

(感想)
同じ高値安値といえばドル円などはやりやすいのかも。
私自身はいまドル円はトレードしていないし、新たな口座を作る予定はない。
しかし、来年夏にクリック365が両建てが可能になるのでそうなったら試してみたい
ちなみにランド円も同様の高値・安値を繰り返す意味で同様なのかもしれない。
しかし、新興国のリスクなどを考えると難しそうだ。
他のポンド円やユーロ円は右肩上がりで難しい。
ポンドスイス、ユーロスイス、ドルカナダ オージーキウイ いろいろ候補があるもののスワップを考えると

ドル円がベターかもしれない。
___________________________________________________
「バブルの大天井は1989年12月である」
「しかし、先駆株としての金融株は約2年8ヶ月前に天井をつけていた」P200

(感想)
非常に面白く読んだ。株をしたことがない私だが、先行指標となる株があるようだ。
今回の円高暴落でも、ポンド円やユーロ円と、豪ドル円には数時間のタイムラグがあったようだ。
ファンダ的に好調な豪ドルのほうが売られにくかったということか。
しかし、その数日後の暴落では今度は豪ドルのほうが乖離率等では行き過ぎたように感じる。
もう少し調べてみたい。

______________________________________________________

「投資家の失敗は例外なく次の筋道を辿ります」
「始めは 非常に慎重な売買を行う」
「確実な利益を積み重ねる」
「あるとしには好成績をあげる」
「が、次第に慎重さを失っていき、最後に
今までの元本も成果も失う」

(感想)
まるで私のことのようだ(大汗。。。
FXを始めた頃は1000通貨で、利益1000円というトレードをしていた。
あの頃に戻って勉強しなおしたい。
みんなが儲かっている相場が暴落の直前なんだ!
当たり前のことを肝に銘じたい。

_______________________________
いろいろな種類のトレードをすると上達が遅れる
休みが入れにくい。

(感想)
新たなトレード手法に手を出さずに今の手法をもっと昇華したい

_______________________________________



同じ本を読んでも前回読んだときと今回読んだときでは理解する内容に違いが出る。
今回はFXの通貨にすると・・・というイメージをもって読めた点が前回読んだ時との大きな違いだ。
とりあえず、これらのアイデアをそれぞれの通貨のチャートで確認することからはじめたい。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
FC2カウンター
先輩FXトレーダー
最近の記事
プロフィール

saru999

Author:saru999
(投資との出会い)
若い頃から投資に興味は持っていました。当時は個別株の本を読んでいました。
そんなときに、外貨預金の発展形としてFXに出会いました。
当時はまだ為替投資が一般に始まったばかりでした。
いろんな人が、他市場の商品相場の手法、株式相場の手法、オプションの手法をFXに持ち込みそれを学びながらトレードしました。

(投資経歴 )
私自身はもいろんなトレードをしました。
シストレ逆張りトレード、裁量トレードやトレンドフォローから始めました。
うねりとり、つなぎうりもしました。
高金利通貨売り等大衆と逆のポジションを取るトレードもしました。
保有期間も日足・中期足・短期足等色々やりました。
さらに、数年前からは自動売買プログラムで資金を運用するようになりました。
MT4/EAを使うようになってトレードの精神的負荷は少なくなりました^^


(現在)
3つの時間軸と手法で運用をしています。
短期はFX。MT4・自作系EA(自動売買プログラム)で為替・金・銀を運用しています。
中期は225オプションです。サヤトリ系トレードを研究しています。
長期は人民元積立投資+つなぎトレードです。
投資を始めて約10年になりますが、投資は奥深く興味が尽きません。
使用プログラム言語はMQL,EXCELVBA,pythonなど。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

有益なリンク集
FXトレード関係
IMMポジション 外為.com
経済指標カレンダーURL
統計資料店頭FX月次速報URL
チャート データ マーケット関係URL
中央銀行 URL国家機関 URL
重要指標の過去チャートURL
債券長中短期URL月10更新
為替レートと2国間金利差の相関チャートURL
トレード用の情報源URL
期間違い相関係数URL 通貨別相関係数URL
過去のスワップ金利URL
トレード英語URL
ポジション売買データURL
OANDAURL
JimRogersBlogURL
建玉数量クリック365 URL


債券・株式・商品
世界の株価URL
債券の利回り比較URL
225出来高日経225
株/外国人投資家の動向URL
日本株外人売買データURL
オプションCDSURL
グロソブウィークリーレポート木曜公表
株・株式優待URL
金建玉URLURL
商品・金銀WTIURL



MT4/MT5/FT2/シストレ系
MT4日本語リファレンスURL
MT4情報BBS等URL
VPSmemoURL
FT2 URL
MT5URL

Windows7 URL
Perl C++ java APIURL
統計解析等URL
4本値データURL
プログラム用英単語URL
WEBラーニングPROGURL
オブジェクト指向/デザインパターンURL


ニュース
動画日経 URL
bloombergURL
nikkeiURL
reutersURL
ラジオTV動画 URL




その他 トレード以外
Google翻訳URL
ThesaurusURL
Skype CommunityURL
かわいい動画URL
みずほ仲値データURL
日米経済調和対話2011.3(年次改革要望書)URL
無料ワクチンMS URL

ブログ関連 挿絵画像URL